こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

コクリコ坂から

ジャンル: キッズアニメ・映画 , キッズ・ファミリー
公開: 2011/07/16
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    コクリコ坂から の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全29件
    • 4.0 切ない 元気が出る

      多分、日本史の最後の熱い時代だろうな。時代背景の美しさや、学生達の純粋な行動力は憧れてしまう。この熱い純粋さは平成になるにつれ失う物だったんだろうな。キャラ達も魅力的で海の生真面目さ、春のチャカリしてイケイケな感じの姉妹は可愛い。昨今なら水沼君がラスボスなんだろうが、水沼君もカッコイイイケメンぶりは最高だな。

      2018/09/18 by 無月斎

      「コクリコ坂から」のレビュー

    • 3.0

      二回目観賞ですが改めてみると展開の荒さが目立つ気がします。恋愛パートも爽やかな昼ドラみたいであまり好きではないです。でもカルチェラカンのシーンは皆が生き生きしてて昭和の雰囲気があって本当に好き。水沼くんもかっこいい!不満な点も多々ありますが、総合的には結構お気に入りな作品です。

      2018/09/16 by さくら餅

      「コクリコ坂から」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      車重25kgはありそうな自転車で坂バカ!

      60年代の男子高校生のオヤジっぽさといったら笑うしかない!
      やたら完成形のオッサンなのである。
      (しかしながら現代のオタク風な印象もうけるのだがw)
      もちろん本当に世相風俗的にそういう部分はあったにせよ思い当たる節もある。
      それは、吾朗監督が、あの男どものランチキ騒ぎの描写で親父殿の顔色を伺った感があるという点。

      そしてどうやら素直に親父殿は気に入ったご様子。
      ああいった魔窟(?)の描写が"動く城"などのあの雰囲気で大好きなのに違いない!

      少女漫画原作だと聞いたが、なるほどオヤジフィルターを通して仕上げた1本になってます。

      で、なんで海ちゃんがメルちゃんなのか、コクリコとは何なのか?
      主題とは関係ない部分で妙な謎が残る点なんかちょっと頭クル!

      メルはフランス語の海の意味"ラ・メール"からきていて、さらにフランス語でコクリコとは"ヒナゲシ"の意味だそう。
      カルチエ・ラタンとかさorz
      少女趣味!フランス!?ぁあ~、もう!なんかむかつく!

      で、オヤジフィルターをかけて照れ隠しってわけですな。

      「ゲド戦記」はコケたけどコレはコレでイイんじゃないですかね?

      (allcinema解説)
      1980年に『なかよし』に連載された同名コミックを、これが「ゲド戦記」に次ぐデビュー2作目となる宮崎吾朗監督で映画化した長編アニメーション。1963年の横浜を舞台に、学生運動に身を焦がす若者たちの姿と、出生の秘密に揺れる一組の男女の恋の行方をノスタルジックに綴る。
      1963年、横浜。港の見える丘に建つ古い洋館“コクリコ荘”。ここに暮らす16歳の少女、松崎海は、大学教授の母に代わってこの下宿屋を切り盛りするしっかり者。あわただしい朝でも、船乗りの父に教わった信号旗(安全な航行を祈る)をあげることは欠かさない。そんな海が通う高校では、歴史ある文化部部室の建物、通称“カルチェラタン”の取り壊しを巡って学生たちによる反対運動が起こっていた。ひょんなことから彼らの騒動に巻き込まれた海は、反対メンバーの一人、風間俊と出会い、2人は次第に惹かれ合っていくのだが…。
      >> 続きを読む

      2018/08/09 by motti

      「コクリコ坂から」のレビュー

    • 4.0

      公開時以来、久しぶりに見ました。こんなにいい映画だったのかしら!
      ゲド戦記ですごくがっかりした覚えがあったのでこのコクリコ坂からが
      宮崎吾朗さんご監督のものだとは思いもよらず、嬉しいどっきりでした。

      学生運動に繋がる若者のエネルギーのことばかり覚えていましたけれど
      もっと色々詰め込んであるじゃないか。
      6年も経つと、うるっと来る場所も随分変化しますね。 >> 続きを読む

      2017/11/28 by みじ◯

      「コクリコ坂から」のレビュー

    • 2.0

      自宅での暮らしぶりや学生の部活など、時代を感じさせる映像ではあったが、ドラマが弱く感じた。カルチェラタンの年季の入った感じが素敵。

      2017/10/14 by ttrr

      「コクリコ坂から」のレビュー

    もっとみる

    コクリコ坂から
    コクリコザカカラ

    映画 「コクリコ坂から」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画