こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ブレードランナー

Blade Runner
ジャンル: 外国映画 , SF , アクション
公開: 1982/07/10
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    ブレードランナー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全28件
    • 4.0

      初めて見たけど、このアジアをミックスしたカオスな雰囲気やネオンとかの近未来感が好きだな。現代でも憧れてしまうカッコよさ、Akiraはモロにブレードランナー の影響があるのが分かるね!ブレードランナー の中でもラッセーララッセーラって聞こえるの気のせいかな?

      お話もいろいろ考察できるから、見たもの同士で
      喋れるのも楽しい。


      あと2日で2019年、車は空を飛んでいないけれど
      AIも注目されだして、人間がAIをコントロールできなくなるのが2045年と言われているけれど、人間同士すら争うのにロボットとの共存なんてどーなるんだろ。
      >> 続きを読む

      2018/12/29 by sayonara-3

      「ブレードランナー」のレビュー

    • 中学生のころに作品を観てかなり衝撃を受けました。
      サイバーパンクの代表作ですよねー
      AKIRAのラッセーラの掛け声もめっちゃ印象に残りますよね。(笑)
      >> 続きを読む

      2019/01/07 by すえきち

    • 私は今回はじめて観て、それでも古く感じず
      カッコいいと思えるって凄いですよね!
      ルトガーハウアーの演技も圧巻でした。 >> 続きを読む

      2019/01/08 by sayonara-3

    • 4.0 ハラハラ

      とても36年前の作品とは思えない。
      近未来(と言っても2019年)の白人がマイノリティとなったロスの街並みがカオスである意味リアルで良かった。
      決して派手なアクションの連続という訳では無いけれど、常に緊張感があって不思議な作品だった。
      36年前はさぞかし衝撃的な映画だったろうな。

      2018/11/23 by キトー戦士

      「ブレードランナー」のレビュー

    • 5.0 クール

      世界観がすべて!!

      「雨」そして、「強力わかもと」!

      以上。

      2018/07/06 by motti

      「ブレードランナー」のレビュー

    • 3.0 クール

      サイバーパンクの金字塔

      期待度★★★★★

      サイバーパンクを一気に夜に知らしめた作品。世界観が素晴らしい
      だが内容は期待はずれだった
      考察を楽しむ系の映画?

      2018.04.08追記
      最近原作も読んだ
      >> 続きを読む

      2018/04/08 by もろやま

      「ブレードランナー」のレビュー

    • 5.0 切ない ハラハラ クール

       21世紀初頭、タイレル社は遺伝子工学技術の進歩により、レプリカントと呼ばれる人造人間を発明した。彼らは優れた体力に、人間と同等の知性を持っていた。
       2年程前にファイナルカットエディションを鑑賞して以来だったが、ストーリーを大体忘れていて驚く。ただし世界観はやはり鮮明に覚えていた。2049鑑賞後に今回鑑賞したが、よい意味で別物の映画であった。
       本作は映画史上最高の独創性の中に死生観を織り交ぜた傑作であったが、2049は人間とは何かというテーマをこれ以上無いほどに掘り下げた大傑作であった。脚本だけで観れば本作は良くも悪くも言葉足らずで、テーマ性が強烈になった2049にはかなわないものの、2049は本作をこれでもかというほど上手く活用した出来になっており、現在からすると両作品が互いを補完して傑作たらしめている。
       今回3バージョンを収録したクロニクルDVDを購入して鑑賞した感想として、ブレードランナー初体験をファイナルカットエディションにしていて良かったということがある。元々はファイナルカットエディションが大元であったが、試写会での評判から心情吐露のナレーションやドライブシーンが追加されたということで、映画そのものは公開順と逆の経緯を辿っている。そして個人的な感想として、ナレーションやドライブシーンは蛇足であり、初回はファイナルカットエディションを鑑賞することが望ましい。
       そして忘れてはならないのはルトガー・ハウアーの名演だろう。本作が2049に絶対的に勝っている点があるとすれば彼の演じるロイの台詞だろう。俳優自ら考えての台詞であったために後にも先にも有り得ない最高のシーンとなっている。
       本作の持つ神秘性や文学性は間違いなく一級品であり、リドリー・スコットの最もキレのある時期の傑作を観るのであれば、本作のファイナルカットエディションに比肩するものは無いだろう。
      >> 続きを読む

      2017/12/31 by answer42

      「ブレードランナー」のレビュー

    もっとみる

    ブレードランナー
    ブレードランナー

    映画 「ブレードランナー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画