こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

インセプション

Inception
ジャンル: SF , アクション
公開: 2010/07/23
製作国: アメリカ
配給: ワーナー

    インセプション の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全53件
    • 4.0 ハラハラ

      お前の頭へ侵入する

      期待度★★★★☆

      内容が難しいがメメントほどではない
      設定がパプリカと似ている。というかパプリカに影響受けてる
      「トラウマ」と「仕事」のバランスがちょうどいい >> 続きを読む

      2018/04/08 by もろやま

      「インセプション」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ クール

      テレビ放送を録画して再視聴

      もうあれから8年も経つんだなぁ。。。。。
      時の流れるのは早い。
      あの当時はセンセーショナルな映像とコンセプトに惹きつけられていましたが
      久しぶりに観てみると全く違った印象を受けました。
      最初に映画館で見たときは映像と設定に着いていくので精いっぱいでほとんど内容は
      理解できてなかったような気がします。
      今回も1度見ただけではすっきりせず結局、2度見てしまいました。
      こういう不思議な設定や映像に慣れたせいもあるのかやっと内容を追えたような気がします。
      ただでさえ人間は対人関係に疲れたり思うように物事が進まないと
      現実逃避したり引きこもったりする性質があるので
      あのような隠れ家があれば、ほとんどの人は夢の世界を現実だと思い込む、思い込みたいと
      考えるのが普通のような気もします。
      現代のネットの世界も近いものがあるし、ヴァーチャルリアリティの世界がもっと進めば
      同じようなことが現実になる日も案外近いのかもしれません。
      アイデアさえ提示されれば実現するのにかかる時間がどんどん短くなってますしね。
      結局、この産業スパイチームは悪いことをしているにも関わらず、ライバル企業の次期社長の
      父子関係を修復し、コブは妻とのトラウマを克服して子供のもとへ帰り、死にかけていた
      サイトーをも虚無の淵から救出するという
      なんとも不思議な救世主感を醸し出してエンディングを迎えます。
      これだけ派手な演出をしても結局のところは人間のドラマなんですね。
      いろいろと矛盾を感じるところもあったけどこのアイデアと映像は永遠に残っていくでしょうね。
      >> 続きを読む

      2018/03/22 by YSL

      「インセプション」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ クール

      この映画の主題は、
      【トラウマは解決できるのだ】
      たとえそれが夢の中だとしても。

      そして、【過去に縛られるな、今に目を向けろ】

      積み重ねてきた過去が自分を作ってるんだと
      人は信じている。だから、
      過去のエモーションに振り回されて
      それらと辻褄を合わせようと必死なんだ。

      しかし、過去の過ちや、過去の自分は、
      コントロールできない。
      だから、否定するな、軽蔑もするな。
      ただ、受け入れろ。

      今の君には、過去も未来も一切関係ない。

      「今」この瞬間を全力で生きろ。
      「今」息をしてる。
      それがどれだけ尊いか。気づけ。


      今年イチの映画だった『インセプション』
      繰り返しまた観たいと思う。
      >> 続きを読む

      2018/01/02 by るなるん

      「インセプション」のレビュー

    • 4.0

      出張先でFire TVで視聴。潜在意識というどうにでも解釈を設定できるテーマを扱っているが上手くバランスがとれており徐々にストーリーにのめり込んでいけた。渡辺謙がディカプリオに引けを取らない存在感を示していたのはさすが。後半のホテルの場面の映像は重力の変化を自然に表現していて驚かされた。ラストも視聴者に問いかける終わり方で視聴後感も心地よかった。

      2017/12/16 by mitsukage

      「インセプション」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ クール

      ネットで視聴(英語字幕)

      原題:Inception

      監督はクリストファー・ノーラン。
      バットマン・シリーズやマン・オブ・スティールの監督でもあり、これまでこの監督の作品をいくつも見てきたが、「インセプション」は、その中でもベスト。
      最初から最後まで目が離せない。

      惜しむらくは、あれだけの俳優陣を揃えながら、キャラクターの描き方が平板になってしまったこと。
      おそらく、メインストーリーだけで2時間半という長尺になってしまったため、脇役の描き込みの部分を、かなり削り落としてしまったのだろうと思う。
      そのせいか、映画を見終わった後の印象が意外と薄い。

      SF系の映画のセリフはやはり難しい。
      SFモノでは小説でも映画でも、疑似科学用語を使って主人公たちを取り巻く状況をもっともらしく説明する場面が必ず出てくるけれども、英語でそれをやられると、なかなか大変である。

      この映画では、それ以外のセリフの部分も凝っていて、特に最後の場面、父フィッシャーの決定的に重要なセリフ、

      I was disappointed that you tried.

      の意味がすぐには分からなかった。
      この部分は、英語の人たちにも難解だったようで、あちこちのサイトにも質問が出ていて、それを読んで一応納得。

      英語的には、なかなかハードルが高い映画でした。

      渡辺謙さんの英語は素晴らしいですね。
      違和感がまったくなく、日本人俳優による英語としては、史上最高レベルなのではないでしょうか。
      >> 続きを読む

      2017/09/09 by Raven

      「インセプション」のレビュー

    もっとみる

    インセプション
    インセプション

    映画 「インセプション」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画