こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男

FREE STATE OF JONES
公開: 2017/02/04
製作国: アメリカ
配給: キノフィルムズ/木下グループ

    ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      リンカーンの奴隷解放宣言よりも前に、黒人と白人の平等を唱えた実在の男ニュートン・ナイト。
      しかし一市民の立場でありながら白人が黒人の味方をするというのは、この時代には考えられないこと。

      結構な骨太なドラマだとは思うが、歴史の重みというよりはそういう人物がいたという勉強をしたような中身。
      演じるマシュー・マコノヒーは熱演しているがあまり印象には残らない。

      むしろオスカーを獲ったばかりのマハーシャラ・アリがやたらと目につく。
      黒人の立場を向上させようと選挙に走る姿。
      同時に白人からの恨みを買っていく様がなんとも切ない。
      >> 続きを読む

      2017/03/11 by オーウェン

      「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」のレビュー

    • 3.0

      最近人権活動家の伝記的作品が続いてる気がする.苛烈陰鬱なお話大好物なので問題はないが,現在チベットにて深刻な人権侵害を行っているシナウッドが製作に関わってるのは何かの冗談かしら.メリル・ストリープもトランプ大統領を避難されるのも結構だが,シナ畜に対して発言しても罰は当たらないと思いますよ.
      おっと話が逸脱しちゃった.南北戦争にて南軍に参加したニュートンさん.大金持ちの為になんで俺らが生死かけにゃならんのと憤慨して脱走,追手を回避するために沼地で脱走奴隷と奇妙なコミュニティを形成する.そうコミュニティなの.ニュートンさんが劇中しばしば演説してる内容はまさにコミュニストのそれと合致.「おぉ!シナ畜」とちょっと鼻白んだ.その反面自分達の土地も守る為に幼女にまで銃を持たせるその姿には感動した.戦う姿を相手に示さないと守れないよね,なんでもさ.コミュニティといえば物語後半のニュートンさんち.今嫁と元嫁が同居し並んで子供をあやすのも奇妙っちゃ奇妙だけど,羨まけしからんですな.
      あと興味深かったのがニュートンさん達が共和党の投票用紙を要求したこと.Wikiさんによるとリンカーンって共和党だったのね.知りませんでした.

      やはり映画を観ると賢くなる.だからもっと映画を観ような!
      >> 続きを読む

      2017/02/06 by 叡福寺清子

      「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」のレビュー

    ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男
    ニュートンナイトジユウノハタヲカカゲタオトコ

    映画 「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック