こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

どろろ

ジャンル: ファンタジー , アクション
公開: 2007/01/27
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    どろろ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0 ハラハラ

      ファンにはこんなモンじゃないだろうと怒られそうだけど、「どろろ」ってこんな感じの物語か。
      漫画だったらおもしろそうなアイデアだなぁ...って感心した。
      なるほどね^。
      手塚治虫は、連載時はある程度計算ずくで短編で48個所の部位を取り戻すそれぞれの戦いをネタとして考えていったわけだ。きっと。
      それなら見通しもきくし、漫画の編集さんにアイデアが通ったってわけだ...とか想像してしまうw

      CGはまだしもベタくさい着ぐるみの妖怪とか、実写としてはキビシイところもあるにはあるのだが、ストーリーは明快だしグロぃシーンも半ばバカにしながら楽しめたし、アクションも西遊記よりはいい。

      僕は原作を読んでないので百鬼丸とどろろの役の2人がミスキャストと言われているところはわからない。
      こういうモンだと思って見たので違和感はありませんでしたw


      (~allcinema)
      手塚治虫の同名漫画を妻夫木聡、柴咲コウ主演で映画化した冒険活劇大作。失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す百鬼丸とそんな百鬼丸をつけ回す盗人・どろろが繰り広げる旅の行方を壮大なスケールで描き出す。
      監督は「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を」(先日の記事)の塩田明彦。

       とある時代のとある国。戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光は、国を治める力を手に入れるため、生まれてくる我が子の体48箇所を48体の魔物に差し出した。
      醜い姿で生まれ、そのまま捨てられた赤ん坊・百鬼丸は医師・寿海に拾われる。寿海は百鬼丸に失われた部位の代わりとなる作り物の体と護身の妖刀を与え大切に育てるのだった。
      立派な青年に成長した百鬼丸は、魔物を倒すごとに失われた部位を一つずつ取り戻すことを知り、魔物退治の旅に出る。
      やがて、そんな百鬼丸と出会ったコソ泥・どろろは百鬼丸の不思議な妖刀を手に入れたくて彼の後を追い始める…。
      >> 続きを読む

      2018/08/27 by motti

      「どろろ」のレビュー

    • 3.0

      深みはない。キャストありきかな。柴咲じゃなくてもいい。

      2015/10/31 by kaiteru

      「どろろ」のレビュー

    • 1.0

      怪物を倒していくたび体が戻るだとか、どろろが男である必要だとか、のめり込めない設定のため全体がひどく雑という印象。

      無茶苦茶なCGも落差が見られるのはどういうことか。

      続編作れる終わり方にしたが、今だもって出来ていないのを見るとやっぱりその程度の作品だった。

      2015/02/12 by オーウェン

      「どろろ」のレビュー

    • 柴咲コウ好きなのですが、なぜか見てません(笑)
      まわりでもあんまり良い評判聞かないです。 >> 続きを読む

      2015/02/12 by ただひこ

    • 2.0

      う~ん、微妙(笑)。

      演者さんたちは頑張っていたと思いますし、いくつかのアイデアなども悪くないと思いましたが、原作を知らない人でも楽しめる娯楽作かといえばそこまでエンタメでも無いと思いますし、原作のファンが歓喜するようなマニアックな作りでも無いかな、と。

      それなりにアクションがあって、ファンタジー的な要素もあって、ちょっとダークな要素が入ってたりする感じが好きな人にはオススメですが、期待はしないほうが良いかと。

      2015/01/14 by 備忘録

      「どろろ」のレビュー

    • 実写版は、原作(アニメ)を超えられないのが実状・・・なんですかね~。

      2015/01/14 by されっく

    • 4.0 ハラハラ

      感想川柳「とりあえず どろろのおかげで 間が持ってる」

      レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)


      戦国の世を憂う武将の醍醐景光は、乱世を治める力を得るため、自分の子である百鬼丸の体から48か所を魔物に差し出してしまう。やがて体の一部を取り戻せることを知った百鬼丸は、魔物退治の旅に出る。一方、コソ泥のどろろは百鬼丸の強さの象徴である妖刀を奪うため、彼を追いかけ始める…というお話。

      柴咲コウのどろろいいですね~。マンガのイメージと違いますけど違和感ないです。( ̄ー ̄)

      戦闘シーンはなんか取って付けたような感じでしたけど、妻夫木くんは無表情だと寂しいですね。笑顔か泣き顔が似合う。( ̄▽ ̄;)

      CGはまぁ…悪くはないかな(笑)(^^;)))
      >> 続きを読む

      2013/11/28 by Jinyuuto

      「どろろ」のレビュー

    もっとみる

    どろろ
    ドロロ

    映画 「どろろ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画