こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

フランケンウィニー

Frankenweenie
ジャンル: キッズアニメ・映画 , ファンタジー , アニメ , ファミリー
公開: 2012/12/15
製作国: アメリカ
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

    フランケンウィニー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 3.0

      ティム・バートンのすべて


      こないだDVDでおなじみのコンビ、ジョニーデップと組んだ「ダーク・シャドウ」を見たばかりだけど、どうもあの手のやつも飽きてきたというか...。
      そこへ行くと今回、コレいいじゃないですか!
      ティムバートン監督はもともとアニメ畑の人で、このネタはずっと温めてきたもの。
      まぁ昔にいちど作ったのものを引き伸ばしてるだけのきらいはありますが逆にこれこそ彼の入魂の作品なわけである!

      ヨカッタですこれ♪

      (allcinema解説)
      ティム・バートン監督が自身の少年時代の思い出から紡ぎ出した84年の同名短編フィルムをストップモーション・アニメで長編化した白黒3Dのファンタジー・コメディ。孤独な少年が愛犬の死を受け入れられず、その亡骸を禁断の実験で甦らせてしまったばかりに、やがて町中を巻き込む大騒動に発展してしまうさまを、グロテスクでありながら愛嬌あふれるキャラクターにブラックな笑いとピュアで切ないストーリーを織り交ぜて描き出す。
      小さな街に暮らすヴィクターは友達のいない孤独な少年。科学が大好きな彼は屋根裏で発明や映画作りに熱中する日々。しかし、そんな彼の隣には、片時も離れない最高の相棒がいた。それが愛犬のスパーキーだった。ところがある日スパーキーは事故に遭い、命を落としてしまう。その事実を受け入れることができないヴィクター。彼は科学の授業をヒントにスパーキーを生き返らせる実験を思いつき、嵐の夜、ついにそれは成功し、継ぎはぎだらけのスパーキーと感動の再会を果たすのだったが…。
      >> 続きを読む

      2019/11/21 by motti

      「フランケンウィニー」のレビュー

    • 4.0 笑える 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      愛するペットと死別した悲しみは、心に深く刻み込まれるものだ。

      この「フランケンウィニー」は、「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督が、その記憶を得意のダークファンタジーへと昇華させた白黒の3Dアニメーション映画だ。

      科学好きな少年ビクターの親友は、ブルテリアのスパーキー。
      ある日、スパーキーは車にはねられ死んでしまう。
      悲しみに暮れるビクターは、科学の授業にヒントを得て、愛犬を生き返らせようと決意する。

      スパーキーは驚くべき方法で見事よみがえる。
      一方、その秘密を知ったクラスメートが次々と、とんでもない物をよみがえらせ、町中が大混乱に陥ってしまう。

      絆で結ばれたペットを生き返らせたいという、子供の無垢な願いを体現したこの物語は、ティム・バートン監督が1984年に撮った30分ほどの実写の短篇映画が基になっているんですね。

      子供の頃に飼い犬を亡くしたというバートン監督の、犬に対する愛情が全篇にあふれているんですね。
      そして、ビクターにはバートン少年が抱いた思いが投影されているのだと思う。

      ビクターが科学の知識を総動員して愛犬をよみがえらせたり、騒動を収めたりするシークエンスはとても興味深く、我ら怪獣映画ファンがニヤリとするような展開も実に楽しい。

      スパーキーや登場するキャラクターは、一見不気味なビジュアルだが、パペットを少しずつ動かして撮影するストップモーション(こま撮り)という、ある意味、原始的な手法が生み出した質感が、不思議な魅力を醸し出していると思う。

      無邪気にじゃれるスパーキーのしぐさは、まさに犬そのものだ。
      首からボルトが飛び出した継ぎはぎだらけの"フラン犬"のキモ可愛さに魅了されましたね。
      >> 続きを読む

      2018/08/22 by dreamer

      「フランケンウィニー」のレビュー

    • 評価なし

      映画公開時にチェックしていたが、時間の都合で見送っていた作品。まず映像がすごい。これだけ3Dのキャラを違和感なく動かせるのはやはりアニメの技術力の高さがあるからだと感心した。話は途中からスピルバーグの「グレムリン」を見ているよう。この技術でグレムリンを作ってくれないかなあと変な想像をしてしまった。総合的には普通かな。

      2016/03/03 by おにけん

      「フランケンウィニー」のレビュー

    • 4.0 切ない

      ティム・バートンがデビュー以前に撮った短編アニメを、有名になった今敢えて長編として新たに製作された。
      短編の中身は見てないが、自身の持つホラー映画や日本の怪獣映画へのオマージュをまぶした仕上がり。

      ポスターでも分かる通り、犬に縫い目が施されており死んだ犬を甦らせるという、まさにフランケンならぬフラン犬(笑)
      アニメでこれをやるのだから子供向けとは思えないほど。

      ゴジラらしき怪獣を冒頭に出したかと思えば、中盤にはもう一匹の日本の有名怪獣そっくりが登場する。
      さらにはドラキュラやミイラなど思わせる場面も続々。

      だがしかしバートンは物語以上にスパーキーに愛情を抱いているのだろう。
      だからこそあのラストになったのも頷ける。
      >> 続きを読む

      2015/11/05 by オーウェン

      「フランケンウィニー」のレビュー

    • 2.0

      ティムバートン好きですが、これはなんとも…ガメラ…。

      白黒で夫婦が観ている映画が実写など面白い点もいくつかあるんですが、
      それよりもイライラする点が目立ってなかなか楽しめなかったのが残念です。

      白黒だからあーゆー落ちも細かな設定もぶっとばしても仕方ないなあって思わせるのは凄いかなw

      でも現代からするともう少し設定は欲しかったなあ。
      とりあえず学校の友達?と街の人にイライラするばかりだね。
      >> 続きを読む

      2015/02/17 by Gomez

      「フランケンウィニー」のレビュー

    もっとみる

    フランケンウィニー
    フランケンウィニー

    映画 「フランケンウィニー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画