こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

KNIVES OUT
ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密
Motion Picture Artwork © 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
2020年1月31日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
1クリック登録
公開: 2020/01/31
製作国: アメリカ
配給: ロングライド
殺したのは誰だ!? この《騙し合い》に世界が熱狂!

    ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全15件
    • 5.0

      アガサ・クリスティーのポワロシリーズを彷彿とさせる。先のレビューによると、別の方のオリジナルだが、アガサへ捧ぐ作品だそう。納得。物語中盤で、事の顛末がほぼ明らかになるので、何を楽しみに最後まで見れば良いやら・・・と思っていたが、そういう形でこれらの伏線が回収されていくのね!という新鮮な驚きが待ち構えていた。探偵からカブレラへのメッセージが説得力があり、そして情熱的でとても良かった。こういうミステリーを見ると、どっぷりクライム映画を観たくなる。また引きこもり映画週間が始まりそうだ。

      2021/03/30 by Mimi

      「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」のレビュー

    • 3.0

      現代版刑事コロンボかな!?と思って見ていたら一転、真犯人はこいつだったか!という展開。でも、そうかもなとは思って観てたwww

      2021/01/24 by HAGANELLIC

      「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」のレビュー

    • 3.0

      面白かったようなそうでもなかったような。キャストは結構豪華

      2020/10/12 by rekomoko

      「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」のレビュー

    • 4.0 笑える

      アクションシーンがあるわけでもなく、残虐なシーンもなく、ただただ静かに淡々と物語が進んでいくだけの映画なんですが、最後の30分?は釘付け状態になりました。
      ダニエル・クレイグがアクションで汚れていないのは珍しい?(笑
      むしろアクションないだけに、ちょっとポッチャリ??・・・みたいな。
      騙し合いが、非常に面白かったです。

      2020/09/05 by mika

      「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」のレビュー

    • 5.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      がっつりネタバレしてますのでご注意ください。

      スタンダードなミステリ小説を彷彿とさせる舞台と人間関係と展開がたっぷりで、来た来た遺言状だーキャッホー!みたいなノリで見ていました。割と古典的でシンプルな作品なのかなと思ったけど、見ているこちらの感情が途中から少し方向が変わって、犯人をつきとめたい、つきとめて欲しいというよりも、最有力容疑者を応援したくなるというか、他家族の描写がしっかりされているために応援しない理由が特に見当たらないというか、応援する対象を迷う造りが巧妙だなあと感じました。あまりにも上手く隠蔽されると糾弾したい気持ちに傾くし、でも本人の動作や経緯やらで憎み切れない上に更に奥がありそうだしで、いちいちのセリフや表情、のきなみ登場人物を疑いながら見るの楽しいなあー!嘘がつけない人が1人いるってだけでも面白いし。

      探偵役のダニエル・クレイグさんすごく良かった。なんかこう、いまいちポンコツ感があって愛嬌がありました。感情は信じない的な、物理を信じるんだみたいな(セリフをうろ覚え)なんかそんな感じの立派な主張をしてたけど、割と証拠を見ていないような、ご本人が感情で動いていそうというか、スゴイ探偵さんなのか……、スゴイのかこの人……? いやスゴイところもあったけど、よそ見しながらブラブラ歩いてノリノリしてたりとポンコツ感がそこはかとなく漂っていて、それがダニエル・クレイグってだけで面白かった。黙って座っているだけで凄腕感ただよってるせいで余計に楽しかった。アナ・デ・アルマスさんと並んで素晴らしい配役だと感じました。

      こういうミステリでありがちな無能そうな警察も、見終わると最初からマトモなこと言ってたんだなあと思えて好印象でした。つまり探偵さんはあの時まで検死結果を確認せずに調査をしていたってことでいいのか…? 葬儀が終わってるなら検死も終わってるような気もするけど、掘り起こして検死しなおしたんじゃなければ調査中ずっと検死結果を知らずにいたってことにならない…? 検死しても血液中の高濃度薬物の有無はわからないものなのか? いやでも何の薬物をどれくらい投与したかの確認は事情聴取でとってたような……。検死じゃくて検視だけして、検死しなおして血液を調べたのかな。まだ1回しか見ていませんが、見直したら探偵の印象も少し変わりそうです。こういうのつらつら考えるのが楽しいわけだしな! 素でポンコツだったらめちゃくちゃ好きだけど!!

      屋敷にある小道具も、被害者の小説をモチーフにしてそうだったりひとつひとつに家族の過去がありそうだったりで、画面が全体的に眼福でした。単純に屋敷の内装だけを目的に見直しても楽しそうです。見取り図ほしい。小説家や芸術家や建築家は一風変わった構造や内装の家に住んでいてもおかしくなさそうなので、ミステリーの舞台としてはとても魅力的に感じます。日本語のサブタイトルはダサイなと思いましたが。次は建築家の屋敷とかどうすか。円形の家がぐるぐる回るのは好みではないので、それ以外でひとつよろしくどうか、どうかひとつ。

      伏線がしっかりしていて整合性の配慮も見られる良いミステリでした。あの男性がいつ家政婦に薬を投与したのかはよくわかんなかったけど。
      >> 続きを読む

      2020/08/09 by yaki-soba

      「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」のレビュー

    もっとみる

    ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密
    ナイブズアウトメイタンテイトヤイバノヤカタノヒミツ

    映画 「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック