こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

トイ・ストーリー4

TOY STORY4
トイ・ストーリー4
© 2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
1クリック登録
公開: 2019/07/12
製作国: アメリカ
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
■あらすじ
“おもちゃにとって大切なことは子供のそばにいること”―― 新たな持ち主ボニーを見守るウッディ、バズら仲間たちの前に現れたのは、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。しかし、彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう。ボニーのためにフォーキーを探す冒険に出たウッディは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボーとの運命的な出会いを果たす。そしてたどり着いたのは見たことのない新しい世界だった。最後にウッディが選んだ“驚くべき決断”とは…? >> 続きを読む

    【監督】 ジョシュ・クーリー 【製作】 ジョナス・リヴェラ、マーク・ニールセン 【キャスト】トム・ハンクス、ティム・アレン、アニー・ポッツ、トニー・ヘイル、クリスティナ・ヘンドリックス ほか 【日本版キャスト』唐沢寿明、所ジョージ、戸田恵子、竜星涼、新木優子、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)ほか

    トイ・ストーリー4 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画はどのキャラクターの立場で見るかによって感想がまるで変わると思う。
      アンディとボニーは違う人間。ボニーのウッディへの興味がアンディほどないのも、当たり前っちゃ当たり前。人から『最推しはこの人!』て薦められても、自分に興味がなければそれで終わり。今回ウッディはボニーのお気に入りから少し外れてしまった。(てか急にあんな大量におもちゃもらったり増えたりしたら少なからずお気に入りから外れる子いるよね)
      それでもボニーが持ち主であるから、ボニーの心の平穏を守るウッディは途中まではその信念を貫いていたと思う。

      ただ最終的にウッディは持ちうる全て(1で執着していた自分が一番、ということ、2で執着していた完璧な姿の自分──は2でも若干捨ててるけど、3で執着していたアンディを始めとする持ち主という存在)を手放して、ボニーと仲間から離れる決意をしたけど、その時点でウッディはおもちゃから一歩先へ進んだ存在になった気がする。ウッディはおもちゃだけど、おもちゃではなくなってしまったような感覚がある。……飛躍しすぎかな?
      次作があるとすればトイ・ストーリーじゃなくて、ウッディ・ストーリーかな。(あるいは、ウッディが主人公でないトイ・ストーリー)

      まあ、ありかなしかはっきりとは言い辛いけど、自分的には『なしよりのあり』くらいかな。結局は自分も昔の人間なので、3の大感動でキレイなまま終わっててほしかった。
      >> 続きを読む

      2019/07/14 by esturb

      「トイ・ストーリー4」のレビュー

    トイ・ストーリー4
    トイストーリーフォー

    映画 「トイ・ストーリー4」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画