こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

噂の二人

The Children's Hour
ジャンル: 外国映画 , ドラマ
公開: 1962/04/21
製作国: アメリカ
配給: ユナイテッド・アーチスツ

    噂の二人 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0 切ない クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「噂の二人」は、1936年にリリアン・ヘルマンの戯曲「子供の時間」を「この3人」という題で映画化したウィリアム・ワイラー監督が、オードリー・ヘプバーンとシャーリー・マクレーンという2大女優を主演に迎えて再映画化した作品だ。

      寄宿制の女子私立学校を経営するカレンとマーサの二人の女性が、突然"同性愛"という汚名を着せられ、やがて悲劇的な結末を迎えるまでを、ウィリアム・ワイラー監督が確かな演出力で描き切った名作だ。

      この映画は、子供の身勝手な噂が、ひとりの女性を死に至らしめる、恐ろしい社会派ドラマだ。大人びて意地の悪い少女メアリーが、自分を叱る教師二人が経営する学校から出たいために、二人が"同性愛者"であるとデマを流すのだ。

      全ての父兄が自分の子女を学校から引き上げ、二人は原因をメアリーのデマだとその祖母に詰め寄るが、その家に引き取られていた別の生徒の証言で事実は決してしまう------という歯ぎしりしたくなるようなストーリーが展開していく。

      そこには、根拠のないゴシップに対する社会の妄信性や、それによっていとも簡単に崩れてしまう日常生活の脆さ、本来、純粋な筈の子供に存在する邪悪さが提示されていて、観ている者を震撼させます。

      この映画の原作者であるリリマン・ヘルマンの巧まざる現実認識、人間描写の鋭さを思わずにはいられません。

      だが、一つ気になるのは、メアリーを演じるカレン・バルキンという子役のオーバー・アクトなのだ。見るからにふてぶてしい顔もさることながら、眉をしかめたり、驚く時に目を見開いたりする、この子役の芝居の過剰さが、失笑を買うほどに強烈だ。

      ウィリアム・ワイラー監督ともあろう名匠が、なぜこんなにも臭い芝居をする子供を起用したのか、理解に苦しみます。それとも、ワイラー監督はそんなことは百も承知で、この"愚かしい扇動者"の姿を揶揄してのものだろうか?

      普通なら、この子役のせいで映画は台無しになるところだが、ワイラー監督は後半、苦悩するカレン(オードリー・ヘプバーン)とマーサ(シャーリー・マクレーン)の悲惨さをじっくりと表現し、その汚点を消し去っていくのです。

      カレンの婚約者ジョー(ジェームズ・ガーナー)にすら忍び寄る疑心、裁判を拒否した叔母の薄情さ、レズ志向を自認し命を絶つマーサら、各人それぞれを、ワイラー監督は実に的確に描き分けていくのです。

      そして、親友を失ったカレンが、絶望感を抱きながら葬式の参列者の間を胸を張って歩いていく姿に、無理解な社会への怒りを凝縮させているのだと思います。

      オードリー・ヘプバーンの澄んだ瞳が、躊躇なく真っ直ぐ正面を見据える、このラストのショットが、この作品の価値を2倍にも3倍にもしているのだと思います。

      一個人が風評によって、社会から追放されるこの物語には、ウィリアム・ワイラー監督自身のマッカーシズムによる、ハリウッドの"赤狩り体験"が、色濃く反映されているのだと思います。

      当時、それに抗議する委員会を結成し、その中心人物として活動したワイラー監督は、悪夢のようなこの事件に対する怒りを、ヘプバーンに代弁させているのだと思います。
      >> 続きを読む

      2017/10/11 by dreamer

      「噂の二人」のレビュー

    • なんて恐ろしい映画でしょうか。
      でもこれに近いことが実際の社会でもたくさんあるでしょうね。
      小さな少女の嘘が人を人生に影響を与え、そこまで追い込むなんて。
      特に今のネット社会はもっと大きな力を持つのでしょうね。
      この力をもっと良い方向に使うことはできないものなのでしょうか。
      >> 続きを読む

      2017/10/11 by milktea

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    噂の二人
    ウワサノフタリ

    映画 「噂の二人」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画