こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ファントム・スレッド

PHANTOM THREAD
ファントム・スレッド
©2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved
5/26(土)より、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館 ほか全国ロードショー!
1クリック登録
公開: 2018/05/26
製作国: アメリカ
配給: ビターズ・エンド=パルコ

    監督・脚本:ポール・トーマス・アンダーソン 出演:ダニエル・デイ=ルイス、レスリー・マンヴィル、ヴィッキー・クリープス 音楽:ジョニー・グリーンウッド 2017 年/アメリカ/130 分/カラー/ビスタ ユニバーサル作品 配給:ビターズ・エンド/パルコ

    ファントム・スレッド の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 0.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      PTAの新作。映画館で観れば良かった。そして前知識なしに観て良かった。

      オープニングの回想から惹きつけられる。この強烈な美意識とテンションの高さ。狭い階段のシーンの流浪なカメラワーク。才気走っている。知性と思わせぶりを取り違えている凡百の監督とはハッキリいって格がちがう。

      男と女の出会いは、何度描かれてきたことだろう。だからこそ、瞼に焼きつくようなシーンは少ないはずだ。むしろ、観ている間は既視感に襲われ、観た後では記憶に残らない。ただ物語の展開上はぶくわけにもいかないから、仕方なしに挿入しているようじゃないか。

      だからこそ、高名なデザイナーである初老の男が、モデル兼恋人として、ウェイトレスを見初めるシーンの緊張感は、特筆に値すると思ってしまうのだが。この出会いが活きるのは、その前に別れが描かれているからじゃないのか。

      セクシーでも、ゴージャスでもないヒロインを別荘に招いて採寸する場面の戸惑い、姉の登場がもたらす緊縛感、デザイナーの語る過去とウェディングドレスを着た母親の写真の伏線、つい思い出すままに饒舌に語りたい誘惑に駆られてしまう。観る者を刺激し饒舌にさせる映画体験。でも、キリがないからやめときます。

      ところで、この映画は基本的に室内劇ですね。もちろん、予算の関係もあるのだろうけど。湖水地方も、アイガーも、キノコを探す森も、背景画に過ぎない。息詰まる室内劇の合間の短い息抜きに過ぎない。だから、逆に室内をどう撮るのかということに知恵を絞っている。そこで廊下や階段の移動とすれ違いだと思うんです。これほど階段が印象的な映画は『シャンドライの恋』以来だ。

      テーマに触れず、解釈せずとも(そうするとホントにネタバレになってしまう)、いくらでも語れてしまう傑作でした。
      >> 続きを読む

      2018/11/08 by かんやん

      「ファントム・スレッド」のレビュー

    • 2.0

      ダニエル・デイ・ルイスが好きで出演している映画はなるべく観るようにしている

      しかしこの映画が最後の出演作品となるとは、なんとも残念
      久しぶりに長いなと感じた作品だった

      ドレスはどれも美しくダニエルやお針子達の衣装も、
      映像とおして見ても分かるような当時の良質な織を再現しているように思う
      (素人目なので)
      音楽も各シーンに合わせ印象的に使われている

      しかしストーリーが分かり難い
      母性なのか狂気なのか両方なのか、曖昧にしてミステリアスな表現をしようとしているのか、どっちとも取れず消化不良気味

      ダニエル・デイ・ルイスのポケットに手を突っ込んだタキシードは素敵だった。
      けどニットのカジュアルな衣装は腰が大きくていまいちだった。
      肩パットを入れた衣装だと似合うんだろう。
      >> 続きを読む

      2018/06/03 by 寺嶋文

      「ファントム・スレッド」のレビュー

    ファントム・スレッド
    ファントムスレッド

    映画 「ファントム・スレッド」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画