こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ファイト・クラブ

Fight Club
ジャンル: 外国映画 , ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 1999/12/11
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス映画

    ファイト・クラブ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全38件
    • 2.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      オチに驚愕!と絶賛の本作。ずっと解説やネタバレを避けてきて、満を持して鑑賞したものの、私の好みに合わず。カリスマ的な人気を誇る理由はわかるけれども、破壊衝動も、変身願望も、尾崎豊的な思想も持ち合わせない私にとっては、「で?」で終わってしまった。オチもすぐに感づいてしまって、もう少し見るタイミングが早ければまた違ったのかな。色々とぶっ飛んだ世界観の中に、世界線やら辻褄やらの筋が通った秩序が見えるのが、私には退屈かな。私は逆に大半の秩序を、細かな霧や靄が覆い隠す様な作品の方が好き、という、完全なる好みによる感想なのだった。どこからどこまでがファンタジー?という答えのない問いが頭を過るけれど、考え抜きたくなる程の引力を、私はこの映画に感じなかった。 >> 続きを読む

      2021/04/07 by Mimi

      「ファイト・クラブ」のレビュー

    • 4.0

      「エイリアン3」があまり好きではなかったので、なんとなく避けていたデヴィッド・フィンチャー。ようやくみた「ファイト・クラブ」は実に面白い作品でした。
      親に愛されなかった子どもは、自分の存在を否定し、自らを傷つけることで存在を確かめる。そして父なるものを見つけるとそこに依存してしまう。
      ‟ファイト・クラブ”に集まるのはそんな男たちだ。
      描かれるは心の傷と痛々しい暴力、行き過ぎた資本主義への批判。しかし、随所に渇いた笑いが散りばめられていて、最初から最後まで楽しめる。
      ブラピとエドワード・ノートンの演技は本当に素晴らしい!

      『僕』(エドワード・ノートン)の部屋にあった陰陽柄のテーブルは、主人公ふたりの関係性の暗喩ですね。
      ラストに挟まれるワンカットにも注目!
      >> 続きを読む

      2020/10/07 by michi-low

      「ファイト・クラブ」のレビュー

    • 2.0

      この映画の色々な伏線は至る所で語られている、
      ので、極私的なブラッド・ピッド〜ワンス アポン ア
      タイム イン アメリカへの伏線を。
      まずはピッドの体、あの体は強烈にかっこいい。
      タランティーノは世界の欲求
      (20年後のピッドの体はいったいどうなっとる?
      またあの体が見たい…)をとんでもないかっこよさで
      満たしてくれた。あのシーン忘れられない。
      また、ファイトクラブでの強烈な性交シーン、
      あの体であんなことを…想像を膨らませる名場面だが、
      しっかり避妊しているところが、一時的な欲望に
      振り回されないジェントルなピッドの誠実さを感じさせる。
      ワンス 〜では、ヒッチハイクしたヒッピーガールに、
      ○○○する?と誘われる。全世界の
      (そんなやつにさせるな!)の叫びを受け、ピッドか放った
      言葉は、(お前いくつだ、未成年ならしない)
      やはり誠実。世界中のファンは胸を撫で下ろした。
      成人ならさせてたのか?は置いといて。
      タランティーノのファイト〜のピッドへの愛を感じた。
      極私的レビューでした。
      >> 続きを読む

      2020/04/26 by luis

      「ファイト・クラブ」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ クール

      個人的に歴代ベストに近い作品、定期的に何度も見たくなる。最初見たときはオチの凄さに鳥肌が立った。オチを知った後も、伏線の張り方などを追っかけて楽しめるし、何よりもエドワード・ノートンとブラッド・ピットの怪演は何度見ても目を惹きつけられる。
      描写はエグいので心臓弱いから人は注意。ネタバレ厳禁、まっさらで見て欲しい映画。

      2019/08/07 by もかぽん

      「ファイト・クラブ」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      また、二重人格ネタかと見終わった後は思ったが、色々と伏線とか張ってあってそこはよかったな。
      どちらかと言うと、現代社会おける生き方を伝えたい映画だったのかと思う。
      「痛みを感じろ。苦しみと犠牲が尊いんだ。痛みから逃げるな。人生最高の瞬間を味わえ」
      このセリフが一番印象に残った。
      「辛いことからはなるべく逃げた方がいい」という意見もあるが、苦しみ、痛みを経験することで初めて見えてくる世界もあるのかぁと思ったり。
      >> 続きを読む

      2019/06/23 by shimopata

      「ファイト・クラブ」のレビュー

    もっとみる

    ファイト・クラブ
    ファイトクラブ

    映画 「ファイト・クラブ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画