こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

斬、

斬、
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER
11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開
1クリック登録
公開: 2018/11/24
監督:
製作国: 日本
配給: 新日本映画社
第75回ヴェネチア国際映画祭 コンペティション部門正式出品
主演:池松壮亮 × ヒロイン:蒼井優
『野火』の塚本晋也監督が挑む!初時代劇

■あらすじ
250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。貧窮して藩を離れ、農村で手伝いをしている浪人の杢之進(池松壮亮)は、隣人のゆう(蒼井優)やその弟・市助(前田隆成)たちと、迫り来る時代の変革を感じつつも穏やかに暮らしていた。ある日、剣の達人である澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の腕を見込んで京都の動乱に参戦しようと誘いをかける。旅立つ日が近づくなか、無頼者(中村達也)たちが村に流れてくる・・・・。 >> 続きを読む

    監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也 出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也 2018年/日本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー 製作:海獣シアター/配給:新日本映画社

    斬、 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0

      2018 年の日本映画

      刀っていうのは魔物なんだなー
      持つと人を斬りたくなる…?

      最後まで緊張感漂っていて、ハラハラしながら観た


      蒼井優の演じた女性は、感情出し過ぎで
      昔の日本の女性ぽくなかった
      >> 続きを読む

      2020/05/31 by ゆ♪うこ

      「斬、」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      「野火」以来久々の塚本晋也監督作だが、劇場公開が少ないし、DVD化もまあ遅い。
      それでも初の時代劇ということで、息詰まる緊張感が最後まで続く。

      杢之進自体の勇壮な殺陣を見るにつけ、大した剣豪なのだろうと思うのだが、それは後半への布石に他ならない。
      流れ者の凄腕やゴロツキ集団への対応。

      勧善懲悪な時代劇を作ろうなどという気はさらさらない意気込みが伺える。
      感情が理性を失う瞬間を描いており、真剣であれば一撃で決まるのが当然である。

      ラストの行き場のない迷走は、もう戻れない象徴なのかもしれない。
      >> 続きを読む

      2019/09/19 by オーウェン

      「斬、」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      最初から最後まで、緊張感みなぎる映画。
      台詞も少なくし説明を最小限に削ぎ落としているのも、緊張感を際立たせている要素。かっこいい。
      木刀での稽古シーンも、本気を思わせる迫力がある。
      主人公たちが覗く、果たし合いの勝敗の決し方が、合理的で斬新。
      時代劇という舞台設定により寓話的になり、テーマ性を強調する役割を果たしている。
      DVDで見たんで、暗いシーンがかなり見にくかった。
      >> 続きを読む

      2019/09/08 by unkuroda

      「斬、」のレビュー

    • 5.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      前に劇場で。
      振り返ると、ラストの森を彷徨うシーンは深みある。
      >> 続きを読む

      2019/07/17 by 水陸宙適C

      「斬、」のレビュー

    • 見間違えかもしれないが、出演者らしきひとが視察を兼ねて見に来ていたような。

      2019/07/17 by 水陸宙適C

    斬、
    ザン

    映画 「斬、」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画