こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

SAYURI

Memoirs of a Geisha
ジャンル: ドラマ
公開: 2005/12/10
製作国: アメリカ
配給: ブエナ ビスタ、松竹

    SAYURI の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 2.0 クール

      吹き替えで見たので違和感なくて良かったです。
      終盤アメリカ人も日本語話してたけどw

      ちなみに詳しくないもんで調べたら、
      関東で、芸妓を「芸者」、見習を「半玉(はんぎょく)」
      関西では、芸妓を「芸子(げいこ)」、見習を「舞妓(まいこ)」と呼ぶそうだ。

      ん?まてよ。
      ハッキリしないのだがたぶん舞台は京都(?)とかじゃ?
      吹き替えが標準語でしたw

      ゲイシャを娼婦と勘違いしている外人への啓発となるのかアメリカ人による映画化の意味はどうも公開当時から変に思ってて、それは食わず嫌いだったようで、素直に面白かった。

      SAYURIの人生の切り取り方が、アメリカンドリームみたいなわけですよ!


      (~allcinema)
      一人の芸者の数奇な運命を描いたアーサー・ゴールデンの世界的ベストセラー『さゆり』を、スティーヴン・スピルバーグ製作の下、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督がメガフォンをとり豪華に映画化。
      主演は「HERO」のチャン・ツィイー、共演に「ラスト サムライ」の渡辺謙と「グリーン・デスティニー」のミシェル・ヨー、中国映画界のトップ女優コン・リー。
      また日本を代表する名優、役所広司、桃井かおりも本作で記念すべきハリウッド・デビューを果たす。

      貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代。そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花街一の売れっ子芸者、初桃がいた。
      下働きの辛さと、初桃の執拗ないじめに希望を見失いかけていた千代に、ある時、“会長”と呼ばれる立派な紳士が優しく声を掛ける。この一瞬の出会いが千代に確かな希望をもたらした。
      以来、芸者になって会長さんにもう一度逢いたいと夢見る千代。15歳の時、そんな千代に転機が訪れる。一流の芸者、豆葉が千代を芸者として育てたいと申し出たのだった。
      そして、豆葉の厳しい指導の末に千代は芸者“さゆり”となり、やがて花街一の芸者へと花開いていくのだった…。
      >> 続きを読む

      2018/08/26 by motti

      「SAYURI」のレビュー

    • 1.0

      日本人が観て楽しめる映画ではありません…
      期待が大きかっただけにとても残念な映画でした
      ひとつだけ特筆すべき点があるとしたら
      桃井かおりは何語をしべっても桃井かおりなのだと
      あの存在感はハンパないですね(笑)

      2016/02/20 by YSL

      「SAYURI」のレビュー

    • 2.0

      アメリカ人が作った芸者映画というのがとにかく違和感が残る。
      原作があるとはいえ芸者は中国人が演じているし、英語で喋り捲る日本人に共感など見出せない。

      衣装や景色などは日本らしさが非常に出ている。
      着物や化粧などは芸者ならではだし、桜や梅などの景色も一見の価値ありだ。

      誉める部分もあればけなすこともあるこの映画(笑)
      物語は忙しいようにコロコロ変わる。最初は芸者になるためのドラマかと思われるが、いきなり戦争が始まったりとか。その後はラブストーリーに変化と一貫性がない。

      無理やり最後はまとめたという印象が強い。
      最後で言うぐらいならあそこまでさゆりは苦労しなくても良かったように思える(笑)
      >> 続きを読む

      2015/02/19 by オーウェン

      「SAYURI」のレビュー

    • パッケージの雰囲気がとても好きで気になっているのですが、これはあまり良い評判を聞きません。自分の目でたしかめたいとは思いつつそのままになってます。。 >> 続きを読む

      2015/02/19 by milktea

    • 評価なし

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      評価に値する作品ではない。星は0。
      もう間違った日本を全世界配信するのは止めていただきたい。


      貧しい家の子が売られて芸者になる話ですが・・・。


      ます主演がチャン・ツィイーに納得いかない。
      彼女細いけど肩ががっしりしてて着物似合わない。着物での立居振舞が下手過ぎる。もう少し練習してください。
      あと終始、襦袢の着方が中国風。

      芸者は昼間でもめったな事ないと髪をだらんと伸ばしたままなんかにしませんよ?飾りはないけど、基本結ってます。
      あと、多分、京都の舞子さんや芸子さんが観たらブチ切れるだろう演出いっぱい。さゆりが踊るシーンで高いぽっくり下駄履いてるのに髪も着物も振り乱してグチャグチャにしながら舞台で這いずり回って踊ります。

      監督、芸者文化知らないだろう!!

      クドカン映画でもあったけど、京都の芸者さん達が集まって踊るお祭り?みなのがあって、そのつもりらしいけど、何これって感じ。
      関係者に取材とかも一切してないだろうなって内容。
      原作を日本人の文化も日本人の事も芸者さえも、ちゃんと知らないアメリカ人がイメージで作りましたと言う作品。

      監督が元振付師で「シカゴ」の監督だか何だか知らないけど、無理くり自分好みの振り付けで芸者をブロードウェイ風に躍らせて着物グッチャグチャにして自己満足は実に不快。
      >> 続きを読む

      2014/05/01 by ♪玉音♪

      「SAYURI」のレビュー

    • ちょっとだけ気になってました。
      レビュー最初の1文で「えーーーーー(笑)!」ってなりました(笑) >> 続きを読む

      2014/05/01 by chao

    • >chaoさん

      原作が結構良かっただけに残念な感じです。
      多分、日本人が観ると「?」って思う所ばっかり・・・
      このDVDのジャケのチャンも良く観て下さい・・
      芸子の髪型じゃないんですよ・・あれ?七五三?って・・
      ジャケットでさえ、芸子文化無視丸出しなんです。
      それが大丈夫なら観てもいいかもしれませんが・・せいぜい
      100円、200円でレンタルが丁度良いかも?

      300円出すのはもったいないですよw

      これアメリカ風芸者物語ですなら観れるんですけど
      ほ~ら、これが日本の芸者ですよってやってるから・・・違うだろってなりますw
      逆に文句つけながら観るのもそれはそれで有りかもしれません。

      期待をぶち壊してごめんなさいw
      >> 続きを読む

      2014/05/02 by ♪玉音♪

    SAYURI
    サユリ

    映画 「SAYURI」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画