こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

セブン

Seven
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ホラー , ドラマ
公開: 1996/01/27
製作国: アメリカ
配給: ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ

    セブン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全37件
    • 評価なし

      キリスト教の"七つの大罪"になぞらえた連続殺人事件を二人の刑事が追う。

      2020/09/08 by Silencer

      「セブン」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
       サイコクライムサスペンス史に残る映画の一つ。
       7つの大罪を元に行われた連続殺人の犯人を追うストーリー。町全体の陰鬱な雰囲気が凄惨な事件とマッチしていて、ラストも相まって見終わってげんなりすること請け合い。2時間という長めの尺ながら濃密な内容と演出で、あっという間に時間が過ぎていく。登場人物もサマセット刑事とミルズ刑事の二人とその関係性も魅力的に掘り下げられていてその点も面白い。映画はラストに収束して展開していくものだけれど、この映画は特にそれを感じさせる作りで、演出やセリフだけでなく予想を裏切る展開すらシナリオ通りで、(言ってみたら当然なのだけれど)予想を裏切られたはずなのに納得してしまうほど素晴らしい。ただ謎解きと言う点では唐突に答えを突き付けられる感もするので、物足りない気がするかも。自分は視聴に夢中になってたので全然気にならなかったけれど。
       また終盤の展開は衝撃的。(と言っても道理が通っているものだけれど)ただ自分は胸糞悪いものではなく、素晴らしい世界ではないけれどむしろだからこそ、戦う価値があるものだというとても前向きなラストだと思う。
       ホラーとしてはジョン・ドゥとその犯行がメイン。ただ殺すのではなく、7つの大罪に見立てた異常な方法で殺す(或いは死ぬように仕向ける)のが特徴で、直接的なグロいシーンは殆ど無いものの一目で凄惨だとわかるもので、ラスト直前の霊のシーンもそれまでの描写により強烈な印象になる。若干魅力に欠ける気がしないでもないけれど、それはキリスト教に馴染みがないからかも。犯行を完遂したのはお見事。
       文句なし!映画好きでもそうでなくても、一度は見ておきたい作品。
      >> 続きを読む

      2020/02/05 by 僕川獺

      「セブン」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      宗教観が違うので、アメリカでの評判ほど怖さがなかった。

      2019/06/26 by tokkun1002

      「セブン」のレビュー

    • 5.0

      もっとグロいと思っていたが、映像が綺麗。
      ラストは予想できる展開だが、とてもうまくまとまっていて秀逸。

      2019/05/19 by apricot_88

      「セブン」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ クール

      最後の鉄塔が出てくるシーン。あのシーンがとても好き。
      キリスト教については全くの無知ではあるが『ダヴィンチ・コード』シリーズより解り易くて良い。

      2018/10/06 by ふるとん

      「セブン」のレビュー

    もっとみる

    セブン
    セブン

    映画 「セブン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画