こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

レベッカ

Rebecca
ジャンル: 外国映画 , ホビー・実用 , ミステリー・サスペンス , ドラマ , ラブロマンス
公開: 1951/04/24
製作国: アメリカ
配給: セルズニック東宝

    レベッカ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 4.0 ハラハラ

      今から80年も前の作品だが、流石ヒッチコック監督作品だけあって十分面白い。莫大な財力をもっているらしい資産家の御曹子の亡くなった妻レベッカとはどんな女性だったのか?が軸になっているサスペンス。マンダレイというお屋敷で暮らし始める後妻、といっても年の離れた若い純真な感じの貧しい女性なのだが、彼女の視点で不思議な世界を体験することになる。
      レベッカという女性のイメージが二度程変わる。まぁだまされたと思って観た方がいい。そんな作品。

      2021/02/20 by taka_san

      「レベッカ」のレビュー

    • 4.0

      Wikipediaによれば「レベッカ」は、ヘブライ語の女性名リベカの、ヨーロッパ諸言語形。旧約聖書にも登場し、うっとりさせる者、魅惑する者、束縛する者という意味がある、のだそうです。まさに亡き女主人の人となりを表しているのに対し主人公に名前がないのが不気味。

      2021/01/28 by オムライス

      「レベッカ」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      大金持ちの後妻になった女性が、死んだ先妻レベッカの影に追い詰められていくサスペンス映画。
      1940年公開。アルフレッド・ヒッチコック監督。アカデミー作品賞&撮影賞。
      白黒光闇を巧みに使った観る者に不安を抱かせる演出は、サスペンスの神様ヒッチコック監督の真骨頂。
      死者の影に怯える前半のスリラーと、真相が明らかになる後半のサスペンス。タイプの異なる2つの怖さに気持ち良く翻弄されました。
      恐怖に怯え追い詰められていくヒロインと、「気がついたらそこにいる」ダンヴァース夫人の不気味さ。両者とも名演です。

      2019/04/08 by ででん

      「レベッカ」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      原作が大好き傑作なので映画もいつか見ようと思っていたら正月にMX放映。さすがMXいいもの流してくれます。ストーリーがわかっているのでハラハラ感はあまり感じられなかったが、あのマンダレイをよくぞ再現してくれましたと思った。だけどヒッチコックだからもう少しハラハラが欲しかったかなぁ~ >> 続きを読む

      2019/01/03 by Chihoish

      「レベッカ」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      今夜も石橋秋のヒッチコック祭りです!
      今作で、4作目となるヒッチコック作品。少しずつ奥深くまで入っていきましょう!

      今日のテーマはヒッチコックが描くキャラクターのパワーバランスを見ていきましょう。

      パワーバランスというのは、映画の中でふたり、もしくはそれ以上のキャラクターのうち、誰がその場をコントロールしているかということです。これは、どのストーリーテリングでも大切とされていることですが、その理由は、我々現実世界では、パワーバランスを必然的に感じているからです。
      パワーバランスをどの目線から視聴者に見せるかというところで、映画の方向が決まり、現実世界よりも一歩先に入った映画の世界を楽しむことができるんですね。

      ヒッチコックがそのパワーバランスをどのように使っているのでしょうか?

      今作を例にとって見ると、一番最初のシーンであっても、イーディス夫人の元に雇われていた主人公には、明らかにイーディス夫人とのパワーバランスがありました。しかし、一度大富豪のマキシムと出会い、婚約することになると、立場は逆転し、主人公がイーディス夫人の元から去ることになります。
      この主人公とマキシムのキャラクターを紹介するような小さなシーンだとしても、視聴者はそのパワーバランスの逆転に爽快感と興奮、期待感を感じ取ることができます。

      ヒッチコックはこのように、小さなものから、ストーリー全体にかかるような大きなものまで、数多くのパワーバランスの逆転をキャラクター間につくりあげています。それがあるから、サスペンスが生まれ、ドラマが生まれ、ロマンスが生まれる。
      この数と、そのダイナミックさがヒッチコックの大きな特徴です。

      パワーバランスがキャラクター間に存在すると、視聴者はどちらかの見方につきます。さらに、そのパワーバランスが逆転しそうでしなかったり、それが原因で大きく開いてしまったりすると、さらいにそのエンパシーは強くなっていきます。そして、それが思わぬタイミングで逆転した時、もしくは願ったり叶ったりのタイミングで逆転した時に、その話はクライマックスを迎えるのです。

      Aプロット、Bプロット、Cプロット、、、、と映画の中には多くのストーリーが絡み合ってできているのですが、その全てのプロットにパワーバランスの構築と逆転、もしくは再逆転を描くことで、ここまで奥行きのあるストーリーが生まれてくるのです!

      ヒッチコックの映画で、長いなーと感じてしまったことがある人は多いかもしれませんが、その理由はヒッチコックが作り上げたいくつかのプロットのパワーバランスを理解できていないからでしょう。それは、文化的な違いなどもあるかもしれませんが、その多くはただ単に人生経験が浅いからです。(断言)
      これは、つまりは、今後1年後、5年後、もしくは10年後、はたまた50年後に見た時には、全く違った感情をヒッチコック映画から感じ取ることができるということです。

      2度と同じ感情を得ることができないのがヒッチコック作品。
      これこそまさに、視聴者がいてこその映画です。視聴者が自分から足を映画の世界に踏み入れるからこそ無限の世界を楽しむことができる。まさに、映画界の天才。偉人です。

      ぜひ皆さんも、ヒッチコックの極上の映画を楽しんでみてはいかがでしょうか?
      >> 続きを読む

      2018/11/05 by EditTellUs

      「レベッカ」のレビュー

    もっとみる

    レベッカ
    レベッカ

    映画 「レベッカ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画