こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

グリーンブック

GREEN BOOK
グリーンブック
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
3月1日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2019/03/01
製作国: アメリカ
配給: ギャガ
1962年、天才黒人ピアニストは、粗野なイタリア系用心棒を雇い、<黒人専用ガイドブック>グリーンブックを頼りに、あえて差別の色濃い南部へのコンサートツアーへ繰り出す。旅の終わりに待ち受ける奇跡とは?

■あらすじ
時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが腕っぷしはもちろんハッタリも得意で、家族や周囲から愛されていた。コパカバーナが改装のために休業となった時、トニーはある黒人ピアニストにコンサートツアーの運転手として雇われる。彼の名前はドクター・シャーリー、巨匠ストラヴィンスキーから「神の域の技巧」と絶賛され、ケネディ大統領のためにホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか黒人には危険な南部を目指していた。黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、ふたりはツアーへと出発するのだが──。
>> 続きを読む

    上映時間 130分

    グリーンブック の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全24件
    • 5.0 泣ける

      人種が存在すればその数だけ人種の問題も歴史的に存在し続け、それは根本的には解決しないままの事も多い。人類の歴史は戦争の歴史、でもある。実話を元にしているだけに説得力があり、演技派ヴィゴ・モーテンセンの魅力が、マハーシャラ・アリの魅力を引き出している。ユーモアたっぷりでもあるけれど、描いているストーリーは相当シビア。差別を解決するのは権力、という表現もチラリと見える。実在のお二人は2013年に亡くなっているので本当につい最近まであった話、と言えると思う。鑑賞して本当に良かった、と思えた作品。

      2019/11/04 by Mahbo

      「グリーンブック」のレビュー

    • 4.0

      こういうタイプの映画はよくあるけど、いつもと立ち位置が逆だと新鮮(笑)人種差別は私にはよくわからないけど、トニーの俺は黒人より黒人だ!とかのハチャメチャな論理が楽しい!トニーのキャラをイタリア人にしたのは正解だなぁ( ̄▽ ̄)

      2019/11/02 by あっちゃん

      「グリーンブック」のレビュー

    • 4.0 泣ける 笑える

      性格も境遇も人種も違う2人が織りなす笑いあり涙ありのハチャメチャ珍道中・・・なのだが作品の根底にある人種差別テーマが話を深いものにしている。それに加えドクの孤独をトニーが解消するという友情テーマが温かい感動を生んでいる。

      余談だが作中でトニーが見せたピザの食べ方は今まで想像すらしなかった食べ方だったので、一度試してみたいと思った。

      2019/10/30 by テペーイ

      「グリーンブック」のレビュー

    • 5.0 切ない 元気が出る

      人種差別がメインのテーマで、次に友情、家族愛と言ったサブテーマが感じられるが、堅苦しい事を抜きにして単純に面白い。
      そして2時間の上映中、まったく無駄なシーンがなく飽きを感じる事が全くない。
      黒人のピアニストが「品位」の大切さについて語ったのが個人的には非常に感銘を受けた。日本のように均質な社会ではあまり試される事は無い感覚であるが、人間の尊厳の根底となる概念の一つであると考えさせられた。

      2019/10/27 by takenuma

      「グリーンブック」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ 元気が出る

      人種差別系の映画でコメディかとは思ったが、手紙やゴミ捨てのシーンなど随所で笑えた。とはいえ、あの時代の人種差別の惨さと、それに立ち向かい苦悩する姿もあり、緊張と解放の連続が独特な雰囲気を醸し出してくれていた。

      2019/10/22 by sekken

      「グリーンブック」のレビュー

    もっとみる

    グリーンブック
    グリーンブック

    映画 「グリーンブック」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画