こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

SHORT PEACE

SHORT PEACE
SHORT PEACE
© SHORT PEACE COMMITTEE
© KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
ジャンル: アニメ
公開: 2013/07/20
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
「AKIRA」から25年―「スチームボーイ」から9年―稀代の映像作
家である大友克洋による作品を筆頭に、日本のアニメーションの最先端にあり、その先にありうる表現の方向性を模索しているトップクリエイターたちが結集したアニメーション映画「SHORT PEACE」

『アニマトリックス』などの映像作品で世界に名を馳せるビジュアルクリエイター森本晃司。
『FREEDOM』でCGを駆使した独特の映像表現に定評があり、最も新作が期待されている森田修平。
『鉄コン筋クリート』の演出を務め、近年は監督としても活躍している安藤裕章。
『機動戦士ガンダムシリーズ』のメカニックデザイナーとして活躍しているカトキハジメ。
そして、世界がその新作を待ち望んだ大友克洋―

巨匠から新進気鋭のクリエイターが、それぞれの持つテーマや映像表現のポテンシャルを発揮し世界規
模で通用する作品を作り上げるオムニバスプロジェクト「SHORT PEACE」
舞台は“日本”-。固有の文化、歴史、サブカルチャー、未来を描いた 4 つのショートストーリー。
>> 続きを読む

    SHORT PEACE の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 評価なし

      どれも見てて迫力があってすごかった。火要鎮はさすがレベルが違うなと思った。九十九もすごくきれいだったし武器よさらばのごちゃごちゃした感じもかっこよかった。オープニングもわくわくした。GAMBOは何がやりたかったんだか

      2017/11/29 by さざんか

      「SHORT PEACE」のレビュー

    • 3.0

      大友克洋やカトキハジメなど、アニメ映画を代表する監督たちが短編という形で4つのオリジナルアニメを集めた作品。

      1,2,3話は過去の話で、最後の4話は未来の話。

      個人的にはカトキハジメが監督した未来の話「武器よさらば」がお気に入り。
      カトキハジメとガンダムは切っても切れない関係なわけで、パワードスーツで武装した5人組と無人偵察機との激闘という、やはり戦いが主軸となる。

      てっきり全話オリジナルと思っていたが、この話だけは大友克洋が原作。
      もっと世界観を膨らませれば長編でも作り出せそうなので、今後の展開に期待したい。
      >> 続きを読む

      2017/06/10 by オーウェン

      「SHORT PEACE」のレビュー

    • 3.0

      悪い作品とは思いません。でも、単館公開で正解だな、ぐらいのことは思いました。それと、ご覧になる人にもよるかも知れませんが、気分良く映画館を後にしたい方には、あまり向かないのかも知れません。

      元々、短編アニメーション主体の映画祭に出品する積りで企画されたとのことですので、本作はOPと、4本の短編作品からなります。その4本は、互いにほぼ無関係で、独立していて、全体を通して何かがあるとすれば、それはテーマが「日本」であるという、大まかであいまいなもの。

      絵の技術は高いのだと思います。かつて幾多のTVアニメ脚本を手がけられ、今はミステリ作家の御大でもある辻真先さんが、ご自身は動きの少なくて済むように脚本を書いたけれど、本作は動きが多くて感激したというようなツイートをされていた記憶が。CGなのですが、手書きのようなタッチ。ほかにもこだわりの作画や美術で、そこだけでも大したものだなぁ、と私なんぞは思ってしまうのですが。

      ただし、ストーリーの方は、短編向けのものですので、全国拡大公開されるような中編、長編の普通のメジャーな作品に求めるのと同じものを求めるのは酷だと思います。そういう積りでご覧にならないと、かなりガッカリされるように思えます。

      以下はOPと各エピソード毎の雑感と寸評と評価(☆の数)を。

      【OP】
      悪くない出だしですが、個人的にはそれ程グッと来る方では…。でも、実は結構凄い作品なのかも知れません。
      ☆x3

      【九十九(つくも)】
      本編の4つの短編作品の中で、個人的に一番気に入った作品。お話は「まんが日本昔ばなし」に採用されそうなもの。「もったいないお化けがでるぞ~」な世界観。絵も色彩豊かで、動きも楽しくて、短いけれどなかなかの作品だと思いました。
      ☆x4

      【火要鎮】
      本編の4作品中、これが一番凄い作品という気がします。時代考証と言うのでしょうか。登場人物の服装やスタイル、背景の街並みや生活用品等々、こだわりの作画と美術であったように思います。お話は「八百屋お七」から着想を得たりしたのでしょうか?江戸の大火のお話です。そこに悲恋の物語が絡めてあります。
      ☆x4

      【GAMBO】
      本作の4本の短編中、もっともB級臭が強い作品だと思います。一部に既視感があるのはともかく、どっかで聞いた話だな、な要素がとても多いという意味で。正直、一番苦手なタイプの作品です。ちょっとグロくて、エグいです。
      ☆x2

      【武器よさらば】
      絵柄が一番「アニメ」的では?これまたこだわりのSF軍事アクションでした。本作だけ時代が未来に飛びます。そして、予告編などの「見た目」を裏切らない内容であったと思います。
      ☆x3
      >> 続きを読む

      2015/05/23 by ぴぐじい

      「SHORT PEACE」のレビュー

    • 3.0

      テーマが良く分からなかったけど、カトキの戦車は良かったよ。

      2015/01/16 by Logikoma41

      「SHORT PEACE」のレビュー

    • 4.0 クール

      テーマは「アニメを失った大人たちへ」。

      ストーリーは超豪華昔ばなし3本と近未来SF戦闘漫画1本。全て舞台は日本。どれも10分程度の短い話(ショートピース)なので周りくどいストーリーは不要。

      豪華絢爛な映像はもはやアートの域。ディズニー・アニメ製作陣にクレイジーと言わしめさせた手描きと3Dの融合した映像は見るだけで快感です。

      「九十九」
      嵐の中の山中で雨を凌ぐために古びた祠に逃げ込んだ男がモノノ怪の怪異に遭う。

      「火要鎮」(ひのようじん)
      悲恋の情念が江戸の大火を巻き起こす。

      「GAMBO」
      鬼と熊のプロレス。

      「武器よさらば」
      廃墟と化した都市で繰り広げられるパワードスーツ対無人兵器の遭遇戦。

      例の如く映画作品としての興行的には大失敗だろうけれども、アニメーション技術の至高作品であることは間違いなし。一見の価値ありです。
      >> 続きを読む

      2014/12/10 by ybook

      「SHORT PEACE」のレビュー

    • 確か『九十九』が海外で賞を受賞したと思いますが・・・

      2014/12/10 by チャミー

    • > fateさん
      古典落語の要素も入ってきたりと実験的で面白いですよ。

      > cojiさん
      どれも短い話ですが濃密で見応え充分でした^^

      > iceさん
      箱のPEACEがショートピースって愛称で呼ばれてますね。

      > チャミーさん
      九十九は昨年のアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされていましたね。その他にもアヌシー国際アニメーションに選出されるなど一番評価は高いですね。
      >> 続きを読む

      2014/12/11 by ybook

    もっとみる

    SHORT PEACE
    ショートピース

    映画 「SHORT PEACE」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画