こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

フィッシャー・キング

The Fisher King
ジャンル: ドラマ , SF , ファンタジー , コメディ
公開: 1992/04/04
製作国: アメリカ
配給: コロンビア トライスター映画

    フィッシャー・キング の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0 切ない 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "鬼才テリー・ギリアム監督が仕掛ける、現代のニューヨークに蘇るアーサー王の聖杯伝説 「フィッシャー・キング」"

      この映画は出だしの10分も観れば、すぐにピンときます。これはテリー・ギリアムの映画だ、と。

      どのシーンにも彼独特のエキセントリックな様式美が満ち溢れているからです。

      テリー・ギリアム監督の作品は、観終るとなぜか、どっと疲れが出てくるのです。でも、この「フイッシャー・キング」は違います。陰鬱で皮肉に満ちた、ふざけ半分の"ギリアム哲学"が全編を支配するものの、暗いトンネルの先にはロマンティックな光も見えてきます。

      この作品は彼にとって、初めての大手スタジオでの作品という制約の下で、かえっていい面が出ているのではないかと思います。

      アーサー王の聖杯伝説を現代のニューヨークに蘇らせたこの作品は、いわば大都会の現実を手当たり次第にぶち込んだ闇鍋のようなものだと思います。

      主人公のジャック(ジェフ・ブリッジス)は、自惚れの強いラジオのDJですが、彼に影響されたリスナーが大量殺人を犯した事で、自暴自棄に----。そんなジャックを救うのが、浮浪者パリー(ロビン・ウィリアムズ)です。彼は自分を中世の騎士だと思い込んでいるのです。

      この映画は"荒唐無稽なコメディーから熱に浮かされたファンタジー、芳醇なロマンス、そして辛辣なリアリズム"へと着実なテンポで、"テリー・ギリアム監督の世界"が展開していきます。

      そして、出演している俳優陣も素晴らしい。ホームレスのゲイ役のマイケル・ジェッターが女装して歌う場面は絶品。ロビン・ウィリアムズも、軽妙でコミカルな味を出していて、これまた絶品。そして特筆すべきは、鼻っぱしらが強いが古風な女を、緻密で計算された演技で見事に演じたマーセデス・ルールのうまさ。

      しかし、この映画全体をまとめているのは、実はジェフ・ブリッジスだと思います。どろどろとした恐怖から、勇壮華麗な騎士道精神まで、この映画の放縦かつ無節操なトーンを、さりげない抑制された演技で支えているのです。

      なお、この映画は1991年のヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を、同年の第64回アカデミー賞で最優秀助演女優賞(マーセデス・ルール)を、第49回ゴールデン・グローブ賞でミュージカル/コメディ部門の最優秀主演男優賞(ロビン・ウィリアムズ)、最優秀助演女優賞を、LA映画批評家協会の女優賞をそれぞれ受賞しています。
      >> 続きを読む

      2016/08/11 by dreamer

      「フィッシャー・キング」のレビュー

    • 評価なし

      なんじゃこりゃと思いつつ見てしまう映画だった。Can I miss her now?ってシーンが泣きそうになった。このherは、どちらのことなのか。ロビン・ウィリアムズすごいな

      2016/05/01 by さざんか

      「フィッシャー・キング」のレビュー

    • 5.0 切ない

      テリー・ギリアム作品の中でも難解度はかなり抑え目。
      明確で幸せな終わり方が実に気持ち良い作品。

      人気DJが相談コーナーでちゃかした男が、銃を乱射し多数の死者を出し挙句のはてに自殺してしまう。
      当然DJはクビで奈落の底へ。
      そんな折出会った不思議なホームレス。彼がホームレスに転進したのは前述の銃事件で妻が殺されたから。

      いかにも激しいドラマが生まれるのは明白だが、ギリアムはそこを追求しない。

      それはジェフ・ブリッジスとロビン・ウィリアムズの配役で分かる。
      思い出に取り憑かれ幻想を見てしまうロビン。
      終盤には男二人の友情が試される。

      妄想と思われていた物が手に入ったときはやはり感動してしまう。
      >> 続きを読む

      2015/09/13 by オーウェン

      「フィッシャー・キング」のレビュー

    • 5.0 切ない 元気が出る

      ロビン・ウィリアムズの訃報を知り、とっても悲しかったです;;
      彼が出演している映画はほぼ観ていますしね。日本の西田敏行的存在と思っていたし。
      まだまだ活躍を期待していただけに、とっても残念です。
      そこで、彼の映画をいろいろと見直そうと思った次第。
      彼の映画の中で一番好きなのが、本作『フィッシャー・キング』なんです。
      大人のファンタジーラブコメディかなぁ~。
      主人公のDJは毒舌で人をおちょくるトークバリバリの人気DJ。
      リスナーのひとりからの恋をしたという相談に、いつもの毒舌で、ヤッピー批判をしたら、そのリスナーがヤッピーが集まるカフェを無差別襲撃し、7人が死亡。当人も自殺してしまいます。
      自分の暴言から事件を招き、表舞台から姿をけし、レンタルビデオ店を営む彼女のヒモ状態に><
      飲んだくれて街をさまよっているいる時にホームレス狩りに遭ってしまい、助けてくれたのがロビン・ウィリアムズ演じるホームレスのヘンリー。
      ヘンリーはなんと!自分が起こしてしまった事件で、妻を目の前で殺され、精神病になってしまったという元教授でした。
      運命は皮肉といいますか、それを知ったジャックはヘンリーになんとか謝罪したいと彼の恋路を助けようとするのですが・・・。
      タイトルからもわかるとおり、アーサー王物語の「聖杯伝説」の、ロンギヌスの槍によって癒えない傷をおった王の病を聖杯だけが癒してくれるという話が挿入されています。
      果たして、二人の心の傷は癒されるのでしょうか?!
      主演はDJ・ジャックのジェフ・ブリッジスなんだけど、事件によって妄想と現実の真ん中で生きるヘンリーがとっても重要な役どころでして、ロビン・ウィリアムズにピッタリだと思います。
      友情や愛をおもしろく、時にはせつなく描かれた不思議な魅力にあふれた作品です。
      ロビン・ウィリアムズの作品はたくさん良い作品がありますが、なぜかこの作品がいつまでも私の心に残っています^^
      >> 続きを読む

      2015/02/04 by mana

      「フィッシャー・キング」のレビュー

    • ロビンウィリアムズ、残念ですよね。私も色々観ようと思ったのですが出演作品が想像以上に多くて少しずーつ楽しもうと思ってます。この作品は知りませんでいた! >> 続きを読む

      2015/02/04 by ただひこ

    • >ただひこさん♪
       本当に訃報を聞いたときは耳を疑い、呆然としちゃいました><
       もっともっと活躍してほしかったです;;
       私も機会があったら全部見直したいと思っています^^
      >> 続きを読む

      2015/02/05 by mana

    • 4.0

      感想川柳「古典的 それが良い味 出している」

      町山さんがおすすめしてたので観てみました。( ̄ー ̄)ロビン・ウィリアムスが亡くなったのもあって黒木華も薦めてましたね。

      古い作品らしい人間臭さやギャグセンス、なんか懐かしい雰囲気にやられました。( ̄ー ̄)

      最初ロビン・ウィリアムスにイライラしっぱなしでした。(笑)公園で全裸でブラブラさせてるときはおいおい…(。´Д⊂)と思いました。(*_*)

      後半は流れも分かってきて面白くなってきました。不用意な発言に気を付けること、生きていれば償うことが出来るという教訓を学びましたね。(´・c_・`)
      >> 続きを読む

      2014/11/25 by Jinyuuto

      「フィッシャー・キング」のレビュー

    • 20年前くらいの作品、ちょうどよい懐かしさがありそうです!♪

      2014/11/25 by coji

    • 今まで知らなかったのですが結構有名な作品なんでしょうか!?今度観てみます!

      2014/11/25 by メッシイ

    フィッシャー・キング
    フィッシャーキング

    映画 「フィッシャー・キング」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画