こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

メカニック ワールドミッション

メカニック ワールドミッション
(C)ME2 Productions, Inc. 2016
9月24日(土)全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2016/09/24
製作国: アメリカ
配給: ショウゲート
“完璧な殺し屋”伝説の完璧な”最後”
傑作アクション『メカニック』の続編!
今度のミッションは、成功確率0.001%、完遂しても待つのは死――。

【メカニック】とは
スキルと頭脳と肉体を駆使して、精密機器のように完璧に暗殺を遂行する凄腕の殺し屋。

〈完璧な殺し屋(メカニック)の3つのルール〉
1. 殺人の痕跡を一切残さない。
2. 100%事故死に見せかける。
3. 誰とも組まず孤独だけを友とする。

今やハリウッドを代表するアクションスターにのし上がったジェイソン・ステイサム。彼の出演作の中でも、必見の1本と絶賛される『メカニック』の続編が遂に完成した!
殺し屋稼業から足を洗ったビショップ(ジェイソン・ステイサム)のもとに暗殺の依頼が入る。幼少期に暗殺者として一緒に育てられたクレインからだ。彼はビショップに見捨てられたことを恨んでいた。ビショップは断るが、何の罪もない女を人質にとられ、やむなく復帰する。ターゲットは武器商人として世界を裏で操る3人の巨大フィクサー。やがてビショップは成功/失敗にかかわらず死が待つことを知る。しかも、クレインはこの世でただ一人、ビショップの弱点を知る男だ。果たして、超難関ミッションの行方は? そして、クレインの真の目的とは──?
ブラジル、タイ、オーストラリア、ブルガリアを舞台に、サントリーBOSSのCMでお馴染みのトミー・リー・ジョーンズ、ハリウッドのトップ女優ジェシカ・アルバ、007のボンドガールで絶賛されたミシェル・ヨーの豪華共演。
ジェイソン・ステイサムの新たな代表作にして集大成となるアクション超大作の誕生だ!
>> 続きを読む

    監督:デニス・ガンゼル 出演:ジェイソン・ステイサム、トミー・リー・ジョーンズ、ジェシカ・アルバ、ミシェル・ヨー、サム・ヘイゼルダイン 提供:博報堂DY ミュージック&ピクチャーズ 配給:ショウゲート 協力:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

    メカニック ワールドミッション の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 3.0

      冒頭はグラインドハウスものを彷彿とさせるフィルムの粒子の粗さ。馴染みの料理屋だろうテラスで夕日でも見ながらいつもの晩酌…と寛いでいる兄貴の前に不意に女のメッセンジャーが現れて…。青空に無理やり黄昏演出しているようなフィルムの色調がもうたまらんです、はい。ポン・ジ・アスーカですか、ケーブルカーの中から、天井に張り付いたステイサムに刺客は銃弾を浴びせ、兄貴はといえば、やおら天井からジャンプ、折よく滑空してきたハンググライダーの翼にしがみつくのだから、あれ、これは当たりかも、と胸熱です。

      映画は冒頭で決まる、とは誰の言葉だったか。

      ロケ地が転々とします。リオで始まり、タイの孤島、バンコク市内、マレーシアはアルカトラズ並みの絶海の孤島に聳える刑務所、シドニーのガラス張り高層ビル群、ブルガリアの旧時代の遺物…。ロケ地が変われば言語も変わるで、英語一辺倒にしない、些細なこだわりに好感が持てる。てか、そのほうが観客も異国の地に来たな! という実感が味わえるというものです。

      ジェシカ・アルバですか。最初で最後のラブシーンを観られるのはこの映画らしいが、ほんまかいな。ステイサム兄貴、やるやん。まぁ、二人の組み合わせ自体には賛否両論ありそうですが。ステイサムにはやはり長身金髪の顔ちっちゃ女ではないでしょうか。いえいえ、ジェシカ・アルバ、ステキな女優さんです。処女性を醸しつつ色気も相当な、不思議な女優さんです。南米の血が少し入っているんでしょうか。血の情熱は隠せない、か。

      あとこの映画で特筆すべきは、殺し屋としての前準備のディテールへのこだわりですね。シドニーでの殺しはちょっと興奮しました。テンポも良く、演出も冴えている。マレーシアのアルカトラズの潜入劇もいい。前準備では何やってるのか観客には不明で、それが千載一遇の機において、なんの準備であったか瞬時に明かされる。こういうの、伏線回収とは言わないんだろうけど、それに似た快感が観ていてありますよね。作り手の才能を感じます。

      終幕にトミー・リー・ジョーンズが出てくるのも、私として◯です。一見頑固物だが、物のわかった鷹揚なワル、というのを瞬時に演ずるのだから、私がいうまでもなく、大した俳優です。次作はトミーとの絡みが軸になるのかしら。急がないと! トミーも大層なご老体です。

      監禁主体の悪者がホンモノだったら、ジェシカ・アルバは命はあっても順次五体満足ではいられなかっただろうと思うにつけゾッとするわけですが、そこはエンターテイメントです。安心して観られます。飛び込みの選手だったステイサムの美しい飛び込みシーンも堪能できるし(荒海におけるあの飛沫の低さは只者ではない!)、なにはともあれ、ごちそうさまでした!
      >> 続きを読む

      2021/02/08 by Foufou

      「メカニック ワールドミッション」のレビュー

    • 潜水艦のドックはU-boatを思い出します。

      2021/02/08 by Foufou

    • 3.0

      前作に比べ、何だかとってつけたような理由だなと思いながら鑑賞。
      「大切な人」と言うにはちょっと出会ってからの時間が短すぎというか。

      トミー・リー・ジョーンズの役どころが良かった。

      2020/12/15 by ちっちゅう

      「メカニック ワールドミッション」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      ジェイソン・ステイサム演じる完璧な殺し屋ビショップ強すぎ。
      楽しめる作品だが、観ている方も痛い。

      2020/12/08 by taka_san

      「メカニック ワールドミッション」のレビュー

    • 4.0 クール

      前作よりは続編の方が、ストーリーもわかりやすく観やすい。
      周到に準備しての実行だったり、様々なパターンで前作よりもアクションが多くなっていたのが良かった。ステイサムのストイックな殺し屋から人間味のある感情が増えているところも見もの。
      おもしろかったです。

      2019/08/14 by よっしー

      「メカニック ワールドミッション」のレビュー

    • 5.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ジェイソン・ステイサム、精力みなぎるハゲ。やることは他の映画と一緒なんだよね。あのアクションと肉体があれば、映画になる。しかし、ジェシカ・アルバはアクション女優として出ばれて、敵と殴り合いもしてたのに、設定がアクションとは無縁なのが残念。メカニックのストイーリーから考えると、裏切ると思ったんだけどなあ。 >> 続きを読む

      2017/09/02 by boreas96

      「メカニック ワールドミッション」のレビュー

    もっとみる

    メカニック ワールドミッション
    メカニックワールドミッション

    映画 「メカニック ワールドミッション」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画