こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

セブン・イヤーズ・イン・チベット

Seven Years in Tibet
ジャンル: ドラマ
公開: 1997/12/13
製作国: アメリカ
配給: 松竹富士=日本ヘラルド映画

    セブン・イヤーズ・イン・チベット の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 4.0 切ない

      河口慧海のチベット紀行を読んでいて、ふと無性に見たくなり、久しぶりにネット配信で発掘して再見。昔見たときはそれほど感じなかったが、改めて今見ると、超反中国映画。よくこんな映画が作れたなあ、と感心させられる。
      実在したオーストリア人登山家の自伝をもとに、今も健在のダライ・ラマとチベットに潜入したヨーロッパ人との交流、友情を描いている。近代史の勉強にもなります。

      2019/08/07 by もかぽん

      「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のレビュー

    • 3.0

      中国げきおこぷんぷんまる。おれがドイツ人だったらだったで「英語話してんじゃねーよ」ってげきおこ

      2019/05/02 by taku

      「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のレビュー

    • 4.0 切ない クール

      1997年/アメリカ映画
      DVD鑑賞

      2017/11/11 by Chappy

      「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のレビュー

    • 4.0

      昨年ライブビューイングで「ダライ・ラマ法王14世来日法話 「般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」」を見て以来、ダライ・ラマについていろいろ知りたいと思うようになった。これまでチベットについてほとんど無知であり、当然ハインリヒ・ハラーについても知らず。これをきっかけに他のチベットをテーマとした作品も見て勉強したい。

      ※少々残酷なシーンがありますが、その部分はしっかり見なくても物語が飛んでしまうことはありません。参考まで。

      2016/05/13 by aya5150

      「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のレビュー

    • 3.0

      登山家であるブラピは家族を顧みずプライドは高くて自己中心的、協調性に欠けるどうしようもない男で妻に見放されてしまう。
      そしてチベットに辿り着き、ダライ・ラマやチベットの人々との交流の中で、友情や人との絆、息子や家族への愛情を募らせ人間として成長していく。
      派手さはないけど、こういうブラピもいいものだなと思った。

      2015/08/09 by よっしー

      「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のレビュー

    もっとみる

    セブン・イヤーズ・イン・チベット
    セブンイヤーズインチベット

    映画 「セブン・イヤーズ・イン・チベット」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画