こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ロックアップ

Lock-Up
ジャンル: アクション
公開: 1989/12/02
製作国: アメリカ
配給: 東宝東和

    ロックアップ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      このシルヴェスター・スタローン主演の映画「ロック・アップ」は、製作が「ダイ・ハード」などを手掛けたローレンス・ゴードン、監督には「ローリング・サンダー」でゴードンと組んだジョン・フリンという、映画好きにとっては、ごきげんな顔合わせの作品だ。

      「映画は脚本で全てが決まる」をモットーにしているローレンス・ゴードンがプロデューサーだから、当然シナリオはしっかりしていて、ジョン・フリン監督の堅実な作劇法が、それを見事に生かしながらスタローンの魅力をバランスよく引き出して、実に安定感のある"骨太な男性映画"に仕上がっていると思う。

      模範囚だったフランク・レオン(シルヴェスター・スタローン)は、刑期終了間近のある日、凶悪犯ばかりの刑務所に強制移送される。そして、彼を待ち受けていたのは、レオンに私怨を抱くドラムグール刑務所長(ドナルド・サザーランド)と、その命を受けた看守や囚人たちの残忍な虐待であった。

      ひたすら耐えるレオンだったが、恋人がレイプされると知らされて脱獄を決意するのだった-------。

      刑務所を舞台にスタローンが、精神的肉体的な虐待に耐えるという物語であれば、忍耐の果てに爆発する怒りがハードなアクションとなり、敵を皆殺しにしてジ・エンドという展開になりそうだが、この映画は単純にそうはならないところが、スタローンのいつもの一直線に突っ走るワンマン映画とは、一味も二味も違うところだと思う。

      確かに仲間が殺されて、怒りを爆発させる場面もあるのだが、ギリギリのところで殺意を抑えるし、怪優ドナルド・サザーランドが、偏執狂的な残忍さたっぷりに演じる憎き刑務所長を追いつめるクライマックスも、ストレートな殺人暴力には収束しないのだ。

      ここで描かれる忍耐は、多くのアクション映画のように、爆発する怒りの瞬発力を高めるためにあるのではなく、刑期終了によって得られる自由という極めてノーマルな目的のためのものなのだ。つまり、忍耐の様相そのものが主役とも言うべき"耐える映画"になっているのだ。

      ひたすら耐える映画なんて、と観ていて思う人がいるかも知れないが、そこは心配御無用だ。ローレンス・ゴードン承認の説得力ある脚本と演出は、"耐えることが勝利につながる"ということを、理屈抜きに知らしめてくれるし、耐えようとするスタローンとそれを邪魔するサザーランドとの間のかけひきが、密度の濃いサスペンスを生んでいるのだ。

      そして、このごきげんなアクション映画は、暴力を発散するだけではなく、受けて見せるタイプのものも確かにあることを、納得させてくれるのだ。

      しかも、その"映像的な説得力"をスタローンの強靭な肉体に託しているあたり、スター映画としての魅力をも見事に兼ね備えていると思う。

      "プロフェッショナルな映画"というのは、こういう作品のことだと思う。
      >> 続きを読む

      2017/10/02 by dreamer

      「ロックアップ」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      たぶん自分が生まれて初めて観た映画かも。
      最低最悪の刑務所に入れられた主人公が、そこで出会った仲間との友情や、凶暴な囚人との争い、脱獄といった刑務所での映画としては王道のアクション映画です。
      でも笑えるところもあったり、泣かすところはきっちり泣かせてくれるので、作品としても上質だと思ってます。
      今も変わらずアクションスターとして活躍するスタローンはめっちゃかっこいいです!

      2015/05/19 by yulian

      「ロックアップ」のレビュー

    • シルヴェスター・スタローンかっこいいですよね!
      男として憧れます。

      2015/05/19 by Ajil

    • そうですね。やっぱ一番好きな俳優です。

      2015/05/19 by yulian

    • 4.0 ハラハラ

      刑務所ものというと「大脱走」が思い浮かぶが、こちらはほぼ刑務所内で展開されるアクション。

      違いはスタローンが主演なため男同士の友情にアクションと、とにかく熱い。
      意外なほど仲間たちの友情は感動できるし、結果的に脱走に至るまでの経緯が分かりやすい。

      看守署長のドナルド・サザーランドも実に憎らしい悪役で、演技派の貫禄がしっかり見える。
      こういう熱い男がスタローンにはとても似合う。 >> 続きを読む

      2015/02/08 by オーウェン

      「ロックアップ」のレビュー

    ロックアップ
    ロックアップ

    映画 「ロックアップ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画