こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

マンハント

追捕 Manhunt
マンハント
© 2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
2018年2月上旬全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/02/09
製作国: 中国
配給: ギャガ
追う者、逃げる者、魂の出会い。
伝説再び!時代を撃ち抜く衝撃アクションの数々!遂に日本逆輸入!

STORY

真実を、狩れ。運命を、撃て。

酒井社長(國村隼)率いる天神製薬の顧問弁護士であるドゥ・チウ(チャン・ハンユー)がパーティの翌朝、ベッドで目を覚ますと、社長秘書・希子の死体が横たわっていた。現場には自身の指紋が付いたナイフが置かれるなど、突如として殺人事件の被疑者となった彼は、何者かにハメられたことに気づき、その場から逃走。そんなドゥ・チウを大阪府警の敏腕刑事・矢村(福山雅治)は、新人の部下・里香とともに独自の捜査で追っていく。
カギとなるのは、天神製薬研究員だった婚約者を3年前に失った謎の美女・真由美(チー・ウェイ)。次々と警察の包囲網を潜り抜けていく被疑者に近づくほどに、この事件に違和感を覚え始め、次第に見解を変えていく矢村だったが、ついに真由美の実家である牧場にいるドゥ・チウを捕らえることに成功。だが、手錠をかけた彼とともに、女殺し屋・レイン(ハ・ジウォン)たちからの襲撃に立ち向かった矢村は、彼の無実を確信する。何者かによって捜査が妨害されるなか、身分や国籍を超えた“強く熱い絆”が芽生えた2人はともに手を組み、事件の真相に立ち向かうことを決意する。だが、そこには恐ろしくも、巨大な陰謀が待ち受けていた――。
>> 続きを読む

    マンハント の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 1.0

       酒井社長率いる天神製薬の顧問弁護士であるドゥ・チウがパーティの翌朝、ベッドで目を覚ますと、社長秘書・希子の死体が横たわっていた。

       だっせー。
       「全部格好悪い」作品。ダサい作品は見ていて恥ずかしくなるようなことが多いのだが、本作は鑑賞していて全くと言っていいほど感情が動かなかった。本作は演技力皆無の俳優による魅力の全くない登場人物しか出ないので、一切感情移入できない。そのおかげで赤面することなく最後まで落ち着いて鑑賞できた。
       サスペンスドラマの要素が強いアクション映画であれば、手に汗握る格闘、銃撃シーンと目を離せない展開を期待していたが、終始「どうでもよい」という感想しか抱けないために「鑑賞中に暇になる」という体験ができる。
       小学生に「製薬企業の陰謀」というテーマで物語を作らせても、もっとマシな傑作を作ってきてくれるだろうというレベルの脚本が現況だろう。控えめに言って、頭が悪い以上にセンスや創意工夫がない。人物描写が平坦で、とりあえずで追加される情報に深みを持たせる描写が存在しない。更に心情や展開を全て登場人物の台詞で表現してしまうのには呆れる。13歳の文学少女だってもっと深みのある台詞を考え付くはずである。
       文章にすると辛辣な評価だが、実際の鑑賞後の感情は「無」に近い。能動的に否定しようとしているのではなく、思いついたまま感想を書いていたらこうなった感じ。最初に書いた「だっせー」が究極的な感想だ。
       基本的に時間の無駄なのでおすすめはできないが、友達と酒を飲みながら突っ込みを入れながら見る映画としてはラインナップに入れても良いかもしれない。そういった分類でさえ、もっと向いている映画はいくらでもある。
      >> 続きを読む

      2018/09/27 by answer42

      「マンハント」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「陰謀が バレるきっかけ ちゃちなこと」

      レンタル店でパッケージ借りでした。。φ(..)

      製薬会社の顧問弁護士をつとめる男ドゥ・チウは、パーティの翌朝、社長秘書・希子の死体の横で目を覚ます。現場の状況証拠はドゥ・チウが犯人だと示しており、罠にはめられたと気付いた彼は逃亡を図る。独自の捜査でドゥ・チウを追う敏腕刑事・矢村は、ドゥ・チウに近づけば近づくほど事件に違和感を抱くように。やがてドゥ・チウを捕らえた矢村はドゥ・チウの無実を確信し、警察に引き渡さずともに事件の真相を追うことを決意する…というお話。


      『君よ憤怒の河を渡れ』という作品のリメイクらしいですが、見たことなくて鑑賞。(´・c_・`)

      序盤は『逃亡者』みたいな感じですが、巨大な陰謀は確かにあれど、始まりの理由はちゃちでした。(;゜∀゜)あと日本語だけど吹き替えというかアテレコみたいな部分があってめっちゃ気になる。f(^ー^;

      それらを気にしなければ楽しめると思いますが、手錠で繋がれた状態のアクションはやり過ぎじゃないかな?(笑)というか全体的に一昔前のアクションのような気がする。(´д`|||)

      ジェットスキーのアクションはカッコよかったけども(*´ω`*)

      観客が『ドゥ・チウ』になった気分になる体験型の作品というよりは、ド派手なアクションで観客に『見せるため』の映画といった趣。(-_-)゛黒幕よりもドゥ・チウと矢村の関係性により強くスポットが当たってる気がするし。

      どうせならセクシーなお姉さま方だけじゃなく、桜庭ななみちゃんにもっと活躍して欲しかったな。( ☆∀☆)一番最初にやられたのTAOだったのか(;´_ゝ`)痩せすぎだな〜。




      気になるセリフ
      『男には死に向かって飛ぶことが必要な時もある』


      んでまず(^_^)/~~
      >> 続きを読む

      2018/08/14 by Jinyuuto

      「マンハント」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      舞台は日本の大阪
      いつも見ているあべのハルカスが別の世界のように見える
      いつも見ている中之島の川が違うように見える

      ジョン・ウー作品はいくつも観てきたけれど、それはいつも自分の知らない外国の話だった
      しかし大阪舞台のマンハントを観て、それは全てジョン・ウーが生み出す別の世界だったということがわかった

      映画監督ってすごいなと思ったのが正直な感想、今更だけど
      映像で自分の世界を作っている

      もちろん派手なアクションも白い鳩もお約束
      違法な人体実験が日本で行われるわけだが、これもジョン・ウー世界の日本大阪だからアリ
      倉田保昭が出演しているのも嬉しい
      >> 続きを読む

      2018/02/26 by 寺嶋文

      「マンハント」のレビュー

    • 3.0

      オリジナルの「君よ憤怒の河を渡れ」は未視聴。

      細けぇことはどうでもよくなる映画。
      この映画は銃撃戦カッコイイ!二丁拳銃カッコイイ!水上バイクのチェイスもカッコイイ!男の友情サイコー!女の友情も良い!そして鳩!!という気持ちで見るのがきっと正しい。

      人にオススメできるかといえば微妙だが、私は楽しかった。

      2018/02/25 by kurizunb

      「マンハント」のレビュー

    • 2.0

      オリジナルの「君よ憤怒の河を渉れ」は中国での国民的映画なので、ジョン・ウーも意気込んでリメイクしたのだろう。
      だがオリジナルはかなりぶっ飛んだ映画だったので、それを悪い意味で引き継いでしまった。

      お話は一緒で、犯人にされた中国人のドゥ・チウが逃亡を図る。
      それを追う刑事の矢島が捜査の過程で、ドゥ・チウの無罪を信じ友情が芽生えていくという過程。

      チャン・ハンユーはともかく、もう一方の主演の福山雅治はジョン・ウーの作風とまるで被らない。
      妙にアップが多く明らかに浮いている。
      いや日本人のほとんどが浮いていると言える。

      まともに見れたのは國村隼ぐらいか。
      それと倉田保昭がホームレスとして出ていたが、後半のあのシーンのために出演させたのね。

      二兆拳銃や鳩もかなり微妙に感じたし、冒頭のシーンだけで危ない地雷を踏んだかと思わせたのは間違いではありませんでした(笑)
      >> 続きを読む

      2018/02/19 by オーウェン

      「マンハント」のレビュー

    もっとみる

    マンハント
    マンハント

    映画 「マンハント」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画