こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

シャレード

Charade
ジャンル: 外国映画 , ホビー・実用 , ミステリー・サスペンス , ドラマ , SF , ラブロマンス , アクション , コメディ , 知育・教育
公開: 1963/12/21
製作国: アメリカ
配給: ユニヴァーサル

    シャレード の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 3.0 ハラハラ

      レンタル・配信)2018年5本目。オードリー・ヘプバーン主演の今でいうならサスペンス映画。消えた25万ドルの行方と最後まで敵か味方かよく分からないケーリー・クラント演じる政府捜査官が話のキモ。現在までこういう手の作品は多く、今見ると映画の雰囲気がちょっと古くさい気もするけど、真相が最後まで分からない話の展開は面白いと思う。久し振りにオードリー・ヘプバーンの作品を見たので今度集中的にこの人の作品を見てみたいなと思った。感想はこんなところです。

      2018/01/30 by おにけん

      「シャレード」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "永遠の妖精オードリー・ヘップバーンとダンディーなケーリー・グラントのコンビによる、素敵なロマン溢れるコメディ・スリラーの傑作 「シャレード」"

      この映画「シャレード」は、我々映画ファンにとって"永遠の妖精"である、オードリー・ヘップバーンとダンディーなケーリー・グラントのエレガントなコンビによる、とっても素敵な、ゴージャスで、ロマン溢れる、"コメディ・スリラー"の傑作です。

      この映画の題名の、"シャレード"とは、文字やパントマイムによる謎解きという意味ですが、物語は文字通り、謎の殺人事件に巻き込まれたオードリーが、一体、夫を殺したのは誰なのか、ケーリー・グラントの正体は何者なのか----と、我々観る者と一緒になって謎を解いていくという仕掛けになっています。

      列車から突き落とされる男、葬儀に現われた謎の三人の男、浴槽の中の死体、エレベーターの中の死体、殺された男が絨毯に残した謎の文字----などなど、スリラー映画の雰囲気たっぷりに物語は展開していき、一瞬たりとも画面から目が離せません。

      監督は「パリの恋人」や「いつも2人で」などでオードリーと組んで映画を撮り、オードリーの魅力を知り尽くしているスタンリー・ドーネン監督。

      そして、スリラー映画といっても、ただ怖いだけの映画ではなく、"洒落た遊びの感覚"に満ち溢れた、とっても素敵な映画になっているのは、やはりオードリーがヒロインだからだと思います。

      尚且つ、舞台がお洒落な街パリなのも、オードリー映画ならではで、パリの中央市場、ノートルダム寺院、パリ宮殿、セーヌ河の遊覧船など、映画の中でパリ見物を楽しむ事も出来るのです。

      オードリーのファッションを手がけているのは、もちろん、ユベール・ド・ジバンシーで、彼女が洒落たサングラスをかけているのに、ケーリー・グラントのほうは老眼鏡などという、ちよっとした小道具のいたずらも茶目っ気たっぷりで、うれしくなってしまいます。そして、今ではもう珍しくなくなった、ルイ・ヴィトンのカバンをオードリーが持っているという事などは、この映画の公開当時は、かなり話題になったそうです。

      この映画はまた、アルフレッド・ヒッチコック監督の映画のパロディにもなっていますが、かつて、ヒッチコックは男のスリラーで、ドーネンは女のスリラーだと言われていたのが、よくわかります。そして、この映画は何よりも、単なるスリラーというよりも、あくまでも、"オードリー・ヘップバーンの映画"になっているのです。

      オードリーはまた、この映画で人妻(未亡人)を演じていますが、"永遠の妖精"の彼女が、ミセスを演じたのは、この映画が確か初めてだったのではないかと思います。

      そして、オードリーとケーリー・グラントの主演二人もさることながら、脇役も粒揃いで、有名になる前の名優ウォルター・マッソー、ジェームズ・コバーン、ジョージ・ケネディなどが悪役を演じていて、今から見ると主演クラスの大物俳優が脇を固めているというのも、映画好きからみたら、もう楽しくて仕方がありません。とりわけ、"鉄の爪"をつけたジョージ・ケネディの悪役ぶりが際立っていたと思います。

      音楽をオードリー主演映画の「ティファニーで朝食を」「いつも2人で」「暗くなるまで待って」でも、哀愁を帯びた、ごきげんなメロディーを聴かせてくれた、映画音楽の華麗なる才人ヘンリー・マンシーニが、この映画でも一度聴いたら忘れられない、スリリングで華麗なメロディーを聴かせてくれます。
      >> 続きを読む

      2016/07/06 by dreamer

      「シャレード」のレビュー

    • この映画のオードリーとケーリー・グラントの格好良さは永久に不滅って感じですよね!

      2016/07/07 by メッシイ

    • 5.0

      冒頭からラストまでとにかくオシャレの一言に尽きる映画。

      オードリー・ヘプバーンのファッションに、ケイリー・グラントのセンスある仕草。
      スーツでシャワーを浴びたりなんてのは、下手すりゃギャグになり兼ねないのだがそれすらもオシャレに見せてしまう。

      若かりしジェームズ・コバーンにジョージ・ケネディ。
      そしてウォルター・マッソーと豪華なキャストが絡み、何とも贅沢なミステリー。

      25万ドルの行方と誰が犯人か。最後まで目の離せぬつくりに満足。
      ちなみにこれリメイク作品がありますが、オリジナルとは比べ物にならぬほど駄作。
      これを観たらオススメなんてとても出来ません。
      >> 続きを読む

      2016/05/31 by オーウェン

      「シャレード」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      『ローマの休日』『ティファニーで朝食を』や『マイフェアレディー』などで知られる亡きオードリー・ヘプバーン主演の1963年のサスペンス仕立てのお洒落な作品ですね!!
      お茶目で妖精の様な美しさを持つヘプバーンが素敵な作品です!!
      殺された夫が持っていたとされる謎の25万ドルの行方をめぐる事件に巻き込まれた未亡人・・・彼女の周りに現れた見知らぬ夫の知人達が暗躍する。果たして25万ドルの行方と事件の結末は・・・?
      ジバンシー提供の衣装を身にまとったオードリーが実に素敵ですね~!!
      また相手役のケーリー・グラントも渋くて素敵です。
      ヘンリー・マンシーニによるメインテーマも素晴らしいですね~!
      古い作品ですがオードリーの魅力溢れる作品で私の作品評価は星四つです。
      >> 続きを読む

      2015/06/28 by チャミー

      「シャレード」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ クール

      オードリーヘップバーン目当ての鑑賞。
      しかし、男ながらにケーリーグラントの渋さに脱帽。
      あんなオヤジになりたい( ̄◇ ̄;)

      ストーリーは離婚予定の旦那が殺され、旦那が残した金目当てに男達がオードリーを狙い、オードリーが恋するケーリーは次から次と偽名を使い。何が本当で誰が味方かわけわからんな状況。

      最後も本当なんですかね(^^;;

      オードリーヘップバーンって笑顔素敵だな。演技を楽しんでいる感じが伝わってくる!

      顔接近で カモーン とか言われちゃうシーン有り。あれはヤバイな(≧∇≦)
      >> 続きを読む

      2015/04/21 by メッシイ

      「シャレード」のレビュー

    • オードリー・ヘップバーンは永遠のマドンナですよね(^ ^)

      2015/04/21 by fate

    • まさに永遠の美しさでごさいました(≧∇≦)笑顔無敵。

      2015/04/21 by メッシイ

    もっとみる

    シャレード
    シャレード

    映画 「シャレード」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画