こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ライフ・オン・ザ・ロングボード

ジャンル: ドラマ
公開: 2005/09/10
監督:
製作国: 日本
配給: オフィスキタ

    ライフ・オン・ザ・ロングボード の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0 元気が出る

      定年後に突然サーフィンに取り組み始めた哀愁にじむ中年男性の第二の人生を爽やかに描いたドラマ。
      主人公を演じた名バイプレイヤー大杉漣が、53歳にして自身初のサーフィンに挑戦、撮影でも一切代役なしで果敢に奮闘。
      監督は「星砂の島、私の島 ~アイランド・ドリーミン~」の喜多一郎。
       株式会社マルカネフーズ経理部長代理の米倉一雄は55歳にしてついに定年退職を迎えた。しかし、目下の予定は何もなし。
      3年前に妻を病気で亡くし、長女の瞳は結婚して家を出た。
      就職活動中の次女・優はまだ家に残っているものの、妻が死んで以来、ギクシャクした関係に。家族のために仕事一筋で生きてきた一雄は、これといった趣味もなく、膨大な時間を目の前にして途方に暮れてしまう。
      そんなある日、江ノ島の実家を訪ねた一雄は、亡き妻がロングボードに悪戦苦闘していた若き一雄の姿を懐かしがっていたのを思い出す。
      そして、その妻と「いつか行こう」と約束していた種子島の綺麗な海でロングボードに乗ってみたいと、無謀とも思える挑戦を決意するのだった。(~allcinema)

      団塊の世代の退職問題などもありますがそんなオヤジたちには勿論のことですが年齢、性別を超えて楽しめる作品でしょう。
      ひたむきにボードに乗ろうとするオヤジに疎遠になっている娘が心開いていく姿に見てるオヤジ世代はうれしがるだろう。
      また若い人でも、純粋に親父が少年のように頑張る姿に共感を得て歩み寄りたくなるだろう。
      それぞれの立場の人が、それぞれの見方で楽しめると思います。
      ただ、サーファーの観点としてみたらたぶんダメな感じかも。

      ビーチボーイズの曲が種子島にはちょっと浮いていたかな?
      >> 続きを読む

      2018/08/31 by motti

      「ライフ・オン・ザ・ロングボード」のレビュー

    ライフ・オン・ザ・ロングボード
    ライフオンザロングボード

    映画 「ライフ・オン・ザ・ロングボード」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画