こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

カウントダウン

COUNTDOWN
カウントダウン
© 2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
2020 年 9 月 11 日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開!
1クリック登録
公開: 2020/09/11
製作国: アメリカ
配給: カルチュア・パブリッシャーズ(配給協力:インターフィルム)
残りの寿命がわかる。信じるか信じないかはアナタ次第!
カウント0を見届けた者はいない、世界一正確な余命宣告!

    カウントダウン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      感想川柳「運命を 受け入れたなら どうなるの?」

      レンタル店でパッケージ借りでした。_φ(゚Д゚ )

      あるパーティの席上で、若者たちが見つけたあるアプリ。自分の余命時間を伝えるという、そのアプリをスマホにダウンロードし、自分たちの余命年数で盛り上がる中、コートニーに余命3時間の通知が届く。不安に襲われたコートニーは恋人のエヴァンの車で帰ることを拒み、1人で帰宅する。コートニーが乗らなかったエヴァンの車が事故を起こし、エヴァンはアプリが周知した時間に謎の死を遂げる。看護師のクインは、エヴァンの死に疑問を持つが、彼女もまたあのアプリをダウンロードしてしまう。そして、アプリは彼女の余命3日を告げていた……というお話。


      ファイナル・デスティネーションに似た感じかなと思ってましたが
      もう少し複雑なシステムがありました( ゚∀゚)ノ

      余命が分かってそれを「回避」しようとすると
      「利用規約違反」となって呪いが発動する((゚□゚;))

      アプリの利用規約なんて誰も読まないから
      悪魔は分かってらっしゃるんですな( ・ω・)

      でも運命を変えないとどうなるのかは
      作品内では分からなかったですね(・ω・)


      呪いだけじゃなく被害者の過去も絡めて
      上手く演出してますね(* ゚∀゚)

      おまけにセクハラ上司も交えた一幕もあって
      思ってたより盛りだくさん( 。゚Д゚。)

      クライマックスの伏線もちゃんとしてる


      あの中途半端に詳しい神父のやることは正しかったのがウケる(笑)(^o^;)


      それにしても最近の悪魔はITにも長けてて
      進化してるなぁ( ´Α`)

      神様は相変わらずアナログなのに(・ω・)

      ラストはファイナルデスティネーションに寄せたのかな?(´・(ェ)・`)

      んでまず( ´∀`)/~~
      >> 続きを読む

      2021/02/01 by Jinyuuto

      「カウントダウン」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      利用規約を破っちゃったんで悪魔がやってきましたって設定は評価します.きっと規約読まないとエラい目に合うよという風刺の意味が盛り込まれているんで・・・そんな小難しい事考えてないか・・・こんばんわ三遊亭呼延灼です.
      その悪魔の名はオジーンだったでしょうか.ググってみましたが,それらしいものがヒットしなかったので恐らく創作だと思うのですが,間違ってたら謝ります.
      マッケンジー・デイヴィスを彷彿とさせるエリザベス・レイルさんが数少ない収穫.どこかで観たことあるなとIMDBで確認したところ,ワンス・アポン・ア・タイムS4のアナ姫でございます.ワンスがまだ面白かった頃ですね.
      もう一つの収穫が悪魔ヲタクのジョン神父.普段は教会の奥底に引きこもって悪魔関連の書物を読み耽り,人見知り気味なのに悪魔の事となると途端に饒舌になる.まさにヲタク仕草.本作一本で終わらせるには勿体ないキャラなので,できればラ・ヨローナ(泣く女の方)のラファエル神父と組んだエクソシスト系の作品を製作してもらいたいんです.祓いの準備作業中もずっと喋ってるジョン神父に呆れるラファエル観てみたいです.
      さて,本作の肝となる「カウントダウン」なるアプリ.寿命がカウントダウンされるわけですが,これがイマイチ.カウントダウンされるのは実際の寿命.人生設計に大変強い味方です.当然残り70年と表記される人もいれば,2日間と表記される人も.後者は当然慌てます.死を回避しようと予定外の行動をします.例えば乗るはずだった電車に乗らなかったり.そうしますと,「利用規約違反」との警告が表示され,オジーンさんが命を刈り取りにやってきます.『運命を受け入れよ』という規約に違反した為に.つまり死は定まったもの,回避は不可というわけです.当然ながら,思い出されるのはファイナル・デッドシリーズ.
      ですが,カウントダウンをインストールしなきゃ自分の死期は判らないわけで,当然死からの回避行動を取らないで普通に亡くなるはず.なんでわざわざ,そんな親切なアプリを悪魔さんは開発したのでしょう.恐らく悪魔会議でオジーンさんが業績悪化を叱責されたのでしょう.「オマエ最近人間の魂収穫してへんやんけ,このままやとクビぞ」と.そこでオジーンさんは考えたのでしょう.寿命をわざと教えて,死を回避したら魂ゲットしてやろうって.なかなかに人間の事をよく研究されてますね.
      でももう一歩踏み込んだ考察が必要だったのでは.そう,人間は物分りの良い生物じゃないし,諦めが悪いんですよ.特に若い連中は.どんな事しても,それが人を殺める事になっても,死を回避しようとするんですよ.クィンさんがセクハラ医師を襲ったのって,死の順番を変えてカウントダウンを嘘にしようとしたのでしょう.恨みもはらせて一石二鳥だし.でもジョン神父はそんな打開策言ってなかったし,そもそも大仰に魔法円を描いたのにあっさり外に出ちゃうなんて,悪魔さんが幻影見せるのは承知の事なんだから,誘い出されて魔法円の外に出る対策してないの阿呆でしょ.てな感じで,肝心なところで粗が目立つ仕様のため,スコアは若干低めにいたしました.
      なお,グロ薄め,のーおっぱいです.もう一度繰り返します.のーーーおっぱいです!!!
      >> 続きを読む

      2020/10/05 by 叡福寺清子

      「カウントダウン」のレビュー

    カウントダウン
    カウントダウン

    映画 「カウントダウン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画