こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

きっと、またあえる

CHHICHHORE
きっと、またあえる
ALL RIGHTS RESERVED
ALL COPYRIGHTS, TRADEMARKS, DESIGNS AND OTHER INTELLECTUAL PROPERTY RIGHTS WITH RESPECT TO THIS CINEMATOGRAPH FILM EXCLUSIVELY VEST WITH NADIADWALA GRANDSON ENTERTAINMENT PRIVATE LIMITED. ANY UNAUTHORISED REPRODUCTION, COPYING, BROADCASTING, PUBLICATION, PERFORMANCE, ADAPTATION OR USAGE IS STRICTLY PROHIBITED AND MAY AMOUNT TO INFRINGEMENT OF RIGHTS OF NADIADWALA GRANDSON ENTERTAINMENT PRIVATE LIMITED.
8/21(金)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて公開
1クリック登録
公開: 2020/08/21
製作国: インド
配給: ファインフィルムズ

    きっと、またあえる の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      爽やか感動系のインド映画には、「きっと、〇〇〇」というタイトル付けるのが流行ってるんでしょうか。
      (紛らわしいので止めて欲しい)

      大人達が素敵な学生時代を思い出し、友情と愛情を取り戻すというノスタルジーな話だったら苦手と思って、直前まで観に行くのをためらっていたのですが、結果、行って良かったです。

      現在日本でも有名人の自殺がニュースになることが多いですが、この映画も受験に失敗し絶望した青年が、衝動的に自殺することから話が始まります。
      自殺は未遂に終わりますが、希望を持てない青年には生きる気力がありません。

      そこで両親とその友人達が、学生時代に自分自身が「負け犬」であっても「死」を選ばなかった理由を語るという設定です。

      「自殺はダメ」というメッセージは大切ですが、「負け犬」だったとしても死を選ばない方法や経験、素敵な未来が待っているというメッセージを映画で伝えているのが、この作品の素敵なところです。

      インド映画にしては、歌と踊りも最後しかないので、インド映画苦手な人でも見やすいのではないかと思います。
      >> 続きを読む

      2020/10/22 by 寺嶋文

      「きっと、またあえる」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    きっと、またあえる
    キットマタアエル

    映画 「きっと、またあえる」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画