こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

座頭市

ジャンル: 時代劇
公開: 2003/09/06
監督:
キャスト: , , , ,
製作国: 日本
配給: 松竹=オフィス北野

    座頭市 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 5.0 笑える ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      杖の中に仕込んだ細身の剣を、目にも止まらぬ早さで操る盲目の按摩、座頭市は、親の仇を捜してさすらう芸者の姉妹と知り合い、病弱の妻を連れた剣の達人を用心棒として雇った一味との対決へとなだれ込んでいく、ヴェネチア国際映画祭の監督賞を受賞した、北野武、脚本・監督・主演の「座頭市」。

      勝新太郎の代表作の「座頭市」シリーズを、北野武が自作自演でリメイクした意欲作で、劇画タッチの凄まじい殺陣を織り込みながら、軽快なミュージカル風の仕掛けも随所に張り巡らして描いている。

      浅野忠信扮する"虚無感"漂う浪人との一戦から、不思議な笑いを呼ぶラストのカットまでの流れが、とにかく秀逸だ。

      そこに残るのは死体の山。「最強」というより「最凶」だ。過去もなければ、その心情、その行動に対する理由付けも何もないまま主人公は、血に飢えた殺人マシーンとして殺しを楽しんでいるかのようで、本来なら北野武自身が演じるであろう、死に場所を探しているかのような浪人もまた、無表情で斬りまくる。そして、その描写には当然のように痛みが伴うのだ。

      合間に差し挟まれた、いつもの脱力系ユーモアや、普通であることに逆らうのを辞めたかのような、当たり前のショットの数々が幾分中和し、「普通の娯楽映画」であることを声高に主張しているものの、これは明らかに"北野流暴力映画"の系譜を濃厚に湛えた作品だと思う。

      かつての彼のデビュー作で「子どもに見せるな」というキャッチコピーがあったが、この作品はR15の指定を受けて、名実共に子供には見せられない映画となっているのがその証拠だ。

      ラストの決闘シーンが意味もなく浜辺で行なわれることを含め、映像作家・北野武のサインがそこここに溢れている。

      そして、溢れるばかりの色彩を爆発させた、前作の「Dolls<ドールズ>」とうって変わり、彩度を落としてコントラストを強調した画面に、濃紺の衣装に金髪、朱塗りの仕込み杖という主人公の出で立ちが渋く映え、暑苦しく、むさ苦しい時代劇の印象を一掃し、"モダンな空気"さえ醸し出しているのが、実にいいと思う。

      これがまた、この映画の全編を覆い尽くす勢いの"血の飛沫"との相乗効果がばっちりで、美しくさえあるのだ。ストーリー上の何の意味も持たない"天気雨の大虐殺シーン"は、最も色彩の美しさが出た場面だと思う。

      かつて「ソナチネ」のエレベーターの中での銃撃戦で、丁寧に細かくカットを割って見せたのと同じ呼吸で組み立てられたチャンバラ・シーンの迫力と陰惨さは、観ている私の期待を裏切らないもので、これまでの彼の映画の中で私に衝撃を与えてきた「殴る」「蹴る」「撃つ」という暴力描写に加え、「斬る」というアクションの在り方を一新するだけのインパクトに満ちているのだ。

      それは伝統的な殺陣とは違うのかも知れないが、ある種の"新鮮さ"が、今後のチャンバラ映画の描写を変え得る可能性を大いに秘めていると思う。
      >> 続きを読む

      2017/03/23 by dreamer

      「座頭市」のレビュー

    • 評価なし

      再鑑賞多分3回目。劇場公開時とDVD購入して鑑賞。最近「龍三と7人の子分たち」を見て、この映画を見たくなったのが動機。最後のくちなわの親分の正体はすっかり忘れていた。何回見ても最後の下駄タップダンスは最高。映画の感想はこんなところ。あとこれと「アウトレイジ」以外の他の北野武映画も見てみたいが、グロいのが苦手なので躊躇してしまいそう。今度機会を作ってまとめて見てみよう。

      2016/03/03 by おにけん

      「座頭市」のレビュー

    • 4.0 クール

      おそらく北野映画ファンでなくても手放しで楽しめる北野作品の代表作。

      斬鉄剣並みの強度と切れ味を持つ仕込み杖で斬りまくる。
      で、祭りで踊る!

      2015/09/10 by KSM

      「座頭市」のレビュー

    • 5.0 笑える クール

      北野武監督作にしてはエンターテイメントに徹した時代劇。
      盲目で居合い抜きの達人以外は、全てがオリジナルな北野色全快で挑む。

      殺陣の血しぶきや、居合いの太刀の一つ一つがセンスある見せ方で面白い。
      浅野忠信の太刀技も魅せる事に徹底してるのが、エンタメとしての面目躍如で満足できる。

      金髪にタップダンスなど有り得ない事も、新たな時代劇として充分受け入れられるのだからお見事。

      そしてビート・タケシ=笑いの部分も無理がなく入っていく。
      ガタルカナル・タカの剣術指導などはコントの極致(笑)

      全てを含めて座頭市の活躍と無敵ぶりを堪能できる、エンタメに徹した時代劇。
      こんな形の時代劇も大いにあり。
      >> 続きを読む

      2015/08/01 by オーウェン

      「座頭市」のレビュー

    • 逆手で刀を振るうところだけでも、座頭市には魅かれてしまいます♪

      2015/08/02 by ice

    • 5.0 笑える ハラハラ クール

      マイコレの作品から・・・私の好きな北野武監督の2003年のチャンバラ・エンターテイメント作品ですね!!
      血しぶき舞い散るアクションシーンにBGMのリズムに合わせた畑仕事や大工仕事の演出などは流石です。
      そして最後のタップシーンは何度見ても最高ですね~!!
      北野監督らしい大胆なリメイク作品で私の評価は文句なしの星五つです。

      2015/02/03 by チャミー

      「座頭市」のレビュー

    • 観たいと思いつつ、そう言えばまだ観ていませんでした。

      でも、時代劇なのに金髪!?

      2015/02/03 by ice

    もっとみる

    座頭市
    ザトウイチ

    映画 「座頭市」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画