こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

悪の教典

ジャンル: ミステリー・サスペンス
公開: 2012/11/10
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    悪の教典 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全30件
    • 5.0

      伊藤英明の狂気の演技で作品に引き込まれる
      珍しくなんども観た映画
      黒目がちな見開いた目が忘れられん
      変な爽快感がある

      2019/05/27 by madamf

      「悪の教典」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      正直あんまり好きじゃない。こういうの。シンプルに怖い。
      でもミュージアム見たときに、監督がこういうう奴らがもし現実におって同じ状況になったとき、
      どんどん大事なものが奪われていったとき、自分やったらどうするかそういうのを考える機会になるっていってたのを思い出したからまあ良いやって感じ。シューティングゲームやと思ってみたら落ち着いてられるかも。あと、人間なんてショットガン一発でポンポン死んじゃう会ってないようなもんやからやりたいことやったもん勝ちやし、好きなことしようと思った。以上、もう二度と見ません >> 続きを読む

      2019/02/24 by shampooO

      「悪の教典」のレビュー

    • 5.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      菅田将暉の新ドラマに似てると見て借りた。
      原作は図書館で分厚すぎて手に取ることも無かった。
      やはり映画だと役者の伊藤英明の目がビー玉で、こんな役やると気がおかしくなりそうだと思ったけど俳優さんはタフだなぁ。
      ここまで残忍だと清々しくていい。
      ミヤを落とした後に他の生徒に意図せずすぐ見つかって、そのまま全員殺し続けることを決めた時間が、何ともいえず印象的。
      何の躊躇もなく、責任能力もないとしたら、どういうボタンをかけたらこういう事が行えるのか、すごく興味深い。

      クレジットのdentsuにヒヤッとする。
      続編、見たいです。
      >> 続きを読む

      2019/01/09 by shiduka

      「悪の教典」のレビュー

    • 3.0

      2013.11.4

      2018/12/22 by 1963

      「悪の教典」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      爽やかな教師役の伊藤英明が生徒を次々と殺害していくお話。狂気的だけど非現実的すぎておかしくてちょっぴり笑ってしまった。

      2018/10/15 by namakemono

      「悪の教典」のレビュー

    もっとみる

    悪の教典
    アクノキョウテン

    映画 「悪の教典」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画