こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years

THE BEATLES: EIGHT DAYS A WEEK
ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years
Apple Corps Limited. All Rights Reserved.
9/22(木・祝)より 角川シネマ有楽町ほか全国公開
1クリック登録
公開: 2016/09/22
製作国: イギリス
配給: KADOKAWA(提供:KADOKAWA=テレビ東京=BSジャパン)
1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり
『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品!

1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築したのか―それと同時に、ビートルズの類まれでユニークな音楽の才能や、突出していて補完しあう個性も探ります。リバプールのキャバーン・クラブ時代から、最後に観客の前で演奏した1966年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までを描いたドキュメンタリー。監督は、『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』などを手掛け、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞®を受賞したロン・ハワード。

最新インタビュー収録!世界初公開映像満載!!貴重なライブ映像がカラーで蘇る!!!
本作の為に準備された映像は、デジタル修復され、さらにカラーで蘇った世界初公開のアーカイヴの数々。
モノクロでしか見ることのできなかった60年代のライブ映像が、まるで今の時代の映像のように鮮明になって音楽と共にスクリーンで体感できるとなると、ファンならずとも必見です。ライブ音楽は、劇場公開用にリマスターされているため、今までにないクリアな音でビートルズの名曲たちが楽しめます。

今年は、日本の歴史に残る“伝説の武道館公演”から50周年に当たるメモリアル・イヤー!
武道館公演は、1966年6月30日から7月2日までの3日間、5回の公演で各回満席の延べ5万人を動員、テレビ中継の視聴率は異例の56.5%を記録。当時は、ロックミュージシャンがライブ会場として武道館を使用することは前例がなく、社会問題にまで発展していった。音楽シーンのみならず世界を変えたビートルズに再注目です!
>> 続きを読む

    出演:ザ・ビートルズ 監督:ロン・ハワード プロデューサー:ナイジェル・シンクレア、スコット・パスクッチ、ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード エグゼクティブ・プロデューサー:ジェフ・ジョーンズ、ジョナサン・クライド、マイケル・ローゼンバーグ、ガイ・イースト、 ニコラス・フェラル、マーク・モンロー、ポール・クラウダー 2016年/イギリス/英語/カラー/原題『THE BEATLES:EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』 配給:KADOKAWA/提供:KADOKAWA、テレビ東京、BSジャパン 協力:ユニバーサル ミュージック合同会社/後援:ブリティッシュ・カウンシル

    ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years の映画レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 5.0 泣ける 笑える 元気が出る クール

      2回。観てきました。ファンなら迷わず観るべし!です
      この時代のビートルズは実に魅力的ですね。
      映像でなければわからないリアルがあり、映像でわかる彼らがあります。
      ライブ映像を中心にしているため、ドキュメンタリー映画としてだけではなく普通にエンタメとして楽しめると思います。
      もしも、ビートルズを音楽面でしか知らなくて、でも興味はあってという方にはぜひ見てみて欲しい。
      私は年齢的にリアルでライブを観るのには全然間に合わなかったのですが、映像を見て、映画を観て、よりディープにファンになりました。
      もはやこの世にいないジョンとジョージにも逢えます。

      映像を残しておいてくれて本当にありがとう!!!と言いたいです。

      彼ら4人の結びつきの強さ、一体となった時の強さ、世界の高みを知ったものだけが味わう恐怖と孤独。
      そして音楽への愛
      彼らが出会い、世界へ出て行けたことは、必然かもしれませんし、
      それ以上に私には奇蹟に思えます。

      アパルトヘイトに反対する彼らのコメントの率直で勇敢な事。
      彼らを愛した、さまざまな方のメッセージ。
      そこらへんも見どころです。

      ウーピーにシガニーの表現力豊かな思い出語りにはぐっときました。
      さすが名女優ね。

      そして。
      本編終了後の劇場特典のライブ映像が最高です。
      シア・スタジアムでのコンサート・フィルムをリマスターしたものですが、あれだけでも観る価値有ります。
      映画館の環境、音声で鑑賞できる幸せ。

      アップルよ、ありがとう!

      有楽町でグッズがほとんど完売になっていたのが驚きでしたが、マニア健在ってことですね。ビートルズTシャツを着て観賞している人も目立ちました。
      >> 続きを読む

      2016/10/05 by 月うさぎ

      「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」のレビュー

    • 7週連続1位知りませんでしたー‼︎てゆーか、月うさぎさんもジョージ推しですか、なんかテンションあがりました!久々にYouTubeでhere comes the sun観ちゃいました‼︎イントロからたまりません(*^^*)ジョージはソロになってからも人脈に恵まれたイメージがありますです! >> 続きを読む

      2016/11/23 by メッシイ

    • メッシイさん
      Here Coms the Sun はGeorgeの曲の中で一番好きな曲です!
      クラプトン主催の追悼コンサートのDVDがあります。
      「コンサート・フォー・ジョージ」っていうタイトル。
      もし、ご存知なければ機会があれば観てみてください。彼の交遊関係が非常に生きた素晴らしいライブであると同時に、彼の楽曲そのものの魅力を再発見できます
      いい曲は誰がやってもいいんだな。ということ。ライブだと他の人が歌う方がカッコイイ曲さえあります。
      意外に大編成のライブに似合う曲が多いこと。(ジョンと違って)
      ジョージは声量がないから、歌が上手く聴こえませんが、本来は音感はいいので、メロディは繊細ですよね。
      最初は他人が演奏するコンサートなんて、と、思っていましたが、凄く良かったです。その他のトリビュートコンサートが霞みますよ。
      >> 続きを読む

      2016/12/11 by 月うさぎ

    • 4.0

      本編後に映画館限定のライブ映像が30分上映されます。ビートルズファンの人にはもちろんオススメだし、ビートルズ初心者がビートルズの歴史を学ぶのにもオススメ。ドキュメンタリーとして昔の映像を使用しているので、ちょっと見辛いところもあります。
      しかし本当に、当時のビートルズファンの熱狂ぶりには圧倒される。現代ではあの観客全員が泣き叫ぶほどの熱狂は考えられない。情報源がテレビ、ラジオ、新聞くらいしかなくて、5万人収容のライブも前代未聞と言われてた時代だからこそ、ビートルズは当時の人々にとっても「伝説」であり、その結果今では考えられないような熱狂が生まれてたんだろうなぁ。 >> 続きを読む

      2016/10/02 by ひめいちご

      「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」のレビュー

    • 限定映像気になるー!中学の時ハマったなービートルズ、ハリスン!

      2016/10/02 by メッシイ

    • ビートルズに少し興味があった状態で観ました。
      世界中が興奮したバンドである意味がよく理解できました。
      飽きなくずっと楽しめました。
      この出来事が生前のことと考えると不思議な気持ちです。
      >> 続きを読む

      2016/10/03 by ミンティア

    • 3.0 元気が出る クール

      今日は本当に映画三昧!!こんな日があってもいいんじゃないかと思います。でもスタンプが2倍貰える映画館ではやっておらず(>_<)なんと前代未聞のはしごです(--;)ビートルズ!!もう産まれる前の話です。でも音楽が好きな自分としてはやはり、観ておきたかった(^^)ビートルズのデビュー前の話が聴きたかったな。そして、最後が駆け足だったのは残念でした(--;)2時間半は長かった!

      2016/10/15 by らったった

      「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」のレビュー

    • 4.0

      輝かしきブライアン・エプスタインの時代。
      1969年1月、アップルレコードの屋上に彼はもういなかった。

      2020/02/11 by taku

      「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」のレビュー

    ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years
    ザビートルズエイトデイズアウィークザターニングイヤーズ

    映画 「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック