こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

バーフバリ 伝説誕生 完全版

バーフバリ 伝説誕生 完全版
©ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.
10/26(金)より全国順次公開中!
1クリック登録
公開: 2018/10/26
製作国: インド
配給: ツイン
願えば叶う。
「バーフバリ」伝説はここから始まった!
完全版ついに公開!

    ■公式ホームページ:http://baahubali-movie.com/

    バーフバリ 伝説誕生 完全版 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0 元気が出る

      ごめんなさい、想像を遥かに超える出来でした。
      正直映画の中心がインドといっても過言ではないぐらい壮大で、鮮明な映像の数々であった。
      鑑賞前まで大河ドラマのような感じだと思っていたが、この作品には千円以上の価値があった。確かに最先端のCGと比較すると少しちゃっちいと思うところも多々あるが、映画セットやエキストラの数、そしてストーリーの厚みもあってなにもCGに対しては気を留めなくなった。
      完全版とのことでミュージカルシーンが追加されかなりの上映時間となったが本当に時間が経つのがあっとゆうまでサクサクみることができた。ミュージカルもミュージカル映画によくある仕方なく歌ってる感じはなく、流れに沿っていたのでぜんぜん蛇足感がなかった。
      王の凱旋の完全版も調べたところ近くの映画館で22日から始まるので一刻も早くみたい。

      最後にこの作品にもっと早くに出会うべきでした。
      >> 続きを読む

      2018/11/06 by chinpan

      「バーフバリ 伝説誕生 完全版」のレビュー

    • 5.0 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      なんか、画像がなくて残念。

      私の中の【今年の流行語大賞】は「バーフバリ」になる。
      結局、同じ映画を2回づつ計4回も観てしまった。


      2回目に観て気がついたのは、ジブドゥの成長物語として良く出来ていること。
      ジブドゥは愛する女性のために動く時に、大きく成長するというのがポイントごとによく表現されている。

      最初は育ての母のため石像を動かすとき。

      次は仮面の主である女性に会うために滝を登るとき。

      その次は想いが通じ合ったアバンティカを敵から救い出すとき。
      (アバンティカに初めて会った時も敵に襲われていたが、ジブドゥは隠れて見ているだけで助けない)
      ここでジブドゥは初めて敵と戦う。戦い方は素手。

      そしてアバンティカの代わりに、デーヴァセーナ姫を救い出しにマヒシュマティに向かい、敵と戦うとき初めて道具を使う。しかし刀や槍など、いわゆる武器ではない。

      最後に実の母親であるデーヴァセーナ姫を救うため、初めて刀を使いバドラを殺す。

      最初の石像を動かす時は声も高くおどけたジブデゥ少年、マヒシュマティ王国に姿を見せた時は、声も低く先代王を彷彿させる顎鬚を蓄えた精悍な顔立ちになっている。

      ここからアマレンドラの過去の話が長くなって、その成長物語が薄れてしまうのが残念といえば残念。

      しかし過去話から、愛する女性のために戦ってきたマヘンドラ・バーフバリ(ジブデゥ)が、マヒシュマティ王国のために戦う王へと成長するきっかけになるので、伝説誕生と王の凱旋と通してみるとやむを得ない。

      映画「カメラを止めるな」も2回目に観るとわかることがあるが、バーフバリの場合は「伝説誕生」から「王の凱旋」を観て、もう一度「伝説誕生」を観るのがいい。
      >> 続きを読む

      2018/11/03 by 寺嶋文

      「バーフバリ 伝説誕生 完全版」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    バーフバリ 伝説誕生 完全版
    バーフバリデンセツタンジョウカンゼンバン

    映画 「バーフバリ 伝説誕生 完全版」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画