こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

伊藤くん A to E

伊藤くん A to E
(C)「伊藤くん A to E」製作委員会
2018年1月12日(金) 全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/01/12
監督:
製作国: 日本
配給: ショウゲート
廣木隆一監督(『ヴァイブレータ』『軽蔑』)×岡田将生(『銀魂』『悪人』)・木村文乃(『羊の木』『イニシエーション・ラブ』) W主演
柚木麻子の傑作小説、遂に映画化!
全員“伊藤”に振り回される、超モンスター級【痛い男】が、女たちの運命を狂わせる

【!】男子厳禁!女たちの<毒>を観て、幻滅する恐れあり!!

 人の恋愛を覗き見ているような体感と、ヒリヒリするような共感のリアルさが話題沸騰となったドラマ「伊藤くん A to E」が、一層過激になり、岡田将生×木村文乃W主演で映画化(2018年初春公開)を果たす。

 原作は、容姿端麗だが自意識過剰で無自覚に女性たちを振り回す“伊藤”を軸に、【A】から【E】、5人の女の無様な恋愛と成長を1章ずつのエピソードで描いた柚木麻子の傑作小説。

今回のドラマ&映画化にあたり、木村文乃演じる崖っぷちアラサ―脚本家・矢崎莉桜(やざきりお)が、
起死回生を狙って、“伊藤”という同じ名前の男について悩むA~Dの恋愛相談をネタに脚本を書くというアレンジを施し、それぞれのエピソードを重層的に絡ませることで、誰もが予想しえない恋愛ミステリーへと変貌。

甘い恋愛に秘められた、嫉妬、執着、苛立ち、優越感…人間なら誰しもが抱える“毒”が、
刺激的に、鮮やかに描き出される。
今まさに話題の本格派キャスト・監督によるタッグが、どんな化学反応を見せるのか。
女たちの欲望が溢れ出す、誰も観たことがない恋愛ミステリーが誕生する!
>> 続きを読む

    伊藤くん A to E の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      AからE、5人の女を振り回している男がみな同じ男だった。そのクズ男に傷つくけれど、成長していく恋愛ストーリー。成長しているかどうかは別として、岡田くんが演じる伊藤が一番楽しい作品。結局は、どの女も伊藤もどうしようもないやつらだという感じだった。しかし、どの女の気持ちもわからなくもないので、同じような経験していると心が痛くなる。こういう女にはなりたくないし、こういう男にも出会いたくない。けれど、恋は盲目だよね。

      2018/09/10 by ふいり

      「伊藤くん A to E」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      少しミスリードを楽しませてから伊藤とシナリオ講師の関係性がもっと激的になってこないと活きてこないとおもう。

      伊藤くんを演じる岡田将生はへんな役で面白いんじゃないでしょうかw

      (allcinema)
      自意識過剰で無神経などう見てもクズ男のはずの“伊藤くん”に振り回されてしまう5人の女たちの痛すぎる恋愛と成長を綴った柚木麻子の同名ベストセラー連作短編集を「ストロボ・エッジ」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の廣木隆一監督で映画化。主演は岡田将生、木村文乃、共演に佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆。
       一度はヒットを飛ばしたものの、今は売れないアラサー脚本家の矢崎莉桜は、自身の講演会に参加した4人の女性たち【A】~【D】の恋愛相談を新作のネタにしようと企んでいた。【A】~【D】の話を聞いて、そんな男のどこがいいのかと思いながらも、ネタのためにと彼女たちを巧みにけしかけていく莉桜。そうして取材を重ねていくうちに莉桜の中で相手の人物像が一人の男へと集約されていく。なんとそれは、莉桜が講師を務めるシナリオスクールの生徒で、彼女がもっとも見下していた男、伊藤誠二郎だったのだが…。 >> 続きを読む

      2018/09/05 by motti

      「伊藤くん A to E」のレビュー

    • 3.0

      んー…なんだろ?自分探しのお話なのでしょうか。
      岡田将生くんはどの作品でも存在感ありますね。

      2018/08/05 by しげる

      「伊藤くん A to E」のレビュー

    伊藤くん A to E
    イトウクンエートゥイー

    映画 「伊藤くん A to E」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画