こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

華氏911

Fahrenheit 9/11
ジャンル: ドラマ , ドキュメンタリー
公開: 2004/08/07
製作国: アメリカ
配給: ギャガ=博報堂DYメディパートナーズ=ヘラルド

    華氏911 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 3.0

      話題の映画、華氏911は思ったほどインパクトはなかったなあ。
      まあ、前評判があんまり高いと、観る前にこっちが勝手に期待しすぎて、観た後で期待ハズレだったと感じるのはよくあることですね。

      先にいろんな情報が入っていましたからね。情報伝達が大きなウェイトを占めるドキュメンタリー系の映画にとっては、めぼしい情報のあらかたが伝わっているというのは、実際に観たときのインパクトの点でかなり損でしょうね。普通の映画なら、派手なアクションシーンとか映像の美しさとかストーリーの持っていき方とかいろんな要素があるんで、大筋ぐらい分かっていてもたいしたことはないんでしょうが(ネタバレ厳禁なものももちろんありますが)。

      というわけで、とりたてて感想はありません。
      ブッシュのイカガワシサについてはあんなもんだろうと。
      それに真摯に怒ってこんな映画を作って、それが国内ばかりか全世界の反響を呼んで興業的にも大成功を収めるというのがまた実にアメリカらしいというか、凄いところではありますが。

      マイケル・ムーア監督が好きだという原一男監督の「ゆきゆきて神軍」は、たしかに危険なほど刺激的な映画で、あんまり強烈なんで二度目を観たいとは思わせないほどですが(次の「全身小説家」も、これがまたなんだかよく分からないけど凄い映画)、華氏911はそのインパクトからほど遠いものがあります。

      アメリカ人にとっては、原一男監督の映画と同じくらいセンセーショナルで異端性のある内容なのかもしれませんが、遠く離れた日本で観ていると、その点がなかなか伝わってこない。まあ当然のことではありますが。

      ともかくこの映画を観ると、ブッシュとその周辺の連中が嫌いになることだけはまちがいありません。もともとブッシュはかなり愚かしい人間(はっきりいってバカ)のようですが、この映画が大統領のそのような人柄をうまく描いているのは間違いありません。

      ただし例の7分間には私は同情的で、ああいう不意打ちに即座に対応できる国家のトップなんているのかなと考えてしまいます。事前の警告を無視した責任はもちろんありますが、警告に従ってきちんと準備ができていたとしても、突然超高層ビルに旅客機が突っ込んでくるなんて、いくらなんでも想像してなかったでしょうから(だってみんな映画の一シーンかと思ったでしょ。それだけ奇想天外な攻撃でした)、的確な反応を即座に行うことは不可能だと思います。逆にミサイルでも撃ち込まれた方が分かりやすくて行動も素早かったかもしれない。
      ブッシュが動転して無茶な行動をしないですんだのは(まさかとおもうけど戒厳令を敷くとか)、あの7分間のおかげだったかも知れない。子供が本を読む声を聴きながら、頭は彼なりに高速で回転していて、「ええい、核ミサイルを打つのはやっぱり無理か。第一相手も分からないし」などと考えていて、まず冷静な状態に戻るために必要な数分間だったのかもしれない。まったくの想像ですけどね。

      こういう突発的な事態にすぐ対応できるのは、皮肉なことに、臨戦状態にある国か実際に戦争を行っている国だけでしょう。北朝鮮とかイスラエルはできそうですね。戦争状態にある今のアメリカも、もちろん対応できるでしょう。
      あのときのブッシュにそのような対応を求めるならば、愛国法みたいな法律をどんどん整備して、平時でも戦争状態と同じ緊張下で国を運営できるような警察国家・軍事国家化を進めるのが一番でしょう。それこそこの映画を撮った監督がもっとも望まない国の姿なんじゃないかと思うけど。
      あの映画をブッシュ本人が観て、「そのとおり、オレはあのとき油断していた。それにちょっとチキンだった。だからこれからはガツンといくぜ」といわれても困るわけで、実際今のアメリカの姿はそんなところがあるんで、あの冷やかし方はどうも逆効果なんじゃないかと思っています。

      それに相手が誰であれ、人格そのもの意図的に貶めるようなやり方は、悪質なゴシップ記事と同じでどうも下品なんで、せっかくの作品の価値や、その中のメッセージを損ねてしまうだけじゃないかな。あまり誉められたやり方ではないと思います(なんて偉そうなことを言って、私もバカなんて言ってますけどね)。
      >> 続きを読む

      2018/12/17 by Raven

      「華氏911」のレビュー

    • 2.0

      勉強にはなりました。

      2015/10/17 by kaiteru

      「華氏911」のレビュー

    • 3.0

      「ボウリング~」に続いての作品なので否がおうでもマイケル・ムーアの次回作に期待しましたが、これは良くもあり悪くもありの感じ。

      タイトル通り911の事件の前後のブッシュの行動が出てますが、思わず本当なのか?と言いたくなった。
      ブッシュが無知なのは知っているが、決断力など無いに等しい事がよく分かる。

      その後はビンラディンとブッシュの関係や、戦場の兵士などの本音が出たりなどで少々間延び。
      字幕を追っているというだけでなぜか面白くない。

      これは「ボウリング~」の時のように、ムーア自身の突撃取材が異様に少なくなっているのがその要因だろう。
      だからこそ議員に詰め寄る部分こそ一番の見せ場だ。

      あとドキュメンタリーなのに普通の映画のように感動を押し付ける作りになっているのはダメだ。

      この映画の公開は結局はブッシュの再選阻止には結びつかず。
      ただムーアはこれからも社会の問題提起のドキュメンタリーを作っていくだろう。
      >> 続きを読む

      2015/09/09 by オーウェン

      「華氏911」のレビュー

    • 4.0 切ない クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      9.11の全米同時多発テロを起点にブッシュ政権の「対テロ戦争」による背景や真実を追求し痛烈に批判し、ブッシュ政権の矛盾と不正を描くリアルドキュメンタリー映画。

      アフガニスタン、イラク侵攻。誰の為の戦争?何の為の戦争か?
      9.11による報復では無く、ブッシュ政権の利権の為に起こした戦争ということをストレートに批判し、その為に犠牲になった戦地の人々、兵士、家族がいることを伝えた作品でした。

      映像にはショッキングなシーン、リアルな遺族や兵士のインタビューと目を伏せたくなる場面もある。しかしながら、それは紛れもないリアルであり、日本という国にいる自分には今作を観るまで伝わらなかったであろう事であり衝撃を受けた。
      ここまで追求し、映画として公表したマイケル・ムーア監督には脱帽です。

      私見ですが、今の日本も何だか似てる。国民番号制、特定秘密保護法、集団的自衛権…誰かの、いや何処かの国の利潤で決まってやしないか?と。
      私は陰謀論者では無いですが、マイケル・ムーア監督の作品を観てしまうと、いろいろ考えてしまいますね。
      >> 続きを読む

      2015/03/10 by fate

      「華氏911」のレビュー

    • あれは自作自演だったなんて説もありますよね。。。真相は別にしてあの事件は世界を大きく動かしたと感じる今日この頃です(T_T) >> 続きを読む

      2015/03/11 by メッシイ

    • メッシイさん。
      かつてアメリカが自分達の利権の為にアルカイダやタリバンに何億ドルと支援していたのも事実だし、そのアルカイダの9.11テロで貿易センタービルで日本人が亡くなったのも事実…。
      あの日から世界が何かが変わってしまったと同じく感じます。
      >> 続きを読む

      2015/03/11 by fate

    • 3.0

      マイケル・ムーアのドキュメンタリー映画をやっと観ましたよ。感想は「ふーーっ」と溜息が一つ出る。色々な意味で。

      面白く無いという訳でもなく、かといって傑作という訳でも無い。まぁ最後まで飽きさせる事無くは観られるだけの作品ではあった。

      娯楽性のあるドキュメンタリーには仕上がってはいる(それは良い事なのか?)

      ドキュメンタリーではあるが実際には現実を表しているようにみえない事がこの映画の欠点であり映画として楽しめる点でもあると思う。いや確かにある面では現実なのであろうがなにか偏り感を強く感じ現実をねじ曲げて描こうとする作為を感じるのだ。其処が作家性でもあるのだが・・・・

      表と裏を両方描かないと全貌がみえてこないのだよ。無理矢理なこじつけでは現実を描く事は出来ない。ただの政治批判だけではドキュメンタリーとしては3流である。一歩引いた醒めた目線が無いと駄目なのだ(個人的な意見ですけど)マイケル・ムーアはちょっと熱くなりすぎである。(まぁそれの方が売れると思っているという商売的視点かもしれないけどね、こんな事をいえば馬鹿なアメリカ人には受けるぜみたいな別の意味で醒めた視点かもしれないけどね)

      まぁこんな視点もあるという観方で接するのが吉でしょうこの映画。

      これが現実だと思い込みすぎるとちょいとマズイですぞ。
      >> 続きを読む

      2015/02/11 by 隼5郎

      「華氏911」のレビュー

    • >これが現実だと思い込みすぎるとちょいとマズイですぞ。

      これは見た事ありませんが、意外と素直に「そうなのかー」と信じちゃうタイプなので気をつけないと・・・と思いました。。 >> 続きを読む

      2015/02/11 by ただひこ

    華氏911
    カシキューイチイチ

    映画 「華氏911」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画