こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

羊の木

羊の木
© 2018『羊の木』製作委員会 ©山上たつひこ、いがらしみきお/講談社
2018年2月3日(土) 全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/02/03
監督:
製作国: 日本
配給: アスミック・エース
ある港町に移住してきた見知らぬ男女6人。
信じるか。
疑うか。
想像を超える衝撃と希望のラスト。

    羊の木 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 2.0

       元受刑者を地方都市に移住させるという国の極秘更正プロジェクトで、過去に凶悪犯罪を犯した6人を受け入れることになった魚深市。元受刑者の情報は市民には一切知らされず、魚深市の中で計画を知るのは市長・鳥原秀太郎と、その友人である月末一と大塚武の3人のみだった。

       結局のところ監督が何を伝えないのか曖昧なまま出来上がった感の強い映画。演出能力は流石に高い吉田大八監督が演技力の低い出演者の演技を上手に見せるのだが、脚本部分が根本的にダメ。
       原作漫画未読であるが、11人の移住者を6人に減らしているとのこと。それでも多すぎるくらい未消化。漫画を知らない手前、よくはわからないが脚本がよほどうまくない限りはどうしようもならない作品だっただろう。
       優香が史上最高級にエロいのは素晴らしいが、桐島を撮影した監督としてはまだまだ物足りない。商業作家向きではないのかもしれないが、今後の作品に期待したい。
      >> 続きを読む

      2018/09/30 by answer42

      「羊の木」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      寂れた港の町の魚深に6人の男女を受け入れることになったため、市役所職員の月末がそれぞれを出迎える。
      だが6人ともに不穏な空気を携えており、月末は元受刑者という事実を後に知る。

      何かが起こるのは明らかだが、一体誰が何をしでかすのか。
      それを匂わせながら交わすなど、見てるこちらを翻弄していく。

      絶えずなる音楽も徐々に不気味な様相になってきて、遂に元受刑者の本性が出てしまう。

      のろろ祭りという特色だったり、タイトルの解釈だったり、吉田大八監督の演出も見逃せない代物。
      特に優香を初めて上手いなと関心させたのは見事です。
      やっぱり俳優は演出次第で化ける。
      >> 続きを読む

      2018/09/28 by オーウェン

      「羊の木」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      架空の街、のろろ様なる奇祭、だいぶアホくさい設定なのに、グッと引き込まれました(´Д`;)
      吉田大八監督の強引な手腕かw
      もちろん役者もそれぞれ良かったのでしょうな。


      (~allcinema)
      「桐島、部活やめるってよ」「美しい星」の吉田大八監督が山上たつひこ、いがらしみきお共作の同名コミックスを映画化したミステリー・ドラマ。政府の極秘プロジェクトにより元受刑者6人を受け入れることになった過疎の港町を舞台に、それぞれに葛藤を抱える元受刑者たちと、素性の知れない彼らに対し不安を募らせていく一般市民が繰り広げる緊張感を秘めた交流の行方をサスペンスフルに綴る。主演は「県庁おもてなし課」「抱きしめたい -真実の物語-」の錦戸亮。共演に木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平。
       過疎化が進む港町・魚深市の市役所に勤める月末は、上司から新たな移住者6人の受け入れ手配を任される。性別も年齢もバラバラな6人だったが、やがて月末は彼らがみな仮釈放された元殺人犯であることを知る。彼らの転入は、犯罪者の更生と過疎化対策の一環として、この町に10年間住み続けることを条件に刑期を大幅に短縮して釈放させる政府の極秘プロジェクトによるものだった。もちろん、そんな新住民の過去は一般市民には一切知らされることはなかったのだが…。
      >> 続きを読む

      2018/09/28 by motti

      「羊の木」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      そりゃね、こういう映画で松田龍平が出てたらそういう役だよねっていう。
      もっと微妙なキャストだったらその辺りも読めなくなったんだろうか。
      元ヤクザ者が一番まともで、酒さえ飲まなければなんとかなる、逆に言えば酒を飲んだらアウトって人とか、チンピラは本物の異常者に勝てないとかっていうのは、なんかわかる。
      クリーニング店の朝子さんは、最初は嫌な人みたいなシーンから始まるのに実はちゃんと元ヤクザ者を受け入れてたりとか、いかにもヤクザな人によくあんな態度取れるなと思ってたけどそもそもそれも彼女が彼を悪い人じゃないと肌で感じていたからだっていうのが後半でわかったりとか、脇役ながら面白い人だった。
      客が来なくなったのを、「あんたのせいよ。でもあんた悪くないじゃない」って言えるのは凄い。

      民俗学というか、オカルト的にのろろ様は興味ある。
      ラストが突然オカルトになったけど、まぁそれなりに面白いかな。
      >> 続きを読む

      2018/09/16 by ななこ

      「羊の木」のレビュー

    • 3.0

      なんだろうなぁ、この感じ。

      田舎町に移り住んだ6人の新しい住人。受け入れ担当の市の職員である月末(錦戸亮)が関わりながら物語が進む。のろろ祭りの夜から微妙に話が進展し、「のろろ様」が決着を付ける。そんな話。

      純朴で真面目な公務員 月末と寡黙で謎めいた宮腰(松田龍平)、そこに木村文乃が入って微妙な三角関係などありつつ。。。サイゴはのろろ様が登場する?

      なんかマンガみたいな話だなと思ったら、やっぱりマンガだった、みたいな。
      「Death is not the end」か、まぁ分かったような分からんような。。。
      >> 続きを読む

      2018/09/11 by taka_san

      「羊の木」のレビュー

    もっとみる

    羊の木
    ヒツジノキ

    映画 「羊の木」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画