こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

レッドタートル ある島の物語

LA TORTUE ROUGE
レッドタートル ある島の物語
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2016/09/17
配給: 東宝
【イントロダクション】
構想10年、制作8年ー―
スタジオジブリ最新作が、フランスからやってくる!

それは、1本のアニメーション映画から始まった。2000年に公開された『岸辺のふたり』(監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット)は、わずか8分間という短編にもかかわらず、父娘の愛おしい絆を丹念に描き、世界中を静かな感動で包み込んだ。そして、アカデミー賞短編アニメーション映画賞など世界各国の賞を多数受賞。同作を観たスタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーの、この監督の長編を観てみたいという気持ちが出発点となった。
はじめての長編制作の打診を受けたマイケル監督は、尊敬する高畑勲監督から、長編映画の制作について助言を受けることを条件にこれを快諾。高畑監督参加のもと、スタジオジブリとシナリオ・絵コンテ作りから効果音・音楽にいたるまで、あるときは直接会い、あるときは海の向こうからデータを送って、節目節目で打ち合わせを重ねた。アニメーション制作の実作業はフランスを中心に行われ、実に8年もの歳月をかけて遂に完成させた。

マイケル監督が、圧倒的なアニメーション力で描く本作は、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門にて特別賞を受賞。この秋、フランス発スタジオジブリ最新作が、日本中を席巻する!

【ストーリー】
どこから来たのか
どこへ行くのか いのちは?

嵐の中、荒れ狂う海に放りだされた男が九死に一生を得て、ある無人島にたどり着いた。必死に島からの脱出を試みるが、見えない力によって何度も島に引き戻される。 絶望的な状況に置かれた男の前に、ある日、一人の女が現れた――。
>> 続きを読む

    【スタッフ】 原作・脚本・監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット 脚本:パスカル・フェラン アーティスティック・プロデューサー:高畑勲 音楽:ローラン・ペレズ・デル・マール 製作:スタジオジブリ/ワイルドバンチ プロデューサー:鈴木敏夫/ヴァンサン・マラヴァル

    レッドタートル ある島の物語 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 3.0 クール

      スタジオジブリ製作。日本・フランス・ベルギー合作。
      無人島に漂着した男が不思議な体験をする寓話ファンタジー。
      全編ほぼロングショット、台詞は一切なしという実験的な意欲作。
      淡々と物語が進むので途中で飽きるかと思ったけれど、シンプルの極地のようなストーリーと、心情が自然に伝わってくる描写の巧みさで、いつも以上に集中して観てしまいました。
      アニメーションのセンスが素晴らしく、映画としてとても質が高いと思います。
      ……かといって面白かったかと問われると疑問符。特に私のような娯楽映画好きにはなかなかに厳しい。
      興業的に失敗したのは納得できるし、名作認定する人が多いのも理解できる。何とも評価に困る映画です。 >> 続きを読む

      2019/04/04 by ででん

      「レッドタートル ある島の物語」のレビュー

    • 4.0 クール

      いわゆるジブリのアニメなんだけど海外のアニメの配給になったカタチでしょうか。
      面白みもない内容と感じられる反面、セリフなしで観る映画、アニメーションという形態、なかなか挑戦的な作品だと思います。
      見る価値アリなアニメ映画だと感じました。

      引き潮のシーンで、これは「来るぞくるぞ」と今の日本人ならわかっちゃいますよね。悲しいかな。

      2018/07/29 by motti

      「レッドタートル ある島の物語」のレビュー

    • 3.0

      映画天国録画。

      映像は美しい。背景のテクスチャーや構図が日本画のようだ。

      だが、ストーリーは時系列に沿って淡々と描写されるので単調さは感じる。昔話のようだという指摘が既にあるが、登場人物に近代的自我の葛藤がないので、その辺も単調さを感じる原因かもしれない。

      むしろ人も島の自然の一部となるその時間の流れを味わう作品なのだろう。
      副題の「ある島の物語」が全てを物語っている感じがする。

      (追記1/7)
      レビューを書いた後から思ったことだが、この映画、亀とか島の自然とか、そういうものをそぎ落としてみると、「男から暴力を受けた女が、男を許し癒す」という構図が浮かび上がるのだよな。そういう意味では陳腐な構図なのだが登場人物の葛藤や内面を描写しないことで神話的な世界に仕立てているとは言える。
      「男を自然に導く女」という描き方も陳腐っちゃあ陳腐ではある。私がこの映画にいまひとつ乗れなかった要因である。
      >> 続きを読む

      2018/01/06 by kurizunb

      「レッドタートル ある島の物語」のレビュー

    • 3.0

      ジブリが海外での合作という形で作った映画。

      基本登場人物はしゃべらない。
      たまにリアクションをするぐらいなので、映像と音楽のみで行動を分からせるドラマ。

      無人島に流れ着いた一人の男が何とか島から脱出しようとする。
      その過程でウミガメと出会い、それが女に変化。
      数年後には息子まで誕生している。

      この映画はとにかく省略の演出が思い切っている。
      なぜウミガメが女に変わるかや、いつの間にか子供が出来ていたりなど、そういう疑問を挟ませず進んでいく。

      こういうことは中々日本では見れないので、その意味では新鮮に映る。
      なのでジブリのアニメをほとんど見ない人の方が楽しめると思う。
      >> 続きを読む

      2017/08/11 by オーウェン

      「レッドタートル ある島の物語」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      ほぼ無声映画!
      神秘的で引き込まれる(^^)
      昔話にありそうな話。

      2017/05/04 by らったった

      「レッドタートル ある島の物語」のレビュー

    もっとみる

    レッドタートル ある島の物語
    レッドタートルアルシマノモノガタリ

    映画 「レッドタートル ある島の物語」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画