こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

エルヴィス・オン・ステージ

Elvis: That's the Way It Is - Special Edition
ジャンル: 外国映画 , ミュージカル・音楽映画 , ロック , ミュージック , ドキュメンタリー , ポップス
公開: 2004/07/31
製作国: アメリカ

    エルヴィス・オン・ステージ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画は、エルヴィス・プレスリーがラスベガスのホテルでワンマンショーを開いた時の記録映画で、「ラブ・ミー・テンダー」や「この胸のときめきを」など全27曲のプレスリーのヒットナンバーがたっぷりと聴ける、私を含むプレスリーファンにとっては、まさしく必見の映画だ。

      この映画の良さは、プレスリーの歌が聴かれるということだけではなく、歌っているプレスリーの細かい動きが、見事に捉えられていることだと思う。

      いや、単に体の動きだけではなくて、彼の心の動きまでが観ている私の心にひしひしと伝わってくるのです。もう汗びっしょりになって、歌うことに全身全霊、全精力をつぎ込んでいる彼の姿が、私に凄い感動を与えてくれるのです。

      ステージに出る前の緊張した彼の心の動き、リハーサルの時に見せる心の優しさ、そこまで彼の心の内面にまで、深くカメラが入り込んで、見事に捉えているのです。

      リサイタルの単なる中継ではなくて、歌うことに全てを賭けている"人間エルヴィス・プレスリー"の姿が捉えられているのです。

      プレスリーほどの大スターでも、舞台に出る前はあがるんだという新鮮な驚き------。とにかく、この映画は彼の感情の動きを実に見事に捉えていて、私が一番感動したのは、もう歌うことに全身全霊を込めている彼の姿そのものなのです。

      本当に燃えているという感じがするのですが、いくらカッコよく歌っても、観る方の心を掴むというのは、また別問題だと思う。

      でも彼の場合は、体全体で、いや心で歌っているのだということが伝わってくるし、ホテルのお客さんに本当に心の底から楽しんでもらう、喜んでもらうことに全てを捧げているように感じるのです。これこそが、まさしく真のエンターテイナーなのだと思います。

      私はこのような燃えている人間に非常に魅かれます。どんな仕事でもそれは同じことで、ある人間が仕事に全てを賭けて打ち込んでいる時、外から見てその人は、本当に美しく輝いているものです。

      この映画は、"人間エルヴィス・プレスリー"の魅力をたっぷり見せながら、人間の生き方というものを、改めて考えさせてくれました。
      >> 続きを読む

      2017/05/24 by dreamer

      「エルヴィス・オン・ステージ」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    エルヴィス・オン・ステージ
    エルビスオンステージ

    映画 「エルヴィス・オン・ステージ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画