こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

SAYURI

Memoirs of a Geisha
ジャンル: ドラマ
公開: 2005/12/10
製作国: アメリカ
配給: ブエナ ビスタ、松竹

    SAYURI の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ロブ・マーシャル監督の「SAYURI」は、貧しい漁村から口減らしのために売られた少女が、花街で一番の芸者になるという、女の一代記。

      日本を舞台にした作品だが、原作も映画化したのもアメリカ人。
      「ラスト・サムライ」と同様、ハリウッド製和風ファンタジーといったところだ。

      とはいえ、「ラスト・サムライ」ほど違和感を感じなかった。
      日本人キャラが、みんな英語で会話するのも、中国人女優の芸者姿も、心配したほど気にならなかった。

      しかし、観終わった後の感想はというと、「それで?」と言うしかない。
      さゆりの生き様や芸者の世界のしきたりを描くことで、一体何を伝えたかったのだろうか。

      千代が花街に売られてきて、さゆりという芸者になり、ライバルの初桃と壮絶な置屋の後継者争いをするところは、絢爛な世界の裏の女のドロドロとした姿を描いていて、退屈しない。

      初桃を演じたコン・リーは、憎まれ役を見事に演じている。
      ところがコン・リーが姿を消すと、火が消えたように画面が寂しくなり、映画も失速していく。

      残念ながら、主役のチャン・ツィイーのさゆりに、まわりを圧倒するような存在感がないのだ。
      不思議な瞳を持つという設定も生かされていないし、男を虜にする美しさと芸と色気も十分に描かれていなかった気がする。

      そのために、彼女の一途な恋愛も「あ、そう。」という感じでしか観ることができなかった。

      製作のスティーヴン・スピルバーグは、原作に惚れ込んで映画化を決めたと言われているが、一体この話のどこに魅力を感じたのだろうか、と思ってしまう。

      「ラスト・サムライ」では、サムライをインディアンの部族のように描きながらも、武士道という独特の美学を描いていた。
      しかし、残念ながら「芸者は娼婦ではない」のが事実であったとしても、芸者は武士のような、ある種の美学を体現する存在ではないのだ。

      芸者の世界には詳しくないので、色々と勉強になったが、千代が神社にお参りするシーンで、どう見ても伏見稲荷という鳥居をくぐって、お賽銭を投げて鈴を鳴らすところで「ゴーン」と鐘の音がしたのには、ずっこけてしまった。
      というわけなので、どこまで考証が確かなものかも、正直いってよくわからない。

      着物の着方がまことに雑で、興醒めしたが、映像はとても美しく、退屈はしなかった。
      しかし、面白かったかと聞かれるとそれほどでもなく、つまらなかったのかと言えば、それほどでもないという微妙な感じの作品でしたね。

      日本の俳優陣では、渡辺謙が達者な英語を披露して、さすがという感じで、また、桃井かおりもいい味を出していましたが、役所広司だけは英語も全くダメ、演技もダメでしたね。
      これでは、役所広司は今後、ハリウッド映画からのオファーは来ませんね。
      >> 続きを読む

      2022/01/12 by dreamer

      「SAYURI」のレビュー

    • 3.0 切ない

      日本映画ではなく、日本を題材にしたハリウッド映画なんですね。
      とはいえ、昔のように中国も日本もみな一緒w・・・ってこともなく、非常に勉強して作られた作品かと思います。細かいことを言えばキリがないけど、一番惜しいのが舞妓と芸者のミックスですかねw

      これ・・日本語吹き替えっていうのもあるんだろうか?
      てっきり英語の字幕スーパーつきかと思えば、95%が英語w
      一部(英語)字幕もなく、日本語のみだったんですが、100%英語にしてしまった方がよかったと思う。でも渡辺 謙、役所 広司、桃井 かおり、工藤 夕貴。4人とも英語はなかなかでした(^^

      てゆか、ここまで日本人を揃えたなら、全て日本人で・・・と思ったが、やっぱりネームバリューが足りなかったんだろうか?
      主役はチャン・ツィイー。
      しかし、着物が似合わなかったのが残念ww
      日本が誇る着物。これを着こなせるのは、やはり日本人だけかと。日本(人)独特の奥ゆかしさ。これを外人に演じさせるのは無理だったんじゃないかなぁ(´▽`).。o○
      あの着こなし(?)が、果たしてあの時代にあったのかは謎(==;

      そして、SAYURIの子供時代を演じた大後寿々花ちゃん。
      子供なので英語力はさておいても、演技は抜群w 
      キャストの中で、この子が一番観客を魅了したかと思います。
      映画序盤、自分の子供と重ねて観てた部分があったので辛かった(ノ_-。)

      やはり日本人の目で見れば辛口の批評しかでてこないけど、アメリカのファンタジー映画として観ればまぁまぁ(・・?
      アメリカ人向けの日本映画ってことで、この映画に関して熱く語ってはいけませんヽ( ´ー`)ノ
      >> 続きを読む

      2021/12/26 by mika

      「SAYURI」のレビュー

    • 2.0 クール

      吹き替えで見たので違和感なくて良かったです。
      終盤アメリカ人も日本語話してたけどw

      ちなみに詳しくないもんで調べたら、
      関東で、芸妓を「芸者」、見習を「半玉(はんぎょく)」
      関西では、芸妓を「芸子(げいこ)」、見習を「舞妓(まいこ)」と呼ぶそうだ。

      ん?まてよ。
      ハッキリしないのだがたぶん舞台は京都(?)とかじゃ?
      吹き替えが標準語でしたw

      ゲイシャを娼婦と勘違いしている外人への啓発となるのかアメリカ人による映画化の意味はどうも公開当時から変に思ってて、それは食わず嫌いだったようで、素直に面白かった。

      SAYURIの人生の切り取り方が、アメリカンドリームみたいなわけですよ!


      (~allcinema)
      一人の芸者の数奇な運命を描いたアーサー・ゴールデンの世界的ベストセラー『さゆり』を、スティーヴン・スピルバーグ製作の下、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督がメガフォンをとり豪華に映画化。
      主演は「HERO」のチャン・ツィイー、共演に「ラスト サムライ」の渡辺謙と「グリーン・デスティニー」のミシェル・ヨー、中国映画界のトップ女優コン・リー。
      また日本を代表する名優、役所広司、桃井かおりも本作で記念すべきハリウッド・デビューを果たす。

      貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代。そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花街一の売れっ子芸者、初桃がいた。
      下働きの辛さと、初桃の執拗ないじめに希望を見失いかけていた千代に、ある時、“会長”と呼ばれる立派な紳士が優しく声を掛ける。この一瞬の出会いが千代に確かな希望をもたらした。
      以来、芸者になって会長さんにもう一度逢いたいと夢見る千代。15歳の時、そんな千代に転機が訪れる。一流の芸者、豆葉が千代を芸者として育てたいと申し出たのだった。
      そして、豆葉の厳しい指導の末に千代は芸者“さゆり”となり、やがて花街一の芸者へと花開いていくのだった…。
      >> 続きを読む

      2018/08/26 by motti

      「SAYURI」のレビュー

    • 1.0

      日本人が観て楽しめる映画ではありません…
      期待が大きかっただけにとても残念な映画でした
      ひとつだけ特筆すべき点があるとしたら
      桃井かおりは何語をしべっても桃井かおりなのだと
      あの存在感はハンパないですね(笑)

      2016/02/20 by YSL

      「SAYURI」のレビュー

    • 2.0

      アメリカ人が作った芸者映画というのがとにかく違和感が残る。
      原作があるとはいえ芸者は中国人が演じているし、英語で喋り捲る日本人に共感など見出せない。

      衣装や景色などは日本らしさが非常に出ている。
      着物や化粧などは芸者ならではだし、桜や梅などの景色も一見の価値ありだ。

      誉める部分もあればけなすこともあるこの映画(笑)
      物語は忙しいようにコロコロ変わる。最初は芸者になるためのドラマかと思われるが、いきなり戦争が始まったりとか。その後はラブストーリーに変化と一貫性がない。

      無理やり最後はまとめたという印象が強い。
      最後で言うぐらいならあそこまでさゆりは苦労しなくても良かったように思える(笑)
      >> 続きを読む

      2015/02/19 by オーウェン

      「SAYURI」のレビュー

    • パッケージの雰囲気がとても好きで気になっているのですが、これはあまり良い評判を聞きません。自分の目でたしかめたいとは思いつつそのままになってます。。 >> 続きを読む

      2015/02/19 by milktea

    もっとみる

    SAYURI
    サユリ

    映画 「SAYURI」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画