こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

500ページの夢の束

PLEASE STAND BY
500ページの夢の束
©2016 PSB Film. LLC
2018年9月7日(金)より新宿ピカデリー ほか全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/09/07
製作国: アメリカ
配給: キノフィルムズ/木下グループ
ダコタ・ファニング×『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』 のプロデューサーが贈るハートフルストーリー

■ストーリー
『スター・トレック』が大好きで、その知識では誰にも負けないウェンディの趣味は、 自分なりの『スター・トレック』の脚本を書くこと。自閉症を抱える彼女は、ワケ あって唯一の肉親である姉と離れて暮らしている。ある日、『スター・トレック』脚 本コンテストが開催されることを知った彼女は、渾身の作を書き上げるが、もう 郵送では締切に間に合わないと気付き、愛犬ピートと一緒にハリウッドまで数 百キロの旅に出ることを決意する。500ページの脚本と、胸に秘めた“ある願い” を携えて― >> 続きを読む

    監督:ベン・リューイン 製作:ダニエル・ダビッキ ララ・アラメディン トッド・ワグナー ベン・コスグローヴ 脚本:マイケル・ゴラムコ 撮影:ジェフリー・シンプソン 編集:リサ・ブロムウェル, ACE 美術:ジョン・コリンズ 自閉症演技指導:エレーヌ・ホール 【原題:PLEASE STAND BY/2017年/アメリカ/英語/93分/カラー/シネマスコープ/ 5.1ch/日本語字幕:桜井裕子】 配給:キノフィルムズ/木下グループ ©2016 PSB Film. LLC 公式サイト:http:// 500page-yume.com

    500ページの夢の束 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 4.0 切ない ハラハラ 元気が出る

      自閉症の子が、犬と一緒に一人旅・・・途中、とってもハラハラするんですが、観ながら気づけば応援してましたね。
      自閉症でなくても、何か新しいことを始めたり、チャレンジする時って、勇気がいる。
      そんなことあったなぁと思い出してみたり。チャレンジしようとしてる人は、勇気もらえるかも!

      2022/02/12 by mika

      「500ページの夢の束」のレビュー

    • 4.0

      ハンディキャップ有る無しなんて、関係無し。
      何かのヲタ同志は、直ぐ話せる、心許せる、分かり合える。
      素敵なストーリー!!!

      2021/11/07 by chikako

      「500ページの夢の束」のレビュー

    • 5.0 切ない ハラハラ 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      自閉症でスタートレックオタクの女の子が困難を乗り越えて成長していく物語。アイアムサムで天才子役として名を馳せたダコタファニングの名演技が光る名作だ。刺さらない人には退屈な映画かもしれないが、個人的には好きなジャンル。スタートレックの世界観を詳しく知っていればもうちょっと楽しめたかもしれないが、あまり知らなくても大丈夫。最後の方で、人の良いおまわりさんがクリンゴン語で語りかけるシーンがツボだった。あ、これネタバレか。。。 >> 続きを読む

      2020/04/25 by もかぽん

      「500ページの夢の束」のレビュー

    • 3.0

      久しぶりのダコタファニング(笑)スタートレックの脚本コンテストに作品を持ち込もうと自力で旅に出る自閉症の女が主人公!なかなか上手く人と関われないせいで、四苦八苦!でも、勇気を出して自分の力で解決しようとする姿は、なかなか感動もの!想像より、良かった( ̄▽ ̄)

      2020/04/24 by あっちゃん

      「500ページの夢の束」のレビュー

    • 4.0 笑える 元気が出る

      自閉症でスタートレックマニアの女性がスタートレックの脚本コンテストに自分の作品を応募する為、旅に出るというロードムビー。
      恐らく主演がダコタ・ファニングでなかったら、つまらないロードムービーの一作品で見ることもなかった映画だと思う。
      やはりダコタ・ファニングの演技力は卓越していると再認識させられた。
      すでに手垢のついたようなストーリーの作品でさえ、彼女が主演を演じる事で、生き生きとした躍動感のある作品になってしまう。

      米国ではあまり評価されなかった作品だった様だが、日本時の感性にはフィットするような気がする。 >> 続きを読む

      2020/04/11 by kuniyan

      「500ページの夢の束」のレビュー

    もっとみる

    500ページの夢の束
    ゴヒャクページノユメノタバ

    映画 「500ページの夢の束」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画