こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

すばらしき映画音楽たち

SCORE
公開: 2017/08/05
製作国: アメリカ
配給: アンプラグド

    すばらしき映画音楽たち の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0

      如何に音楽が映画にとって大事なのかを、数多くの映画音楽制作者へのインタビューを通して見せていくドキュメンタリー。
      そんなことはそれなりに分かってる、つもりだったが、実際の有名なシーンを見せての解説や録音現場を丁寧に見せてくれるので、とても分かりやすい。
      巨匠ハンス・ジマーが繰り返し、プレッシャーに押しつぶされそうなることを話していたのがとても意外で印象的。
      そして、なんだかんだいってもジャン・ウィリアムズは別格の天才!

      2020/09/11 by michi-low

      「すばらしき映画音楽たち」のレビュー

    • 3.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      今や映画は、音楽とは切っても切り離せないのは周知の事実。

      イントロを聞くだけで映像を思い出せる曲と巡り会った映画は幸福だと思う。その音楽だけで、映画への会話に一層弾みがつくからです。

      その映画音楽を作り上げる人々を取材したドキュメンタリーが、「すばらしき映画音楽たち」

      特に目を引くのが、スティーブン・スティルバーグさんとタッグを組んだ、ジョンウィリアムズさんの軌跡。

      「ジョーズ」「E.T」の音楽が形になっていくところ、「スター・ウオーズ」「インディージョーンズ」聞くだけで、あの映画! と分かる作品の音楽を作り上げていた人が、たった一人だったのには驚かされます。いや、当然なんですが。

      映画に出てくる音楽家達は、ありとあらゆる音楽、楽器、音を網羅し、それでもまだどこかに、まだ見ぬ音楽があると探し求めていました。出来上がった映像を見ながら、その映画に流れている音楽を作り上げていく姿は必死かつ孤独で、ただただ凄いとしか言いようがなくて。

      映画に出て来られる音楽家の人々はそれぞれアカデミー賞を取られた方たちばかりなのですが、曲を作るに対して全くと言っていいほど自信満々な人がいないのが印象的でした。

      映画音楽にオファーを受けても、果たして見合う音楽が作れるのか、映画の雰囲気を損ねていないか、監督の意見は・・・見ているだけで胃が痛くなりそうな段階を何段も重ねて、映画音楽が出来上がっているのを知れば、映画のバックに流れている音楽の一つ一つまで気になってきます。

      また、音楽を撮り下ろすシーンも凄かったです。オーケストラの人々はほとんど初見でその曲を演奏し、物凄い勢いで録音していきますし、タクトを振る専門の指揮者も作者の意図を聞きながら指揮をして、望む音楽を拾い上げて行く。彼らの職人芸とも言うべき手腕に見入ってしまいました。

      映画が好きで、その裏ではどんなことが起こっているのか、どんな縁の下の力持ちがいるのかを垣間見れる作品だと思います。

      聞いたことがある曲ばかりの音楽が流れるので、ドキュメンタリーですがとても楽しめると思います!
      >> 続きを読む

      2018/02/25 by hano

      「すばらしき映画音楽たち」のレビュー

    すばらしき映画音楽たち
    スバラシキエイガオンガクタチ

    映画 「すばらしき映画音楽たち」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画