こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ハンターキラー 潜航せよ

HUNTER KILLER
ハンターキラー 潜航せよ
©2018 Hunter Killer Productions, Inc.
4月12日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2019/04/12
製作国: アメリカ
配給: ギャガ
潜水艦アクション大作、復活!
『ワイルド・スピード』製作陣が放つ、潜水艦アクションの新境地へ――

    ハンターキラー 潜航せよ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 3.0 ハラハラ

      潜水艦モノにハズレなし!という格言があるかは知らないがたしかにレッドオクトーバーとかUボートとか面白かった。
      そして潜水艦ならではの閉そく感が緊張感に直結するというセオリーもあるわけで。
      そして、「また?」っていう感じの軍事衝突の緊張感の物語にしか成り得ないのです。

      で、結局やはりそういう内容なのでした(;´Д`)
      でもね。
      久々に潜水艦モノを見たんでコレが、非常に楽しめるのです。セオリーどおりで良いんです!これで良いのです!


      潜行角度15度!ってときに艦内の乗組員が斜めに立ってる描写が「マイケルのダンスやんか!」って思いましたww
      コレは新しい描写だよね?


      (allcimnema)
      「300 <スリーハンドレッド>」「エンド・オブ・ホワイトハウス」のジェラルド・バトラー主演で贈る潜水艦アクション。ロシアでクーデターを企てた大臣によってロシア大統領が拉致され、第3次世界大戦勃発の危機に直面する中、ネイビー・シールズとともにロシア大統領を救出する前代未聞のミッションに挑む米軍潜水艦艦長の過酷な戦いの行方を描く。実際に米海軍原子力潜水艦の元艦長だったジョージ・ウォーレスと作家のドン・キースの共著によるベストセラーを映画化。共演はゲイリー・オールドマン、コモン、そして2017年6月に他界した「ミレニアム」シリーズのミカエル・ニクヴィスト。監督は南アフリカ出身の新鋭ドノヴァン・マーシュ。
       ロシア近海で米海軍原子力潜水艦が姿を消す。すぐさま“ハンターキラー”と呼ばれる攻撃型原子力潜水艦アーカンソーが捜索に向かう。艦を率いるのは現場たたき上げの異色艦長ジョー・グラス。やがてロシア国内でクーデターによりロシア大統領が監禁されたことが判明。米国大統領は、未曽有の危機を回避するため、ネイビーシールズの地上偵察部隊とアーカンソーの連携によるロシア大統領の救出を決断。しかしそれはアーカンソーにとっては、機雷原とソナー網が張り巡らされた絶対不可侵のロシア海域に潜航しなければならないというあまりにも過酷なミッションを意味していたのだが…。
      >> 続きを読む

      2019/05/04 by motti

      「ハンターキラー 潜航せよ」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      劇場で鑑賞。
      潜水艦ものはやはりあの閉塞感から来る緊迫感が最高だ。本作では音感センサーなどのハイテク機器が登場し、それに対応するためにアナログな手法で立ち向かうなど分かりやすくて楽しい。
      更に特殊部隊による地上戦も楽しめてお得感がある。潜水艦の艦長、特殊部隊の隊長がそれぞれ男気があって最高だ。
      艦長の冷静な判断は、ビジネスマンにとって一考に価するのではないだろうか。
      設定のリアリティについては突っ込んではいけないと思う。荒唐無稽なストーリーではあるが、人間模様と迫力の映像に没入すべき映画である。

      2019/04/19 by takenuma

      「ハンターキラー 潜航せよ」のレビュー

    • 4.0

      練度の高いプロ集団を観るのは気持ちのいいものです.エクスペンダブルズのように個々の高ポテンシャルアーミーが活躍するのも楽しいですが,命令一下,組織がキュキュッと機動する姿は格別なものがあります.こんばんわ三遊亭呼延灼です.
      とはいえ,あたくし武器やら戦術的な事はこれっぽっちも知識を持ち合わせてございませんので,本作上のやりとりがリアリティあるものなのかどうかは不明であります.ただ一個人の思惑で米ロが疑心暗鬼になり,あげく開戦だなんてそんなバカなという感じもいたします.もしかしたら,本作はものすごくお金のかかった「細けぇ事はいいんだよ,面白けりゃ」作品だったのでしょうか.ロシア人も一応に英語堪能だったのも細かい事だし(細かいか・・・).
      ロシアといえば,救出された潜水艦艦長の,そして特殊部隊の隊長さんの侠気に泣きそうになりました.でも抱かれたいとは思わないかな・・・
      なお,同時期にラストシップS4も視聴しておりまして,来月の今時分はシーンがごっちゃになってる事と思います.
      >> 続きを読む

      2019/04/16 by 叡福寺清子

      「ハンターキラー 潜航せよ」のレビュー

    • 3.0

      潜水艦映画としては久々の新作だが、主演がジェラルド・バトラーなのでぶっ飛んだ内容になってないのか心配だった。

      今更ロシアとアメリカの関係性を巡って展開するのだが、地上のネイビーシールズと海中の潜水艦で交互にアクションが繰り広げられる。

      正直新味はなく、他の潜水艦映画と何が違うのかといわれると苦しい。
      ゲイリー・オールドマンなんてほとんどカメオぐらいの出演時間だし。

      ただ一旦アクションに入ればそれなりに見れる。
      バトラーは艦長だからか、アクションをすることもなく指令だけなので作品自体が暴走しなくてよかった(笑)
      >> 続きを読む

      2019/04/15 by オーウェン

      「ハンターキラー 潜航せよ」のレビュー

    • 4.0

      2019年15本目の鑑賞@TOHOシネマズ上野。予告編で面白そうだなと思い鑑賞。序盤の30分を不覚にも寝オチしてしまったため、残りを見ての感想。あと一歩で両方の大国が戦争状態になるという緊迫感が映像から出てきていて非常に良かった。終始緊迫感のある映像。途中から見ても悪い所はあまり感じられなかった。難しい判断を次から次へと迫られる潜水艦の船長をジェラルド・バトラーが好演している。レンタルで出たら、全てを見て今日見れなかった部分の補完をしたいと思う。感想はこんなところです。

      2019/04/15 by おにけん

      「ハンターキラー 潜航せよ」のレビュー

    もっとみる

    ハンターキラー 潜航せよ
    ハンターキラーセンコウセヨ

    映画 「ハンターキラー 潜航せよ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画