こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

散り椿

散り椿
(C)2018「散り椿」製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2018/09/28
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
「蜩ノ記」で直木賞を受賞した葉室麟の名作「散り椿」(角川文庫)原作。
日本映画界に新たな歴史を刻む“美しい時代劇”が登場!

【ストーリー】
享保15年。かつて藩の不正を訴え出たが認められず、故郷・扇野藩を出た瓜生新兵衛(岡田准一)は、連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)が病に倒れた折、彼女から最期の願いを託される。
「采女様を助けていただきたいのです……」と。
采女(西島秀俊)とは、平山道場・四天王の一人で新兵衛にとって良き友であったが、二人には新兵衛の離郷に関わる大きな因縁があったのだ。篠の願いと藩の不正事件の真相を突き止めようと、故郷・扇野藩に戻った新兵衛。篠の妹・坂下里美(黒木華)と弟・藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛の真意に戸惑いながらも、凛とした彼の生き様にいつしか惹かれていくのだった。
散り椿が咲き誇る春――
ある確証を得た新兵衛は、采女と対峙することになる。そこで過去の不正事件の真相と、切なくも愛に溢れた妻の本当の想いを知ることになるのだった……。しかし、その裏では大きな力が新兵衛に迫っていた――。
>> 続きを読む

    散り椿 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      瓜生新兵衛、岡田准一の殺陣が素晴らしかったが、
      ライバル役の榊原采女、西島秀俊の殺陣があまり巧くなく、
      見せ場であるはずのタイマンシーンが微妙で
      勿体無かった。

      それと、ラブロマンス重視過ぎるのもどうかと。
      原作では藤吾の母親で未亡人の里美を独身の姉という
      設定に変更したのもこの関係なんだろうなあ。

      原作を読んだ後だと説明不足に感じるので
      今度はTVシリーズで見てみたいですね。
      >> 続きを読む

      2019/01/06 by UNI

      「散り椿」のレビュー

    • 3.0

      モントリオール世界映画祭での受賞作品との新聞記事を見て、先に原作は購入。
      岡田君主演ってことで飛びついたけど、原作は葉室先生ではないですか。

      前半での殺陣シーンでは血は出ないけど、ラスト近くなるにつれて返り血ブシャーに。
      迫力は増すのだけど、やっぱり血が出ないのが好きだなぁ。

      剣の稽古のシーンがよかった。見入ってしまった。

      役者さんの中には時代劇にそぐわない感じの人も。

      淡々と物語が進行していくので、重要なシーンでちょっと寝落ち。
      午後の鑑賞は避けるようにしよう^^;

      帰宅後、原作をパラ読みしてみると、ストーリーの流れが少し違うところがあるようなので
      もう一回観ようか迷う。

      風景がとても美しかった。


      ※追記
      造園関係の冊子でたまたま作中の散り椿の撮影秘話を読んだ。
      えらい苦労があったようです。興味深く読みました。
      >> 続きを読む

      2018/11/16 by ちっちゅう

      「散り椿」のレビュー

    散り椿
    チリツバキ

    映画 「散り椿」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画