こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

キャプテン・マーベル

CAPTAIN MARVEL
キャプテン・マーベル
ⒸMarvel Studios 2018
1クリック登録
公開: 2019/03/15
製作国: アメリカ
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
マーベル史上最強といわれるキャプテン・マーベルは、記憶を失ったヒーロー。

ある日、ロサンゼルスのビデオ店に記憶を失った女性が降りたつ。驚異的なパワーを持つ彼女の記憶には“秘密”が隠され、正体不明の敵が襲いかかる。
キャプテン・マーベルとなった彼女は、若き日のニック・フューリーと共に、自らの記憶をめぐる戦いに立ち向かっていく。孤独や不安に打ちのめされても、不屈の精神で何度も立ち上がる新たなヒーロー。

    キャプテン・マーベル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全22件
    • 4.0 笑える クール

      「アベンジャーズ エンドゲーム」に繋ぐ最後の作品がこれ。
      後のアベンジャーズ結成秘話という感じの話だが、それ以上にヴァースというキャラを魅力的に見せている。

      始まりが「スターウォーズ」みたいに見えたのだが、そこからヴァースの記憶を探る旅へと変わる。
      その過程で黒幕が現れ、ヴァースの過去が明かされる。

      ブリー・ラーソンが演じているのだが、マーベル初の女性が主役のヒーロー映画。
      「ブラックパンサー」は黒人が主役だったし、今の時代に合わせたヒーローなのが伺える。

      アクションに対して笑える部分が多く、覚醒したヴァースがザコを倒すアイデアもひねりが効いているし、猫のグースのあっと驚く秘密も笑える。

      このキャラがエンドゲームにどう化学反応を起こすのか鑑賞が楽しみ。
      >> 続きを読む

      2019/06/01 by オーウェン

      「キャプテン・マーベル」のレビュー

    • 4.0 笑える ハラハラ 元気が出る

      アベンジャーズエンドゲームのため、観ました。

      インフィニティウォーで切り札的な扱いをされてた通り、めちゃくちゃ強く描かれてたので、エンドゲームでどういった活躍をするのか楽しみになりました(^^)

      ニックフューリーがなぜ隻眼になったのかについても、描かれていたのでアベンジャーズのファンでしたら観に行くべきな作品でしょうね。

      時代背景が1995年ということもあり、どこか懐かしさも感じられました。

      キャプテンマーベルを演じたブリー・ラーソンも、撮影にあたって身体を鍛えて臨んでたので、強く美しいキャプテンマーベルとなってたのも良かったです。

      アベンジャーズエンドゲームの公開が待ちきれないです(^^)
      >> 続きを読む

      2019/04/14 by シュンメイ

      「キャプテン・マーベル」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      どこの異星人化と思いましたが、地球人だったんですね。
      異星人の輸血で超人になった?
      ジュードロウより弱いんですよね。

      若し頃の、フューリーと、今のシールズの長官やっている人が若い。
      フューリーは若いころコミカルに人だったんですね~。
      あの目は、かわいがっていた猫の異星人のせいで?
      戦ってとかではなかったんですね。。。。

      他の映画とつながっていて、
      最後は、予告みたいな感じになっていて、次回のアベンジャーズが見たいと思いました。
      >> 続きを読む

      2019/04/09 by pililani

      「キャプテン・マーベル」のレビュー

    • 4.0

      面白いけど、女優さん的にワンダーウーマンに負けてるかな。
      ストーリーもアベンジャーズありきなので、そいらを見ることが前提。

      2019/04/05 by tzkb

      「キャプテン・マーベル」のレビュー

    • 0.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ネタバレありです!

      ヒーロー映画の第一作は、たいてい主人公が能力を得るところから始まる(『ソー』と『ブラックパンサー』はちがったかな)。そのワンパターンをなんとか避けようと、時間軸に工夫を凝らして、なんだか自分探し風な本作。

      頭使ってるのはわかるし、パターン通りだとたぶん評価低かったと思います。

      しかし、ストーリー、とくに面白くないですよね?

      なんであの方は、わざわざ地球で研究していたのか?

      あの方々は6年間も、あのスペースで生活してたのか?子どももいたが、あそこで生まれたのか?

      そもそも、キャロルをなんで仲間として、訓練していたのか?(いつ記憶が戻るかわからないのに)

      四次元キューブって、あんな風にパワーが得られるものなの?(辻褄があってないような)

      とか、いろいろ、思うところはあるし、

      いままで、なんとかパワーバランスを保ってきたのに、なんか台なしじゃないか、とか。

      それに、強すぎると、なんか爽快感もないんですね。敵が気の毒なだけです。

      うーん、エンドゲームの前にあんまりネガティブなことは言いたくないけど、彼女が加わることで、ワクワクしないんですよね。

      ワンダーウーマンのスラリとした立ち姿とまったくちがった、なんというか、ボテッとした感じは好ましいです。ブリー・ラーソンは悪くない。
      >> 続きを読む

      2019/04/04 by かんやん

      「キャプテン・マーベル」のレビュー

    もっとみる

    キャプテン・マーベル
    キャプテンマーベル

    映画 「キャプテン・マーベル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画