こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2017
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2017/12/16
製作国: 日本
配給: 東宝
物語は「妖怪ウォッチ」シリーズの主人公・ケータの時代から、30年後の世界。恐るべき妖怪ウイルス『鬼まろ』によって穏やかな日常は終わりを告げる。人類滅亡の危機を救えるのは、妖怪ウォッチに選ばれし者。
新たな妖怪ウォッチを手にし、人間と妖怪の絆を取り戻せるのか!?

この冬、誰も見たことのない「妖怪ウォッチ」が始動する!!

【ストーリー】
これは、ケータたちの世界から30年後の物語。

穏やかな日常は終わりを告げ、運命の日が始まろうとしていた。数千年に一度、地球を襲う最悪の妖怪ウイルス・鬼まろ。人の“悪意”に感染して無限に増殖していく…。

いちはやく異変に気づいたエンマ大王は人間と妖怪の滅亡の危機を救うため、いにしえの力を秘めた『妖怪ウォッチ エルダ』に選ばれし者を見つけだした。なんとそれはケータの娘・ナツメだった!ウィスパーから『エルダ』を受け取ったナツメは、妖気を操る少年・アキノリ、そして伝説の猫妖怪・ジバニャンたちと鬼まろ退治にのりだした。

いっぽう鬼まろは、闇を抱える少年・トウマと契約を交わし、“悪意”を増殖させる邪悪な『鬼(ぎ)眼(がん)ギア』を与える。トウマを利用し、次々と人の心を食らっていく鬼まろ。そして、鬼まろが集めた“悪意”が力をあたえ、最も恐ろしい鬼王・羅仙を蘇らせてしまった!

妖怪史上最大の戦いが今、はじまる!
>> 続きを読む

    映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 2.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      正直今までで1番楽しみにしてました

      30年後
      ジバニャンかわいくない
      ウィスパーがキモい
      コマさんどうしたズラ

      子供無視で大いにぶっ飛ばしてくれるかと思いましたが

      まず30年後というのに必然性がない
      現代設定でもできる話
      単に人間キャラを一新したほうがやりやすくて、妖怪のビジュアル変えて新鮮味出したかっただけに見える

      未来を描いたり未来にタイムスリップする話はテレビアニメの劇場版でもよくある
      その中でもこの設定で圧倒的にファンサービスが少なすぎる
      ナツメさんはケータの娘であることが全然活かされてない
      ウォッチに選ばれた説得力を持たせるためだけ
      ケータは出ない覚悟はしてたけどエンドロールに一瞬出てきただけ…特に深い意味もなし
      お母さんがフミちゃんっぽかったのは、やったねケータ君!!と思った。1番気になってたところ
      別人だったら悲しい

      ウィスパーは途中からついてきてるだけ。最後にちょっとサポートはしたけど
      ジバニャンも中盤頑張ったが終盤は一瞬。今まで活躍してたからいいかもしれないけど、せっかくビジュアル変わったんだからここで出番減らさなくても
      コマさんも人気キャラでなかったら出なくていいレベルの扱い
      吹雪姫やメラメライオン、カッコよく登場もあっさりやられる。悲しい
      ケータ君一瞬で他の過去の人間キャラ全く出ないなら、もっと繋がり感じるエピソード入れないと妖怪ウォッチである意味すらない

      世界滅亡の危機でキャラも変化したとはいえ、ギャグも少なすぎる。てかほぼなし
      子どもの笑い声全く聞こえなかったよ

      トーマ君のドラマは悪くないけど、去年のバレエ女の子のほうが全然よかったよ

      鬼太郎さんとのコラボ
      おまけコラボとしてはなかなかよかったしこの程度の出番なのも予想通り
      ただ鬼太ニャンは一瞬の笑いとコラボ記念とグッズ販売のためで、その後の話には全く関係なし

      エンマ大王との絡みもけっこう無理矢理
      女性ウケ狙って外せないキャラだからか

      トーマ君復活からのみんなで協力しての戦いも、なんか盛り上がらない
      やっぱり新キャラには荷が重いし掘り下げが少ない

      見所は交差点とケータがフミちゃんと結婚できたのかもという希望が持てる描写
      しかし交差点のネタは、今年劇場に来た子どもはわかるのだろうか…わかる子どもはもうこの作品卒業してそう

      続きそうな終わり方しといて、次回作の制作発表なし
      ポケモンに比べて動員が信じられないくらいの落ち方してるし、このまま終わるのか

      終わってもいいけど、あと1本は楽しませてほしい

      思い入れがある作品でもないので、ガッカリ残念ってほどではないけど、これほど抜けてる作品だとは思わなかった
      >> 続きを読む

      2017/12/16 by tky

      「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
    エイガヨウカイウォッチシャドウサイドオニオウノフッカツ

    映画 「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック