こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

マリリン 7日間の恋

My Week with Marilyn
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 2012/03/24
製作国: アメリカ , イギリス
配給: 角川映画(提供 カルチュア・パブリッシャーズ)

    マリリン 7日間の恋 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0 切ない

      ミシェル・ウィリアムズの演じるマリリン・モンローがみどころ

      「王子と踊り子」が撮影背景にあるエピソードである。
      「王子と踊り子」も英国王子とダンサーの身分の違う恋..みたいな内容だが、この「マリリン 7日間の恋」もまたスターと、映画業界の雑用係の身分違いの「恋」である。
      そのへんはアレだけどやはりミシェル・ウィリアムズの演じるマリリン・モンローがみどころ。
      既に地位を確立した30歳のモンロー、繊細な役どころですな。
      1時間半の短い映画なのに見ごたえは十分でした。

      (allcinema解説)
      1956年、ハリウッドのスーパースター、マリリン・モンローは、単なるセックス・シンボルから演技派への脱皮を図るべくイギリスへと渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画「王子と踊り子」に出演した。本作は、当時駆け出しの助監督だった青年コリン・クラークが、これまで秘密にしてきた撮影の舞台裏を綴った2冊の回顧録を基に、ナーバスなモンローの世話役となったコリンが目の当たりにするモンローの実像と、次第に距離を縮めていく2人の儚いロマンスの行方を描き出す。主演は、本作の演技で数々の映画賞に輝いた「ブロークバック・マウンテン」「ブルーバレンタイン」のミシェル・ウィリアムズ、共演にケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ。監督はTV、舞台を中心に活躍し、本作で長編映画デビューを飾ったサイモン・カーティス。
      1956年、マリリン・モンローは、ローレンス・オリヴィエ監督・主演作「王子と踊り子」の撮影のためロンドンに降り立つ。演技派への飛躍を胸に、本作に並々ならぬ意欲を見せていたマリリンだったが、彼女の学んでいた演技法はオリヴィエによって否定されてしまい、様々なプレッシャーから遅刻も常習化していく。おまけに、結婚したばかりの夫アーサー・ミラーは、情緒不安定なマリリンを持て余し、さっさと帰国してしまう。そんな中、撮影がはかどらず苛立つオリヴィエからマリリンの見張り役を命じられる第3助監督のコリン・クラークだったが…。
      >> 続きを読む

      2019/06/10 by motti

      「マリリン 7日間の恋」のレビュー

    • 3.0 切ない

      エディ・レッドメインさん目当てで借りた映画。
      マリリン・モンローについて知りたくなった。

      2018/12/19 by pink-tink

      「マリリン 7日間の恋」のレビュー

    • 4.0

      マリリン・モンローといえばやはりセックスシンボルのイメージだが、それと自由奔放の面もある。

      ローレンス・オリヴィエが監督主演する「王子と踊り子」。
      その共演者にマリリン・モンローを迎えたのだが、プレッシャーからかまるで演技できない状態に。

      スクリーンに写って映えてこそ本物のスターではあるのだが、それを見るのは完成後。
      撮影中はそんなに簡単にいかないという舞台裏を見せる映画。

      奔放に恋人を選ぶマリリン・モンローはこうだろうなというイメージそのまま。
      演じるミシェル・ウィリアムズははっきり言って容姿は似ていない。
      だがこれがモノマネに陥らず、しっかりとマリリン・モンローだと分かるのだ。

      ラストの解釈はコリンの視点であり、それが真実かは不明。
      ただスターと恋をしたなら、誰でも自分の良い方に持っていくだろう。
      >> 続きを読む

      2018/09/29 by オーウェン

      「マリリン 7日間の恋」のレビュー

    • 3.0 切ない

      イギリスでの撮影時に付いていた助監督の実話を基にした作品。モンローに恋する助監督男の目がすごく良い。

      この作品は、男の人と女の人で見方が変わってくる気がします。

      体はセクシー、心は少女の天真爛漫で傷つきやすい女優。男の人にとってはきっとファンタジー。モンローとしての自分しか愛してくれないと男にしなだれかかった直後に、カメラを向けられると活き活きとセックスシンボルを演じるメンヘラ女。女の人にとっては居心地の悪い存在。どちらにせよ、魅力的な人だった事は伝わってきました。

      音楽の使い方が秀逸。夢の世界から現実に戻る刹那さを表現した「枯葉」。エンディングでマリリンの歌うThat's Old Black Magic。痺れました。 >> 続きを読む

      2015/10/07 by TinkerBell

      「マリリン 7日間の恋」のレビュー

    マリリン 7日間の恋
    マリリンナヌカカンノコイ

    映画 「マリリン 7日間の恋」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画