こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

羊と鋼の森

羊と鋼の森
(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2018/06/08
製作国: 日本
配給: 東宝
ひたむきな姿に励まされ、そっと背中を押してくれる。
温かい余韻を約束する感動作―

【ストーリー】
将来の夢を持っていなかった主人公・外村(山崎賢人)は、高校でピアノ調律師・板鳥(三浦友和)に出会う。
彼が調律したその音に、生まれ故郷と同じ森の匂いを感じた外村は、調律の世界に魅せられ、果てしなく深く遠い森のようなその世界に、足を踏み入れる。
ときに迷い悩みながらも、先輩調律師・柳(鈴木亮平)やピアノに関わる多くの人に支えられ、磨かれて、外村は調律師として、人として、逞しく成長していく。
そして、ピアニストの姉妹・和音(上白石萌音)由仁(上白石萌歌)との出会いが、【才能】に悩む外村の人生を変えることに―
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 山崎賢人  鈴木亮平 上白石萌音 上白石萌歌  堀内敬子 仲里依紗 城田 優 森永悠希 佐野勇斗 光石 研 吉行和子 / 三浦友和 原作:宮下奈都『羊と鋼の森』(文藝春秋刊) 監督:橋本光二郎   脚本:金子ありさ   音楽:世武裕子 エンディング・テーマ 「The Dream of the Lambs」 久石 譲×辻井伸行(AVEX CLASSICS INTERNATIONAL)

    羊と鋼の森 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 泣ける

      期待以上の出来だった。とても感動しました。原作読んでたんですが、音楽や映像が付くと静謐でありながら音楽に対する真摯な気持ちがより伝わってきました。
      それと由仁の天真爛漫な仕草が可愛いかった。外村の調律により少年時代の温かな家庭が蘇るシーンは印象的でした。

      2018/06/20 by nuko

      「羊と鋼の森」のレビュー

    • 4.0

      2018年30本目の鑑賞。(ユナイテッドシネマ豊洲にて)。原作既読済み。原作を読んでよかったので映像になった物も見てみようと思ったのが鑑賞動機。ほぼ原作の雰囲気を壊さず映像化されていて、見ていて非常に良い印象を持った。ピアノを調律していく過程が、精神的な「道」を求めるみたいで、ストイックな世界だなと映像を見て改めて思った。キャストには違和感なく入り込めたが、柳さん役の俳優さんにはちょっと違和感を感じた。感想はこんなところです。

      2018/06/15 by おにけん

      「羊と鋼の森」のレビュー

    • 4.0

      調律師とピアニスト、どちらもピアノが大好きで話が合うこともあればうまくいかなかったりも

      ただピアノの音を楽しむのではなくピアノを通して深まる絆がいい

      ただ直すだけじゃないんですね

      調律師先輩俳優陣は安定感あるサポートでした >> 続きを読む

      2018/06/15 by tky

      「羊と鋼の森」のレビュー

    羊と鋼の森
    ヒツジトハガネノモリ

    映画 「羊と鋼の森」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画