こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

グレイテスト・ショーマン

THE GREATEST SHOWMAN
グレイテスト・ショーマン
©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
1クリック登録
公開: 2018/02/16
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス映画
ヒュー・ジャックマン×『ラ・ラ・ランド』の製作チームが贈る映画史上最高にロマンティックな感動ミュージカル・エンタテイメント、開幕!『レ・ミゼラブル』の熱唱で世界を泣かせたヒュー・ジャックマンが、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞した才能溢れる音楽チームとコンビを組み、映画史に残るゴージャスでスペクタクルなミュージカルを完成させた。主人公のP.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。誰もがオンリーワンになれる場所をエンターテインメントの世界に作り出し、人々の人生を勇気と希望で照らした実在の人物だ。そんなバーナムを支えたのは、どんな時も彼の味方であり続けた幼なじみの妻チャリティ。彼女の愛を心の糧に、仲間たちの友情を原動力に、バーナムはショーの成功に向かってひたむきに歩む。その刺激的な人生のストーリーを彩るのは、圧巻の音楽と胸躍るミュージカル・シーン、ゴージャスな映像、そして心揺さぶるドラマ。あなたが求めていた映画のすべてが、ここにある。 >> 続きを読む

    グレイテスト・ショーマン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全51件
    • 4.0 元気が出る

      夢に溢れながらも、成り上がるバーナム。しかし、背景はかなり暗い。団員達もコンプレックスや差別、貧困がある。家族にも隠され、自信なく生きていた彼ら。最初は見世物だったかもしれないが彼らに生きる舞台を与えた。そう言う意味では生の讃歌という物。なにせ、小人症の人まで出して彼らをイキイキと活躍させている。そういう意味だとバーナムも貧困の中で差別され、見返す為にやりすぎた。それでも残る人たちがいた。バーナムも同じだから気分がわかったんだろうな。夢と誇り溢れるいい作品でした。

      2018/09/18 by 無月斎

      「グレイテスト・ショーマン」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      凄く面白かった!正直ストーリーはありきたり。ですが演出、歌、ダンスが素晴らしくミュージカルとして最高の映画でした。貧困や差別など背景がなかなか重いですが、暗くなりすぎず軽くもなく明るい気持ちで観賞できるのが良かった。

      2018/09/16 by さくら餅

      「グレイテスト・ショーマン」のレビュー

    • 3.0

      リベラリズムの伝道者も、バーク以来の保守主義の牙城のイングランドで権威主義的な保守主義に感化されたか。
      そのような偶然で幼稚なリベラリズムの上に成り立っていた偉大なるショウマンも、結局は全て失い、自由こそが武器だと最終的に気付かされた。
      『レント』に通じるメッセージ性があり、しかし同時にメッセージ性はまったくなく、妙ちきりんなハッピーエンドで終了。
      見るべき素材、例えば「Never Enough(実際のタイトルは知らないが、多分こうだろう。今Wikipediaを見たらやっぱりそうだった)」の歌などは十分だけに、なんとも消化不良で残念無念。
      『レント』や『ラ・ラ・ランド』は遥か彼方に。
      >> 続きを読む

      2018/09/11 by taku

      「グレイテスト・ショーマン」のレビュー

    • 5.0

      ミュージカル系はなんとなく避けていたが、非常によかった。サントラ買おう。
      フィリップいいやつすぎ@トルコ行きの機中

      2018/08/31 by kea

      「グレイテスト・ショーマン」のレビュー

    • 4.0 泣ける

      鑑賞メーターがさサービス終了だってからこっちへね (^^)/

      社会の底辺から障碍者を集めたショービジネスで駆け上がった男バーナム(ヒューもしくはウルヴァリンヽ(・、 .)コケッ)は成功に調子づき蹴躓くわけだ!
      底辺にいた者の悲哀というか、つい上流社会の一員になろうとするわけね。あるきっかけで出会った、ヨーロッパのオペラ歌手を口説き全米で講演する。
      この最初の講演シーンでのバーナム・バーナムの妻・歌手・右腕フィリップ・団員アン の細かな目線での感情表現が作品を厚くしたね!
      底辺から上流へ、そして慢心からどん底へ落ち、そして虐げられていた障碍者たちが、バーナムを励ますあたりに心振るえるね!
      バーナムの愛ゆえの献身的な妻(ミッシェル)の演技が良い塩梅に心捕まえてくれるわ。踊りも歌も良かったわ。

      文字制限がないここは、どこまで書けばよいのか戸惑いながらの初稿じゃ
      今後とも懇意にしてたもれ (^^)/
      >> 続きを読む

      2018/08/23 by とく たま

      「グレイテスト・ショーマン」のレビュー

    もっとみる

    グレイテスト・ショーマン
    グレイテストショーマン

    映画 「グレイテスト・ショーマン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画