こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

リンカーン

LINCOLN
ジャンル: 伝記 , ドラマ , ドキュメンタリー
公開: 2013/04/19
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス映画

    リンカーン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全11件
    • 3.0

      価値があるとおもう

      「カラーパープル」を見たときは「何してんねんスピルバーグさんは!」と思ったものだけど(;´Д`)
      あれから時折"硬派な路線"で映画を撮っているけど「シンドラーのリスト」かなんかは絶賛されていましたよね。

      で、本作もシリアス路線。
      アメリカの歴史上重大なことを「再現ドラマ」でやってみました的な。

      まぁ、お勉強になりますたねw

      (allcinema解説)
      「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」の巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が、“アメリカ史上最も愛された大統領”エイブラハム・リンカーンの偉大な足跡を映画化した感動の伝記ドラマ。国が大きく分断された過酷な状況において、リンカーンはいかにして奴隷解放という大いなる目的を達成するに至ったのか、その知られざる政治の舞台裏を、理想のリーダー像という視点から丁寧に描き出していく。主演は本作の演技で「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」に続いて、みごと3度目のアカデミー主演男優賞に輝いた名優ダニエル・デイ=ルイス。共演はサリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、トミー・リー・ジョーンズ。
      南北戦争末期。国を二分した激しい戦いは既に4年目に入り、戦況は北軍に傾きつつあったが、いまだ多くの若者の血が流れ続けていた。再選を果たし、任期2期目を迎えた大統領エイブラハム・リンカーンは、奴隷制度の撤廃を定めた合衆国憲法修正第13条の成立に向け、いよいよ本格的な多数派工作に乗り出す。しかし修正案の成立にこだわれば、戦争の終結は先延ばししなければならなくなってしまう。一方家庭でも、子どもの死などで心に傷を抱える妻メアリーとの口論は絶えず、正義感あふれる長男ロバートの北軍入隊を、自らの願いとは裏腹に黙って見届けることしかできない歯がゆさにも苦悩を深めていく。そんな中、あらゆる手を尽くして反対派議員の切り崩しに奔走するリンカーンだったが…。
      >> 続きを読む

      2020/03/08 by motti

      「リンカーン」のレビュー

    • 5.0 泣ける 元気が出る

      アメリカが強いわけだ。良くも悪くも、自身達が築き上げた誇りがあるんだな。だからこそ、皆で考えて決断し、歩んできた。リンカーンが奴隷制度を変る苦難は凄い、神が作った人間の違いで否定するとか、自由にしても選挙権をどうするかと、確かに問題はあった。理想で進めた訳でなく、生臭い欲や戦争などもあった。しかし、支配された側ではなく支配してたが側からリンカーンが出たのがスゲェ。

      2018/09/20 by 無月斎

      「リンカーン」のレビュー

    • 4.0 泣ける

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      アメリカ新大統領のニュースを聞かない日はない中、この映画は本当にしみました。学校で習う程度の知識しかなかったのですが、有名な演説の有名過ぎるフレーズは、あえて冒頭で兵士に言わせる。そして中盤の「今いる人たちだけではない。これから生まれてくる無数の人たちのためだ。」奴隷解放、この後の混乱も踏まえて、よりリアルに描かれています。こういう作品を観ると、勝手な言い分なのですが、アメリカには常に正義を誇りにして欲しいと思わずにはいられません。 >> 続きを読む

      2017/02/05 by maro

      「リンカーン」のレビュー

    • 2.0

      「人民の、人民による・・・」のあのゲティスバーグ演説が物語のクライマックスになるんだろうなと勝手に思い込んでいたので、映画がその後から始まっていることにまず驚きました。
      (後でよくよく調べてみたら、確かに演説シーンは史実ではクライマックスになるようなドラマティックな感じではなかったみたいです)

      日本では、なかなかここまでアメリカ史を突っ込んで習うわけではないので、最初何が物語の焦点になっているのかちょっと分かりづらかったです。

      個人的には、ロビイストたちが思いっきり汚れ仕事をやっている感じとかが興味深かったです。
      当初、アメリカでロビイストといえば、自分たちの利益のために票をお金で買い、真実を捻じ曲げたりする「bad name」だったと、ちょうど何かで読んだところだったので(い、今は違うよね!)、彼らの役割とリンカーンのドラマ上でのかかわり具合をとても楽しんで見ていました。
      なかなか憎めない魅力的な3人として描かれていて。

      そして、エンドクレジットを見て、びっくり!!!

      ロビイストのリーダー格の男が、ジェイムズ・スペイダーですと!?
      あの、「ぼくの美しい人だから」の? 「セックスと嘘とビデオテープ」の?! 
      知的で繊細な都会のホワイト・カラ―のイケメン優男というイメージだったのですが。
      いやぁ、演技派というか、なんというか、全然気付かなかったです。
      思わず巻き戻してもう一回登場シーンを見ちゃいましたよ。

      ある意味感動しました。彼の幅の広さに。
      >> 続きを読む

      2016/12/19 by みけ猫

      「リンカーン」のレビュー

    • 2.0

      重すぎるほど重く、採決などの無駄なシーンが長く、戦争のシーンだけはやたらと残酷でリンカーンの良さがあまり伝わってこなかった…
      奴隷解放の憲法改正に向けた政治交渉や裏取引のシーンがやたらと長く辟易とした
      結局はアメリカという国はこういう薄汚れたネゴシエーションの上に成り立っているのだと感じさせられて、それ以上の感動もなかった…
      事実はこうなのかもしれないけれど映画としてはイマイチな出来だと思います

      2016/09/21 by YSL

      「リンカーン」のレビュー

    もっとみる

    リンカーン
    リンカーン

    映画 「リンカーン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画