こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

映画 聲の形

映画 聲の形
(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
1クリック登録
公開: 2016/09/17
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
伝えたい“こえ”がある。聞きたい“こえ”がある。

「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞受賞!
まっすぐに「いま」と向き合う少年少女の姿を等身大に描き、全世代から共感と感動を呼んだ名作、大今良時の漫画「聲の形」。

このベストセラーコミックが、日本アカデミー賞 優秀賞を獲得した『映画 けいおん!』(11年)など、多くの作品を輩出し続けている京都アニメーションにより新たにアニメーション映画化!
監督はTVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、『たまこラブストーリー』(14年)にて文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーションに所属する山田尚子。
声優には、多数の作品で活躍する人気声優の入野自由と早見沙織らが集結。そして、実力派女優・松岡茉優がアニメ初の少年役を務める。主題歌には本作に共感したaikoの新曲「恋をしたのは」が提供されます。
不器用で、もどかしくて、でも伝えたいことがあふれている少年少女たちのせつない青春に、この秋、スクリーンが温かな涙で包まれます。


ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。
>> 続きを読む

    キャスト:石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織      西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希      佐原みよこ:石川由依/川井みき役:潘めぐみ/真柴智:豊永利行      石田将也(小学生):松岡茉優 原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)  監督:山田尚子 脚本:吉田玲子 キャラクターデザイン:西屋太志 美術監督:篠原睦雄 色彩設計:石田奈央美 設定:秋竹斉一 撮影監督:高尾一也 音響監督:鶴岡陽太 音楽:牛尾憲輔 音楽制作:ポニーキャニオン アニメーション制作:京都アニメーション  製作:映画聲の形製作委員会 配給:松竹

    映画 聲の形 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全21件
    • 4.0

      最初にタイトルをチラ見したときは、「カニの形」と読み違えており、その後なぜか「ミミの形」が正しいとずっと思いこんでおり、先日ようやく正しい読み方を知った。

      2018/06/17 by takenuma

      「映画 聲の形」のレビュー

    • 評価なし

      私には理解不能な映画。

      まず、小学校でのいじめ描写で心にシャッターが下りた。
      転入生、異質な存在である聴覚障害者への関心がやがていじめへとつながり、傍観者を含めたクラス全体の問題へとエスカレート。
      そして、いじめっ子がいじめられっ子へと転落するという大逆転が起きて、やはりいじめは続く。

      いじめた自覚がある人間は、どれだけ良心の呵責に苦しめられようと、いじめた相手と繋がろうと思ってはいけない。
      自分の気持ちが相手に伝わるか伝わらないか、そんなことはどうでもいい。
      「自分がいじめた」という事実があるだけだ。
      その事実が自分を苦しめるなら、一生苦しむしかない。
      「いじめた事実と向き合う」ことは、あくまで自分の中で完結させるべきだ。
      相手を巻き込んではいけない。

      「いじめた相手と信頼関係が築ける」という幻想、例えフィクションの世界であっても私には理解できない。
      私にはこの映画の「本当の」メッセージが理解できていないのかもしれない。
      でも、「いじめ」を描いたシーンの後、いじめ加害者の心理をどれだけ丁寧に見せられても、まったく感情移入できない人間はいるのですよ。
      それが「いじめ」というものだと思います。
      >> 続きを読む

      2018/06/07 by napo

      「映画 聲の形」のレビュー

    • 3.0 泣ける 切ない ハラハラ

      聴覚障害を持つヒロインに対するイジメがテーマ。
      しかし、その重い作風とは対照的なアニメーションがとても美しいので、ずっとズッシリしたものを見せられる感覚も無かった。
      今作は学園ドラマでもあるが、その人物配置が非常に現代的だった。徐々に本性が出てくる中で、あいつ最高!って思えるキャラからあいつ最低!となるキャラまでおり、自分を当てはめてみたくもなった。
      ただ、いまいち主人公に感情移入が出来なかった。中盤で、過去に行ったイジメの罪悪感から自分の中である決断をするシーンなど、主人公が追い込まれるシーンがあることにはあるが、もっと「ざまぁー」感が欲しかった。ヒロインに感情移入した側からすると、主人公と元々親しかったあいつらとか、自分を常に正当化したがるあいつとか、そもそもあんなにヒロインを小学生時代に苦しめた主人公に対する「ざまぁー」感を足してほしい。
      しかし、最終的には作品の持つメッセージも伝わってくるし爽やかに締めくくってくれるので、観終わった時にはそういうモヤモヤも無かった。
      >> 続きを読む

      2018/05/21 by YOU

      「映画 聲の形」のレビュー

    • 4.0 切ない

      将也はやってきた転校生の硝子を苛めていた。
      彼女は障害者でしゃべることが困難なため、クラスメイトからも嫌悪の対象として扱われていた。

      普通こういう場合被害者が主役となるのだが、転換によって加害者が逆にいじめの対象になる。
      そうなったとき世界は変わる。

      見たくないもの目を背けたいことに対し、顔に×を付けるという演出はよく考えられている。
      確かに人間は見たくないものの対象の顔はしっかりと覚えないもの。

      誰もが間違いを犯し、その間違いに気づけないで大人になってしまう。
      だからこそ将也はその意味で友達に救われたのだろう。
      >> 続きを読む

      2018/05/07 by オーウェン

      「映画 聲の形」のレビュー

    • 4.0 切ない

      君に生きるのを、手伝ってほしい

      期待度★★★★★

      人と人が互いに気持ちを伝えることの難しさがテーマ
      聴覚障害者へのいじめ、自殺などかなり攻めている作品でアニメでマイルドになっていても重い
      ✕は顔をちゃんと見て心を開いていない人物につく? >> 続きを読む

      2018/04/08 by もろやま

      「映画 聲の形」のレビュー

    もっとみる

    映画 聲の形
    エイガコエノカタチ

    映画 「映画 聲の形」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画