こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

映画 聲の形

映画 聲の形
(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
1クリック登録
公開: 2016/09/17
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
伝えたい“こえ”がある。聞きたい“こえ”がある。

「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞受賞!
まっすぐに「いま」と向き合う少年少女の姿を等身大に描き、全世代から共感と感動を呼んだ名作、大今良時の漫画「聲の形」。

このベストセラーコミックが、日本アカデミー賞 優秀賞を獲得した『映画 けいおん!』(11年)など、多くの作品を輩出し続けている京都アニメーションにより新たにアニメーション映画化!
監督はTVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、『たまこラブストーリー』(14年)にて文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーションに所属する山田尚子。
声優には、多数の作品で活躍する人気声優の入野自由と早見沙織らが集結。そして、実力派女優・松岡茉優がアニメ初の少年役を務める。主題歌には本作に共感したaikoの新曲「恋をしたのは」が提供されます。
不器用で、もどかしくて、でも伝えたいことがあふれている少年少女たちのせつない青春に、この秋、スクリーンが温かな涙で包まれます。


ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。
>> 続きを読む

    キャスト:石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織      西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希      佐原みよこ:石川由依/川井みき役:潘めぐみ/真柴智:豊永利行      石田将也(小学生):松岡茉優 原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)  監督:山田尚子 脚本:吉田玲子 キャラクターデザイン:西屋太志 美術監督:篠原睦雄 色彩設計:石田奈央美 設定:秋竹斉一 撮影監督:高尾一也 音響監督:鶴岡陽太 音楽:牛尾憲輔 音楽制作:ポニーキャニオン アニメーション制作:京都アニメーション  製作:映画聲の形製作委員会 配給:松竹

    映画 聲の形 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全43件
    • 3.0 切ない

      好きか嫌いか、と聞かれたら、迷いなく「嫌い」と答える映画だけど、テーマは割と身近かつ深刻な部分も含まれていて、いろいろと考えさせられたのは確か。

      いじめってなんであるんでしょうね。

      いじめで自殺した子供のニュースなど聞くと、本当に本当にやるせない気持ちになり、ふとした折に、「もし私が先生だったら、どうやっていじめに対応するだろうか、どうやったら、いじめのくだらなさ、残酷さ、バカバカしさを伝えられるだろうか」などと考えていたりする。
      子どもにかかわる仕事をしているわけでもないし、教職でもなんでもないのだけれど、そんなくだらないものに苦しめられている人がいると思うと、悔しくてたまらない。


      この映画では、最終的にいじめっ子といじめられっ子が恋愛関係になっていたけど、実際にそんなことあるかな?と疑問に思った。
      いじめっ子の態度が変わったからって、いじめられた子が相手に好意を持ったりできるだろうか。

      さらに、最後まで、いじめっ子はいじめっ子のままで、いじめの本質を分かっていない様子だったので、なんだか不快感が残った。


      そもそも、話長いよー!
      もっと短くできるのでは。
      >> 続きを読む

      2021/07/22 by みけ猫

      「映画 聲の形」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない 元気が出る

      手話・・結構興味あるんですよね。
      ただよく分からないのが、手話って世界共通なんですかね?
      英語と日本語違うんだろうか。。。。

      テーマが奥深く、驚く展開に心がついていけなくなります。
      同じような光景、子供の頃にあった気がする。見て見ないフリをしていた自分がいたような。。。
      辛い内容ではありますが、最後は、清々しい気持ちに慣れます。
      石田くんが着ているシャツの首元から、いつもタグが出ているのが、ほんわかしますね。
      途中から気づいて、ずっと追いかけて見ちゃってました(笑
      >> 続きを読む

      2021/03/27 by mika

      「映画 聲の形」のレビュー

    • 5.0 切ない ハラハラ

      ・絵がきれい
      ・最後に救われて良かった

      2021/02/04 by sekit

      「映画 聲の形」のレビュー

    • 1.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ひたすら暗かった…
      自殺をしようとするシーンが多いのが少し気になりました( ;∀;)
      過去にいじめられていた相手を好きになるなど少し不可解な現象も起きていました!
      >> 続きを読む

      2020/09/05 by おまみ

      「映画 聲の形」のレビュー

    • 3.0 切ない

      オープニングのThe WhoのMy Generationがカッコよく期待感が高まる。
      世間を知らず、常識も知識もない頃、後になってヤラかしたと思うことが誰しもある。トラウマに近い心の傷や後悔する行動、加害者であったり被害者であったり。素直に成れない年頃、好き嫌いに恋愛感情がからみあう。真面目と謙虚と自己嫌悪の集積が時に悲劇に向かう。青春期のいじめ、仲間、内省、償いなどの問題を真剣に取り上げた心に残る作品でした。

      作品の内容とは別に、その後どれだけ本人が悩もうが反省しようが、石田たちのような弱いものをいじめる奴を私は許さない。中学の休み時間、シンナー中毒で目が虚ろな同級生2人に意味なく蹴り上げられ失神して保健室に運ばれた経験がいまでも思い出される。担任は見て見ぬふりの最低の中学だったな。 >> 続きを読む

      2020/08/09 by taka_san

      「映画 聲の形」のレビュー

    もっとみる

    映画 聲の形
    エイガコエノカタチ

    映画 「映画 聲の形」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画