こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ジョゼと虎と魚たち

ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 2003/12/13
監督:
製作国: 日本
配給: アスミック・エース

    ジョゼと虎と魚たち の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全17件
    • 3.0

      福祉に携わる者も、
      福祉を受ける側も人であり、
      人であるが故に葛藤があるのは当然だよね。
      障碍者という立場を絡めて、
      人を好きなることも、
      嫌われることもあるし、
      感情がぐしゃぐしゃになって言ってはいけない事を言ったり、
      人間味があり、
      たぶん青春の1ページだよね。
      >> 続きを読む

      2019/11/24 by あとぅーし

      「ジョゼと虎と魚たち」のレビュー

    • 4.0

      彼女の後ろ姿はたくましい
      2014.8.28

      2018/12/22 by 1963

      「ジョゼと虎と魚たち」のレビュー

    • 4.0

      支離滅裂でいかにも文学的に芸術を表そうとした造りで視聴者に委ねる問いかけがある。だから自分に取り込んで観ちゃいけない話。そして誰も責められない現実をありのままに受け止める話。純粋な愛もあったが、責任と逃げたくなる情けなさの狭間、その時は決断できても先の事は実際やって見なければわからない。結婚しても離婚する人が居るのと一緒。人間は聖人でなく煩悩にまみれ身勝手。ジョゼは一番そういうのを良くわかってたから、とても強く、転がる貝殻に自らなれた人。ジョゼこそこの世を良く見てた。(Netflix)

      2018/08/20 by 桃猫バラ

      「ジョゼと虎と魚たち」のレビュー

    • 3.0 切ない

      祖母に『こわれもの』と呼ばれ、外との接触を最小限に留める池脇千鶴演じるジョゼと、妻夫木聡演じるちょっとチャラチャラした主人公の大学生。この二人がひょんなことから付き合い、同棲し始める訳だが、最後の最後、踏み切れずに(親に紹介できずに)逃げてしまう主人公の葛藤。う〜ん、これは何とも言い難い。気持ちは分かるような気もするが。
      それにしても、上野樹里は、随分大胆なベッドシーンを披露したな。ちょっと驚き。

      2017/09/17 by 123

      「ジョゼと虎と魚たち」のレビュー

    • 4.0 切ない

      「お願い!この結末だけは勘弁してくれ」と

      想いながら鑑賞したので・・・・・・涙・・・

      リアルな現実を直視してくれた作品なのかな。

      妻夫木君のラブシーンはリアルです。
      池脇千鶴さんは最近見かけませんが結構体張っていて好感もてます。
      上野樹里とのキスシーンなんか、あまりにもリアルで僕は恥ずかしくなってしまって顔を覆ってしまいました。「キャーッ」てね。

      あんな長いキスがしたいなぁ。
      >> 続きを読む

      2016/09/17 by いわさかり

      「ジョゼと虎と魚たち」のレビュー

    もっとみる

    ジョゼと虎と魚たち
    ジョゼトトラトサカナタチ

    映画 「ジョゼと虎と魚たち」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画