こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

洗骨

洗骨
©『洗骨』製作委員会
1月18日(金)より沖縄先行公開、2月9日(土)より全国公開
1クリック登録
公開: 2019/02/09
監督:
製作国: 日本
配給: ファントム・フィルム
最愛の人を失くすのは誰しも悲しい。
だが数年後、その人にもう一度会える神秘的な風習、“洗骨”。
死者の骨を洗い、祖先から受け継がれた命の繋がりを感じる。
ユーモアと感動で世界各国で絶賛を浴びた珠玉のヒューマンドラマ!

    キャスト: 奥田瑛二 筒井道隆 水崎綾女 / 大島蓉子 坂本あきら 山城智二 前原エリ 内間敢大 外間心絢 城間祐司 普久原明 福田加奈子 古謝美佐子 鈴木Q太郎 筒井真理子 監督・脚本:照屋年之(ゴリ) 音楽:佐原一哉 主題歌:「童神」(歌:古謝美佐子)

    洗骨 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 5.0 笑える 切ない 元気が出る

      最近、日本映画が見やすいなぁって思うときが多いです。
      洋画の魅力もたくさんあるのですが、日本映画も良いですよね。

      年齢のせいかもしれませんけど。。。(涙)

      洗骨っていう風習は、知りませんでした。

      劇中の冒頭で、さらっと説明されますが、風化した遺族のお骨を洗って、もう一度埋葬する風習です。
      なんとも、残酷というか、トラウマになっちゃいそうな体験にしか思えないですよね。

      その説明でも言ってますが、実際にお酒飲まないとやってられない人とかいるらしいです。

      物語は、沖縄にある粟国島が舞台です。

      奥さんを無くしてから自暴自棄気味なお父さんがいて、お母さんの洗骨のために長男長女が帰郷します。
      2人は、それぞれ問題というか、やっぱり人生での悩みを抱えていたり、粟国島での周囲の人たちからの揶揄なんかもあったりして。
      物語の最初は、ちょっとトゲトゲした雰囲気が強いです。
      でも、いろんな人の気持ちが響きあったりして、最終的には、爽やかで暖かい雰囲気になっていきます。

      全体を通して、くすっと笑える要素も多いです。

      映像も綺麗だし、都会暮らしだから思うのかもしれないけど、島の生活の魅力も感じられます。

      先祖から伝わる洗骨という風習を通して、人の死と誕生というものを認識する。
      そういうものが、今も継がれているのかなぁって思いました。

      それにしても、本作のQ太郎はずるいです。つぼに入りました。

      この映画を見た後は、ちょっと幸せな気分になります。
      ほっとしたい時とか、お勧めですよー。
      >> 続きを読む

      2019/02/27 by すえきち

      「洗骨」のレビュー

    • 5.0

      こんな風習があるとは、知りませんでした。前半、粟国島の景色や海が広大で、行きたくなりました。また、笑いありのほっこりする映画で、家族の愛情たっぷりな心温まる洗骨を多くの方に、是非見ていただきたいと思いました。

      2019/02/15 by takako

      「洗骨」のレビュー

    • ゴリ監督ってことで話題になってるみたいですね^_^観てみたいです!

      2019/02/16 by nomura

    洗骨
    センコツ

    映画 「洗骨」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画