こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

スーサイド・スクワッド

SUICIDE SQUAD
スーサイド・スクワッド
© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
9月10日(土)丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2016/09/10
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
ヒーローの次は、悪党の出番だ!

悪をもって悪を討つ!

『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』に続く、DCフィルムズ第2弾

スーパーヒーローでは世界は救えない!?
世界崩壊の危機を前に、アメリカ政府がその未来を託したのは、
バットマンやスーパーマンではなく、クレイジーな“悪党”たちだった!

迫り来る世界崩壊の危機を前に、政府は、あるとんでもない決断を下す。
それは、牢獄に捕らえられた悪党たちによる最「狂」軍団を結成するというものだった。
情に厚い凄腕暗殺者、地獄の炎を操る小心者、唯我独尊を貫く女侍、
コンプレックスを抱える怪力男、 トラブルメーカーのブーメラン使い・・・
そして、予測不可能までにぶっ飛んだ女ピエロ、ハーレイ・クイン。
思いがけず“正義のヒーロー”を任された寄せ集めの悪党たちは、世界を救えるのか!?
悪の力が暴発する、クレイジーでポップな爽快アクションエンターテインメント!
>> 続きを読む

    スーサイド・スクワッド の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全40件
    • 4.0 ハラハラ クール

      コミックファンはすごく楽しめると作品だと思います。
      全然知らないと言う方にはおすすめしません。
      僕は楽しめました。

      2019/06/30 by GEED

      「スーサイド・スクワッド」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ クール

      ちょっと辟易しててアメコミヒーローものは見ないことにしてたんだけど…
      コレって視点がまた違うみたいで…
      つい、うっかり観ちゃいました♪
      アメコミのヒーローの「ドリームチーム」ならぬ、ヒーローの敵役の「ワルの寄せ集めチーム」という(´Д`;)
      統制出来んのかと心配ですが、ストーリー上「まともな心」も持ってるサイドストーリーが語られるので一応納得させられることにはなりますね(^_^;)
      ただ、やっぱりワルならではの自分勝手な自由奔放さが描かれてないとアレですよね?
      思ってたより随分と「飼い猫」的な感じもしました。
      編みタイツにハミケツのハーレイ・クインが見れれば良い、という映画でしたか…(゚Д゚)ノオイ!
      >> 続きを読む

      2018/08/08 by motti

      「スーサイド・スクワッド」のレビュー

    • 3.0

      ハーレイ・クインの可愛いビジュアル見たさに観たら、凄いメンバー中で大活躍してるのが少しウケた。
      マンガだから何でもありって思って観るのがいいかな。
      ジョーカーとか絶対にお近づきにはなりたくないけど魅力があって、彼らの作品をもっと見てみたいと思う。

      2018/06/11 by ayahan

      「スーサイド・スクワッド」のレビュー

    • 2.0

       スーパーマンの死から数ヶ月後、米国政府の高官アマンダ・ウォラーは新たなるメタヒューマンへの対抗策として死刑や終身刑になって服役していた犯罪者を減刑と引き換えに構成員とした特殊部隊タスクフォースX。通称「スーサイド・スクワッド」を結成する。

       DCコミックスが放つ宝の持ち腐れ映画。黒毛和牛を使った料理と言われて出されたものが米が生煮えの牛丼だった感じ。
       自他ともに認める悪党だが、彼らのとる悪党らしい振る舞いが、悪党を自称することと火事場泥棒だけ。基本的に何らかが秀でた人間達が政府の無能高官の策略に巻き込まれるという、一般人主人公でもできそうなストーリーとなっており、DCユニバース全体への影響もほぼ無い。
       おそらく真面目な人間が作ったのだろう、ひねりがほとんどないキャラクター像に一本道のストーリー。ゲームにしたら30分で全クリできるボリュームに無駄に、悪党の心理描写をこれでもかと足している。ちなみにアクションも見所が無いので本格的に褒める点が見当たらない。とりあえずマーゴット・ロビーは可愛いが、如何せん狂った役どころを演じるには演技力不足。
       高い出演料の元を取りたいのかはわからないが、やたらウィル・スミス演じるデッド・ショットに焦点が置かれているが、やはり活用できていない。いっそ原作から変更してデッド・ショットを真っ当なキャラクターにして彼の視点からスーサイド・スクワッドの異常性と、中に垣間見える人間らしさを描き出す作りにすれば良かったのではないだろうか。
       工夫次第でいくらでも面白く出来た題材であるし、超優秀なアイコンを所有しているDCがここまでがっかりさせる映画を作ってしまったのは悲しいものだが、いつか脚本にお金をかけてリメイクしてくれることだけを祈って待ちたい。
      >> 続きを読む

      2018/03/28 by answer42

      「スーサイド・スクワッド」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ クール

      スーパーマン亡きあとはこいつらにお任せだ・・とばかりに組織されたその名も「自殺部隊」なんでそうなるのと笑ってしまいますが、さすが原作はコミックですね。内容もごちゃごちゃのごった煮みたいな世界観である意味彼らは怖いものなし。けど時系列的には前作の「バットマンVSスーパーマン」の後の世界の話で一応ジャスティスリーグに繋がっていくような流れですね。スーパーヒーローが駄目だったら次は取り敢えず悪役全員集合だあ~って発想は面白いけどあまりに両極端がすぎるやろ(笑)けどハーレイ・クインってあのジョーカーの彼女だったんですね。 >> 続きを読む

      2018/03/18 by のぶさん

      「スーサイド・スクワッド」のレビュー

    もっとみる

    スーサイド・スクワッド
    スーサイドスクワット

    映画 「スーサイド・スクワッド」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画