こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

関ヶ原

関ヶ原
©2017「関ヶ原」製作委員会
8月26日(土)より全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2017/08/26
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝=アスミック・エース
日本の未来を決した、わずか6時間の戦い。
誰もが知る「関ヶ原」の誰も知らない真実―

構想25年!日本映画史上、初めて「関ヶ原の戦い」がスクリーンに!
史上最大のスペクタクル・アクション、遂に登場!!

<STORY>
関ヶ原の戦い――それは、戦乱の世に終止符を打ち、後の日本のありようを決定づけた。
秀吉亡き後、豊臣家への忠義から立ちあがる石田三成(岡田准一)と、
天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司)。両雄はいかにして世紀の合戦に向かうのか?
そして、命を懸けて三成を守る忍び・初芽(有村架純)との、密やかな“愛”の行方は・・・・・。
権謀渦巻く中、“純粋すぎる武将”三成を中心に、忠誠を誓う島左近、両軍の間で揺れる小早川秀秋など武将たち、彼らを取り巻く女たちの“未来に向けた”戦いが、今、幕を開ける!!

<関ヶ原の戦いとは?>
1600年9月15日、関ヶ原が主戦場となった合戦。
「官僚派」の代表格・石田三成と「武断派」の武将たちは、豊臣秀吉が命じた「朝鮮出兵」をきっかけに対立を深めていった。やがて名だたる大名が、三成率いる「西軍」と、家康率いる「東軍」に分かれ、関ヶ原で激突。
まさに日本を二分し、今なお“天下分け目の関ヶ原”と語られる、歴史の節目の戦いとなった。
>> 続きを読む

    出演:岡田准一 有村架純 平岳大 東出昌大/役所広司  監督・脚本:原田眞人   原作:司馬遼太郎「関ケ原」(新潮文庫刊) 製作:「関ヶ原」製作委員会 配給:東宝=アスミック・エース  8月26日(土) 全国ロードショー

    関ヶ原 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 4.0

      有村架純の伊賀忍者かっこかわいい(*´Д`)ハァハァ
      だけど、
      いなくても物語成り立っちゃうよ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
      って感じ。
      映画自体は面白かった。

      2017/10/08 by nvtomo2010

      「関ヶ原」のレビュー

    • 3.0

      ずっと気になっていたけど、公開され約1ヶ月、ようやく鑑賞。

      ストーリーは石田三成(佐吉)と秀吉の出会いから始まり、
      豊臣家の内部分裂、尾張VS近江、武断派VS文知派を描きつつ、
      駆け足で秀吉の死まで。
      そして、家康との探り合いから、関ヶ原の合戦に至るまでの下交渉。

      司馬遼太郎の原作は読んだことないが、これまでに読んだ本などに
      描かれている内容とさほど違いもなく。割と史実通りなのだろうか。

      日本を東西に分けた戦、登場人物が多く、キャストが誰が誰だか。
      家康を演じる役所広司はさすがの狸っぷり。
      三成の岡田くん、かっこよすぎ、でも融通の利かない、よくいえば義理堅い、
      悪く言えば馬鹿真面目をうまく演じていた。
      左近ももかっこよすぎ、昨年は勝頼公だったのに。
      秀秋の苦悩っぷり、ちょっとイメージと違ったけど、これもよかった。
      兼続はイメージと違ったなぁ~、景勝はどこにいたかわからなかった(笑)
      吉継や長政、清正、正則もそれとなく上手に描かれていたが、
      俳優さんが分からなかった(笑)
      島津の退き口はちょっとあれ?という感じ。残念。

      また、後半ほとんどの時間を割いた、合戦シーンはさすがの一言。
      壮大でかつ、当時の戦を忠実に再現していたのでは。


      だが、いつもこの時代の話を読んだり見たりすると、感じるのは
      「義」ってなんだろう、ということ。

      正義?不義?義理?
      自分にとっての正義は世の中の正義なのか?
      義に厚いといわれる、三成、兼続、吉継はどうなった?
      勝ったのは誰?

      考えさせられるが、答えは見つからない。
      >> 続きを読む

      2017/09/24 by あさやん

      「関ヶ原」のレビュー

    • 2.0

      『関ヶ原』のあらすじを見ているようで、期待したほど面白くなかった。セリフも聞き取りにくかった。

      2017/09/16 by onero3396

      「関ヶ原」のレビュー

    • 4.0

       自分が正しいと思うことでも、人に伝えて共感してもらえなければ人を動かすことができない。

       石田三成は秀吉から受けた恩から義を貫こうとしたけど、人を動かすことができなかった。
       
       徳川家康は戦乱の世、ついに自分の番が回ってきたと天下を豊臣から奪うために、人を動かすことができた。

       この時代、正義とか不義とか、そういうことに重きを置く武将はまれだったのではないかと、時代劇を見ていると思う。
       武士道って江戸時代以降だと思う。
       武勲をあげる、名をあげる。
       そういうことのほうが大事と考えられていたならば、時代の流れに乗ったほうが勝つ。

       石田三成は政治の手腕には長けていたが、戦の手腕には欠けていたと思う。
       劇中で家康が言うように「天下は戦の末に勝ち取らなくてはいけない」とある。
       その戦の相手役を三成に仕立て上げたのは、家康の手腕だったというべきか。


       石田三成に焦点があたり、豊臣家の天下を維持するために、豊臣を裏切った徳川を不義と断ずる真っすぐな武将の話。
       しかし、早口で聞き取りづらくて、話の流れが分からないところが多々あった。
       関ヶ原の結果は日本人全員が知ってるから、いいっちゃいいんだけど。
      >> 続きを読む

      2017/09/01 by ホースケ

      「関ヶ原」のレビュー

    • 3.0

      岡田くんの映画が好きで鑑賞。
      若干早口でしっかりと聞き取れなかった部分があったのが残念。
      それぞれに苦悩の末に戦ったのだとわかり、自分ならと考えさせられました。
      後半にいくほど凄みが増した岡田くん、素敵でした。

      2017/08/29 by mitomomi

      「関ヶ原」のレビュー

    もっとみる

    関ヶ原
    セキガハラ

    映画 「関ヶ原」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画